梅の花枝がゆらりとゆれる揺らぎ縞のモダンな染め名古屋帯です。

梅の花枝がゆらりとゆれる揺らぎ縞のモダンな染め名古屋帯です。....... GOOD NEWS!! .... Register for the RMR4 International.info Product Line Showcase Webinar Broadcast at: www.rmr4international.info/500_tasty_diabetic_recipes.htm ............ Don't miss our webinar!❤........ www.rmr4international.info

富士御神火文黒黄羅紗陣羽織

大阪市立美術館は、特別展(大規模な美術展)や、収蔵品の展覧会、全関西美術展、日展などを開催している、歴史ある大阪の美術館です。

An antique silk ‘juban’ (under-kimono) featuring silk-screened sample-patterns.  Mid-Meiji era (1880-1900), Japan.  The Kimono Gallery

An antique silk ‘juban’ (under-kimono) featuring silk-screened sample-patterns. Mid-Meiji era (1880-1900), Japan. The Kimono Gallery

猩猩緋羅紗地葵紋付陣羽織

C0063291 猩猩緋羅紗地葵紋付陣羽織 - 東京国立博物館 画像検索

水玉模様陣羽織 江戸時代に外国との貿易によってもたらされた羅背板という薄い毛織物で作られた陣羽織。背には大きな伊達家の家紋が刺繍されており、この模様は地を円形にくりぬき色を変えた円形模様をはめる切嵌という技法を用いている。この特徴的な水玉模様は当時は「紫地羅背板五色乱星」の名で示されており、水玉ではなく星とされていた。

水玉模様陣羽織 羅背板(らせいた)という薄い毛織物で作られ、紫の地に大小の赤・青・緑・黄・白の五色の円形模様を散らした陣羽織。この模様は地を円形に切り抜き、そこに色を変えた円形模様をはめこむ切嵌(きりばめ)という技法で表している。円の輪郭は紐でくくっている。背には大きく伊達家の家紋である竹雀紋(たけにすずめもん)を金糸で刺繍する。斬新なデザインと配色の美しさが際立つ陣羽織である。


その他のアイデア
Pinterest
検索