Color-Theory-Infographic-2 もっと見る

デザイナーが知っておきたい、配色の基本原則10個まとめ

Color-Theory-Infographic-2 : カラーホイールに含まれる12色それぞれの色が与えるイメージを理解しておくことが重要です。「色」のもつ意味を知ることで、デザインにおいて適切な色を選ぶことができます。 赤色: 愛(Love)、気力(Enery)、激しさ(Intensity)黄色: 喜び(Joy)、知性(Intellect)、注目(Attention)緑色: 新鮮さ(Freshness)、安全性(Safety)、成長(Growth)青色: 安定(Stability)、信頼(Trust)、落ち着き(Serenity)紫色: 王位(Royalty)、富や財産(Wealth)、女性らしさ(Feminity)

埋め込み画像

Copy writing on

埋め込み画像 もっと見る

f:id:hamamuratakuo:20150607062034j:plain

色の扱い方、分類方法の一つに「PCCSトーンマップ」というのがあります。 (参考) 日本色研事業株式会社 HomePage PCCSのトーン トーンは、明度と彩度の複合概念といえるものです。色相の同じ系列でも、明・暗、強・弱、濃・淡、浅・深の調子の違いがあります。 この色の調子の違いをトーンといいます。 このトーンの色…

774rider: 色のイメージを使いこなすツール / カラーイメージスケール | 基礎編 | TOYO INK 1050+ 簡単な事例として、ビジネスマンの胸元、Vゾーンの着こなしの色によるイメージスケールを紹介します。こんなところにも、色によるコミュニケーションの力を活かせるのです。ここに上げた配色だけがこのイメージということではありませんが、このスケールを参考にして、あかるく柔らかなブルー系の濃淡を用いるとクリアな清潔感を感じさせるであるとか、パープルやピンク系のネクタイを取り入れるとエレガントで優しい印象をつくれるというように、基本の法則をつかんで、応用していっていただきたいものです。もちろん、ご自分のキャラクターイメージとのバランスを考えながら取り入れて下さい。

774rider: 色のイメージを使いこなすツール / カラーイメージスケール | 基礎編 | TOYO INK 1050+ 簡単な事例として、ビジネスマンの胸元、Vゾーンの着こなしの色によるイメージスケールを紹介します。こんなところにも、色によるコミュニケーションの力を活かせるのです。ここに上げた配色だけがこのイメージということではありませんが、このスケールを参考にして、あかるく柔らかなブルー系の濃淡を用いるとクリアな清潔感を感じさせるであるとか、パープルやピンク系のネクタイを取り入れるとエレガントで優しい印象をつくれるというように、基本の法則をつかんで、応用していっていただきたいものです。もちろん、ご自分のキャラクターイメージとのバランスを考えながら取り入れて下さい。

Pinterest
検索