knotさんの他のアイデア
春と秋は障子を開け、夏と冬は閉めて部屋の温度を調節する。11歳の2匹のビーグル犬がドッグベッドでのんびりと昼寝。奥様の里江さんとは犬が縁で知り合ったそう。

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

テーブルや椅子もステキです。

何度でも訪れたい。居心地の良い「鎌倉」のおすすめ古民家カフェ5選

和モダンの家 古民家とイタリアの融合 アーキッシュギャラリー

和モダンの家 古民家とイタリアの融合 アーキッシュギャラリー もっと見る

お・も・て・な・し もっと見る

お・も・て・な・し もっと見る

Modern Japanese style. Timber construction

おかやま山陽高校80周年記念館

Katsura Imperial Villa KYOTO - Yasuhiro Ishimoto

写真作品を。 石元泰博の桂離宮を端正に撮った写真のなかの一枚。 畠山直哉の面白い視点の作品。 そして奈良原一高の「砂漠を走る車の影」 見た瞬間、かっこいい、現代的なスピード感・・・など表面的な印象が浮かびましたが、ずっと見ていると、時間間隔を麻痺させるような巨大な力の空間...

BACKYARD_by_n_ikebukuro07_masaya_yoshimura

池袋と渋谷の西武百貨店と横浜そごう内に位置する、nendoが全て商品のデザインを手掛けるオリジナルブランド「by | n」のための店舗。「BACKYARD」という店舗名は、お店のウラにある倉庫や荷下し場としての機能を持つ「バックヤード」と、

NEIGHBORS BRUNCH

打鑿牆可以噴logo或是其他..... NEIGHBORS BRUNCH with パンとエスプレッソと 西国立 : Favorite place