天空海闊の詩人 山崎方代 心の詩

大正3年、山梨県右左口(うばぐち)村に生まれる。 酒をこよなく愛し、天涯孤独の人生を過ごした。 然を詠み、温かさ・人なつこさ漂う数々の詩を詠む。 父親から"生き放題、死に放題にせよ" と諭され「方代」と雅号を命名。 自由奔放、独自のリズム感溢れる短歌の創作活動を巾広く展開。 芳年70歳、鎌倉にて没。
20 ピン1 フォロワー
山崎方代 短歌 雨霽れて 土の匂ひの 温りが…

山崎方代 短歌 雨霽れて 土の匂ひの 温りが…

山崎方代 短歌 手の平に 豆腐をのせて いそいそと…

山崎方代 短歌 手の平に 豆腐をのせて いそいそと…

大正3年、山梨県右左口(うばぐち)村に生まれる。酒をこよなく愛し、天涯孤独の人生を過ごした。自然を詠み、温かさ・人なつこさ漂う数々の詩を詠む。父親から"生き放題、死に放題にせよ" と諭され「方代」と雅号を命名。自由奔放、独自のリズム感溢れる短歌の創作活動を巾広く展開。芳年70歳、鎌倉にて没。

大正3年、山梨県右左口(うばぐち)村に生まれる。酒をこよなく愛し、天涯孤独の人生を過ごした。自然を詠み、温かさ・人なつこさ漂う数々の詩を詠む。父親から"生き放題、死に放題にせよ" と諭され「方代」と雅号を命名。自由奔放、独自のリズム感溢れる短歌の創作活動を巾広く展開。芳年70歳、鎌倉にて没。

山崎方代 短歌 雨霽れて 土の匂ひの 温りが…

山崎方代 短歌 雨霽れて 土の匂ひの 温りが…

山崎方代 短歌 やぶかげの 石の仏も 行く長谷の…

山崎方代 短歌 やぶかげの 石の仏も 行く長谷の…

山崎方代 短歌 一粒の 卵のような 一日を…

山崎方代 短歌 一粒の 卵のような 一日を…

山崎_方代ページ

山崎方代 短歌 父親の 広い背中に ゆび先で…

山崎方代 短歌 父親の 広い背中に ゆび先で…

山崎方代 短歌 めずらしく 晴れたる冬の 朝なり…

山崎方代 短歌 めずらしく 晴れたる冬の 朝なり…

山崎方代 短歌 丘の上を 白いちょうちょが 何かしら…

山崎方代 短歌 丘の上を 白いちょうちょが 何かしら…


その他のアイデア
山崎方代 短歌 母の名は 山崎けさのと 申します…

山崎方代 短歌 母の名は 山崎けさのと 申します…

山崎方代 短歌 青桐の たれし夕べの もやの中…

山崎方代 短歌 青桐の たれし夕べの もやの中…

山崎方代 短歌 茶碗の底に 梅干しの種が ふたっつ…

山崎方代 短歌 茶碗の底に 梅干しの種が ふたっつ…

大正3年、山梨県右左口(うばぐち)村に生まれる。酒をこよなく愛し、天涯孤独の人生を過ごした。自然を詠み、温かさ・人なつこさ漂う数々の詩を詠む。父親から"生き放題、死に放題にせよ" と諭され「方代」と雅号を命名。自由奔放、独自のリズム感溢れる短歌の創作活動を巾広く展開。芳年70歳、鎌倉にて没。

大正3年、山梨県右左口(うばぐち)村に生まれる。酒をこよなく愛し、天涯孤独の人生を過ごした。自然を詠み、温かさ・人なつこさ漂う数々の詩を詠む。父親から"生き放題、死に放題にせよ" と諭され「方代」と雅号を命名。自由奔放、独自のリズム感溢れる短歌の創作活動を巾広く展開。芳年70歳、鎌倉にて没。

山崎方代 短歌 そなたとは 急須のように したしくて…

山崎方代 短歌 そなたとは 急須のように したしくて…

山崎方代 短歌 ふるさとの 右左口郷は 骨壺の…

山崎方代 短歌 ふるさとの 右左口郷は 骨壺の…

山崎方代 短歌 手の平に 豆腐をのせて いそいそと…

山崎方代 短歌 手の平に 豆腐をのせて いそいそと…

山崎方代 短歌 青葉しげれる 若宮大路にて ゆくりなく…

山崎方代 短歌 青葉しげれる 若宮大路にて ゆくりなく…

山崎方代 短歌 一度だけ 本当の恋が ありました…

山崎方代 短歌 一度だけ 本当の恋が ありました…

山崎方代 短歌 方代の 嘘のまことを 聞くために…

山崎方代 短歌 方代の 嘘のまことを 聞くために…

Pinterest
検索