マリーアントワネット

8 ピン0 フォロワー
「Marie Antoinette」の画像|Marie Antoinette … |Ameba (アメーバ)

Art : マリー・アントワネット|Marie Antoinette マリー・アントワネットの部屋

「Marie Antoinette」の画像|Marie Antoinette … |Ameba (アメーバ)

Art : マリー・アントワネット|Marie Antoinette マリー・アントワネットの部屋

六本木で「マリー・アントワネット展」美術品など約200点、私室を原寸大で再現した展示も | ニュース - ファッションプレス

六本木で「マリー・アントワネット展」美術品など約200点、私室を原寸大で再現した展示も

 左) エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン《フランス王妃 マリー・アントワネット》1785年 ヴェルサイユ宮殿美術館©Château de Versailles (Dist. RMN-GP)/...

エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン《白いペチコートに青いマントを羽織って座るマリー・アントワネット》|第10章 首飾り事件|作品紹介|ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展|日本テレビ

ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展

ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実 2016.10.25(火)-2017.2.26(日)森アーツセンターギャラリーにて開催!

六本木で「マリー・アントワネット展」美術品など約200点、私室を原寸大で再現した展示もの写真10

六本木で「マリー・アントワネット展」美術品など約200点、私室を原寸大で再現した展示も - 写真1

エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン《フランス王妃 マリー・アントワネット》1785年 ヴェルサイユ宮殿美術館©Château de Versailles (Dist. RMN-GP)/©Christophe Fouin |  左) エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン《フランス王妃 マリー・アントワネット》1785年 ヴェルサイユ宮殿美術館©Château de Versai...[1枚目]

ヴィジェ・ルブラン《王妃マリー・アントワネットと子供たち》1786-1787年 ジャン・ド・ベアルヌ伯爵蔵

本展では、貴重な絵画や工芸品など史料約120点の他、再現された宮廷衣装や驚きのウィッグも展覧。18世紀フレンチモード界を牽引した彼女の洗練されたライフスタイルやファッションに焦点を当て、王妃マリー・アントワネットの物語を改めて紐解きます。


その他のアイデア
My primary school had a drama group visit for two weeks and teach us about the French Revolution (aged 9). We learned the history and rehersed for a production. Ever since, i have been in love with Marie Antoinette.

時代のファッションリーダー,アンティークジュエリー専門店『エタラージュ』です。天使モチーフのジュエリーを中心に、身につけることのできる本物のアンティークジュエリーを扱っております。

Duchess de Polignac by Elisabeth Vigee Le Brun

ポリニャック伯爵夫人 (1749年9月8日 - 1793年12月9日)は、フランス王ルイ16世の王妃マリー・アントワネットの取り巻きの一人である。寵臣としてさまざまな恩恵を王家から引き出したことで悪名高い。 フランス革命が起きると、ポリニャック公爵夫人は国王夫妻を真っ先に見捨てオーストリアに亡命し、ウィーンで急死した。

Portrait of Madame du Barry, 1781 - Louise Elisabeth Vigee Le Brun

ジャンヌはアンヌ・ベキュの私生児としてフランス、シャンパーニュ地方の貧しい家庭に生まれた。 美しいジャンヌは、やがてデュ・バリー子爵に囲われると、貴婦人のような生活と引き換えに、子爵が連れてきた男性とベッドを共にした。家柄のよい貴族や学者、アカデミー・フランセーズ会員などがジャンヌの相手となり、その時に社交界でも通用するような話術や立ち振る舞いを会得したと推測される。 1769年にルイ15世に紹介された。5年前にポンパドゥール夫人を亡くしていたルイ15世は、ジャンヌの虜になって彼女を公妾にすることに決める。 デュ・バリー夫人は朗らかで愛嬌があるフランス宮廷では、親しみやすい性格で、宮廷の貴族たちからは好かれていたという。 1789年にフランス革命が勃発し、愛人だったパリ軍の司令官ド・ブリサック元帥が虐殺された後、1791年の1月にイギリスに逃れ、亡命貴族たちの援助をおこなった。1793年3月に帰国したところを革命派に捕らえられ、12月7日にギロチン台に送られた。

Get Thee to a Nunnery — Portrait of Marie-Antoinette, Queen of France...

本展では、貴重な絵画や工芸品など史料約120点の他、再現された宮廷衣装や驚きのウィッグも展覧。18世紀フレンチモード界を牽引した彼女の洗練されたライフスタイルやファッションに焦点を当て、王妃マリー・アントワネットの物語を改めて紐解きます。

パフュームボトル試作 | CHERIE ~Dress-up charm~

こんにちは!先日から作っていたパーツは、ずっと作りたかったパフュームボトル♪レジンにアルミ薔薇とスワロフスキーとパールなどを入れた本体とメタルパーツを組み合わ…

侯爵夫人  鍋島榮子 Nabeshima Nagako (1855 - 1941) Beautiful marquise of the Meiji Era.

鍋島栄子(nabesima nagako)佐賀藩最後の藩主鍋島直大の妻(継室)梨本宮伊都子の母。ローマで結婚式を挙げ、イタリア社交界で活躍。一方で日清・日露戦争では率先して傷病兵の看護にあたったことから「日本のナイチンゲール」とも呼ばれた。栄子は前妻の子であっても一切の差別なく慈しんで育てた。(1855~1941)

maire antoinette shoes | Marie Antoinette shoes

マノロ・ブラニクのウェディングシューズ*映画「マリー・アントワネット」に登場するお靴は全てブラニク製!お菓子みたいに可愛くて存在感ある上品なお靴ならブラニクの夢のようなシューズ!ピンク?グリーン?ブルー?ウェディングシューズならブラニク製!

Pinterest
検索