MAZDA DESIGN HISTORY

マツダデザインの歴史をご紹介します。
13 Pins3.28k Followers
1969 年 ルーチェロータリークーペ / Luce Rotary Coupe  ハードトップクーペボディに655cc×2 の新開発・専用ロータリーエンジンを搭載した「ルーチェロータリークーペ」。美しいボディで優れた高速走行を実現し、「ハイウェーの貴公子」と呼ばれた。

Pictures of Mazda Luce Rotary Coupe - Free greatest Mazda Luce Rotary Coupe picture gallery for your desktop. HD wallpaper for backgrounds Mazda Luce Rotary Coupe car tuning Mazda Luce Rotary Coupe and concept car Mazda Luce Rotary Coupe wallpapers.

1967年 コスモスポーツ / Cosmosports   世界初の2 ローター・ロータリーエンジンを搭載した量産車「コスモスポーツ」が公の場にその姿を現したのは、1963 年10 月の東京モーターショー。美しく未来的なプロポーションに、優れた走行性能。「乗るというより、飛ぶ感じ」という言葉をまさに具現化した車であった。

1967 Mazda Cosmo Light, airy, drives like the wispy little thing it is. Mazda's first rotary-engined car and the mach.

1966年 ルーチェ1500 / LUCE1500  フロント、センター、リアの3 本のピラーが描く形から「A ライン」と称されたスタイルは、イタリア・ベルトーネのオリジナルデザインをもとに、マツダのデザイナーが独自のテイストを加味したもの。モダンで流麗なそのデザインは、当時の日本車の水準を超えるまぶしいばかりの個性を放っていた。

1966年 ルーチェ1500 / LUCE1500 フロント、センター、リアの3 本のピラーが描く形から「A ライン」と称されたスタイルは、イタリア・ベルトーネのオリジナルデザインをもとに、マツダのデザイナーが独自のテイストを加味したもの。モダンで流麗なそのデザインは、当時の日本車の水準を超えるまぶしいばかりの個性を放っていた。

1978年 サバンナRX-7 / Savanna RX-7  フロントミッドシップならではの低くてシャープなフロント、空気力学を重視した低く大胆なウェッジ型ボディ、そしてグラスハッチバックなどを採用したこのサバンナRX-7 は発表と同時に世界中から賞賛を得た。

Mazda Savanna (SA) images - Free pictures of Mazda Savanna (SA) for your desktop. HD wallpaper for backgrounds Mazda Savanna (SA) car tuning Mazda Savanna (SA) and concept car Mazda Savanna (SA) wallpapers.

1989年 2代目キャロル / 2nd Carol キャロルという車名が日本で復活したのは1962 年以来のことで、軽自動車のフォーマットの上にオリジナルのキャロルと同じように親しみが沸く愛らしいデザインが与えられ、更にターボ、キャンバストップなど多様なバリエーションを備えており幅広い層から好評を得た。

1989年 2代目キャロル / 2nd Carol キャロルという車名が日本で復活したのは1962 年以来のことで、軽自動車のフォーマットの上にオリジナルのキャロルと同じように親しみが沸く愛らしいデザインが与えられ、更にターボ、キャンバストップなど多様なバリエーションを備えており幅広い層から好評を得た。

1992年 ユーノス500 / Eunos500  「響きのデザイン」期を代表する車のひとつ。“ラスティングバリュー(Lasting Value)=いつまでも色あせない価値”をテーマに「上質」と「洗練」を追及して開発された。

1992年 ユーノス500 / Eunos500 「響きのデザイン」期を代表する車のひとつ。“ラスティングバリュー(Lasting Value)=いつまでも色あせない価値”をテーマに「上質」と「洗練」を追及して開発された。

2002年 アテンザ / Atenza  Zoom-Zoom のブランドメッセージのもと、新世代商品のスタートをきったモデル。3 つの全ボディスタイルを通して、アグレッシブなヘッドランプやテールランプ、緊張感あるラインやスポーティなコックピットは世界中でマツダの新しいお客さまを魅了した。

2002年 アテンザ / Atenza Zoom-Zoom のブランドメッセージのもと、新世代商品のスタートをきったモデル。3 つの全ボディスタイルを通して、アグレッシブなヘッドランプやテールランプ、緊張感あるラインやスポーティなコックピットは世界中でマツダの新しいお客さまを魅了した。

2010年 プレマシー / Premacy   箱型のスタイリングの多いセグメントにおいて、初めて「流(NAGARE)」のデザイン要素を量産モデルに取り入れたそのエクステリアデザインは際立つ存在となった。2 つのリア・スライドドアによる大きな乗降口、定員7 人がくつろげる広々した足回りスペースなど高い機能性を備えたモデルでもある。

2010年 プレマシー / Premacy 箱型のスタイリングの多いセグメントにおいて、初めて「流(NAGARE)」のデザイン要素を量産モデルに取り入れたそのエクステリアデザインは際立つ存在となった。2 つのリア・スライドドアによる大きな乗降口、定員7 人がくつろげる広々した足回りスペースなど高い機能性を備えたモデルでもある。

Pinterest
Search