狂気の300馬力:乗り手を選ぶカワサキのスーパーバイク Page4 « WIRED.jp

パワーもルックスもブチ切れてます。直4の998ccエンジンにスーパーチャージャーを搭載、300馬力を後ろのたった1輪で地面に叩きつけるモンスターバイクが「Ninja H2R」です。名前から想像できるようにカワサキ製ですが、トランスフォーマーとかマジンガーとかクロスボーン・バンガードのモビルスーツと言...

Ninja H2R

【カワサキ】加給機搭載の新車両「Ninja H2R」発表

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shimomiya-motors/20141014/20141014122958.jpgからの画像

Kawasaki Z 1000 SUGOMI

排ガス規制などの理由からも新型の空冷エンジンを採用するバイクは減ってきている印象がありますが、そんな中でもホンダは新型の空冷エンジンを搭載したバイクCB1100をリリースしたホンダ。時代に逆行するバイクCB1100の乗り心地とは?兄弟車両のCB1100EXとの違いは?都内の通勤で試乗してインプレッションをお届けします。

カワサキ、300馬力の「Ninja H2R」と200馬力の「Ninja H2」の米国における販売価格を公表 - えん乗り

カワサキ、300馬力の「Ninja H2R」と200馬力の「Ninja H2」の米国における販売価格を公表

カワサキは、300馬力のサーキット専用車「Ninja H2R」と、200馬力の「Ninja H2」の米国での販売価格を公表した。「Ninja H2R」は5万ドル(約590万円)。「Ninja H2」は2万5,000ドル(約296万円)となっている。

ガンダムみたいなスーパーバイク「Ninja H2R」 カワサキが開発

狂気の300馬力:乗り手を選ぶカワサキのスーパーバイク « WIRED.jp H2R専用設計のスーパーチャージャーを担当したのは、川崎重工のガスタービン・機械カンパニーだ(同社は社内カンパニー制を採る)。毎分の回転数が10万の桁に達する速度で滑らかに回転するインペラーが必要とされるとき、ジェットエンジンに精通した人々にエンジニアリングを任せられるのは、心強いことに違いない。また、時速320kmを超えるマシンにとって重要なファクターとなるエアロダイナミクスには、同社の航空宇宙カンパニーも参加した。

カワサキ、300馬力の「Ninja H2R」と200馬力の「Ninja H2」の米国における販売価格を公表 - えん乗り

カワサキ、300馬力の「Ninja H2R」と200馬力の「Ninja H2」の米国における販売価格を公表

カワサキは、300馬力のサーキット専用車「Ninja H2R」と、200馬力の「Ninja H2」の米国での販売価格を公表した。「Ninja H2R」は5万ドル(約590万円)。「Ninja H2」は2万5,000ドル(約296万円)となっている。


その他のアイデア
Pinterest
検索