MATSUDAさんの他のアイデア
コーポレートITコンサルティングの視点

新日鉄住金ソリューションズの提供するコンサルティングサービス、IT戦略、IT投資ロードマップ、ITグランドデザインなど、中期的な企画活動を支援。

【清水理史の「イニシャルB」】 セキュリティが特徴のトラベルルーター Buffalo「WMR-433W」 - INTERNET Watch

【清水理史の「イニシャルB」】 セキュリティが特徴のトラベルルーター Buffalo「WMR-433W」 - INTERNET Watch

図●MVNOとMNOの接続形態

MVNO(Mobile Virtual Network Operator、仮想移動体通信事業者)は自社のネットワークを携帯電話事業者(MNO:Mobile Network Operator)のネットワークと接続してサービスを実現している。その際の接続形態の1つが「レイヤー2接続」(L2接続)だ。

bit100118nork02b.jpg (1000×750)

中堅・中小企業の多くは、投資に必要な資金が限られており、その中で本当に効果が期待できるIT活用を常に模索している面がある。今回は、中堅・中小企業の経営者、あるいは担当者が、IT投資を行ううえでどのような情報を手がかりにしているのか、また逆にどのような情報を手がかりにするべきかを明らかにしよう。

図2 それぞれのIT投資判断の情報源における問題点

中堅・中小企業の多くは、投資に必要な資金が限られており、その中で本当に効果が期待できるIT活用を常に模索している面がある。今回は、中堅・中小企業の経営者、あるいは担当者が、IT投資を行ううえでどのような情報を手がかりにしているのか、また逆にどのような情報を手がかりにするべきかを明らかにしよう。

photo

小規模企業(年商5億円未満)や中小企業(年商5億円以上〜50億円未満)においても、PCを始めとする手元のIT資産をいかに効率良く管理するか?は重要な課題だ。仮に業務システムの大半をクラウドへ移行したとしても、個々の社員が使用するPCはなくならないだろう。むしろクラウドという新たな選択肢が登場してきた今だからこそ、手元のIT資産の管理に正面から向き合うことが大切だ。そこで、今回は小規模/中小企業を対象とした調査結果と同市場で多くの実績を持つ大塚商会における取り組みを照らし合わせながら、小規模/中小企業がIT資産を管理する際のポイントについて考えていくことにする。

photo

ノークリサーチでは、中堅・中小企業を「年商5億円以上500億円未満の企業」と定義しているが、そのなかでも数が最も多いのが「年商5億円以上50億円未満」の中小企業である。中堅・中小企業約18万6千社のうち、中小企業は約9割を占めるなど、大半の企業がこの年商帯に集中していることになる。この中小企業のIT部門の実態は現在どうなっているのか、今回はこの最新動向を解説するとともに、これらの中小企業が今後、製品の購入やソリューションの採用を検討している企業ランキングを紹介する。

photo

ノークリサーチでは、中堅・中小企業を「年商5億円以上500億円未満の企業」と定義しているが、そのなかでも数が最も多いのが「年商5億円以上50億円未満」の中小企業である。中堅・中小企業約18万6千社のうち、中小企業は約9割を占めるなど、大半の企業がこの年商帯に集中していることになる。この中小企業のIT部門の実態は現在どうなっているのか、今回はこの最新動向を解説するとともに、これらの中小企業が今後、製品の購入やソリューションの採用を検討している企業ランキングを紹介する。

詳報! 顧客満足度調査 2014-2015 - サービス●9年ぶりの1位獲得企業も:ITpro

「顧客満足度調査 2014-2015」におけるサービス関連部門のランキングを紹介する。「メーカー」で順位が大きく変動したほか、9年ぶりの1位獲得企業も登場した。

SI 顧客獲得 - Google 検索

SI 顧客獲得 - Google 検索