Kouichi Mizoguchi
Kouichiさんの他のアイデア
京町家・無名舎(吉田家住宅) 其の一 : デジタルな鍛冶屋の写真歩記

只今、新町六角で一般公開されてる無名舎へ行って来ました。 明治42年に建てられ、白縮緬の卸しのご商売を昭和26年ころまでされてた家です。 今現在もこの...

飛松陶器 tobimatsu TOKI: Lightware / 照明

陶磁器製ランプシェードなどを制作している作家の飛松弘隆が立ち上げた「飛松陶器」のオフィシャルサイト。

大正15年に建てられた町家を改装した照明屋さん「タチバナ商会」

1歩足を踏み入れたそこは、時代をトリップしたような空間。 ここは京都市動物園や平安神宮の程近く、大正15年に建てられた町家を改装した照明屋さん「タチバナ商会」です。 入り口は吹き抜けに。2階には大きめのアールデコの照明が飾られています。 明治・大正・昭和初期の照明がなんと1000種類以上。 この時代の照明は、すべて職人...

【休日ジャック!】大工が営む古民家リノベーションカフェで、おいしいごはんを食べる休日

【休日ジャック!】大工が営む古民家リノベーションカフェで、おいしいごはんを食べる休日 もっと見る

リノベーション会社:石井大吾デザイン室一級建築士事務所「自転車、読書、音楽、料理……。 趣味を楽しめる土間が中心にある家。」(リノベりす掲載)

ときわ台の住宅、マンションリノベーション事例。ときわ台の住宅。マンションの1階、周辺をテラスに囲まれたという条件を活かし、平屋に住む感覚を取込んでいます。 玄関は自転車の収納とメンテナンスを兼ねた広い土間スペース、リビング・キッチン・ダイニングから寝室に行く際には土間の飛び石を渡り、離れに行く感覚です。 リビングには3帖の小上がりを計画し、お茶をしたり、洗濯物を畳んだり、子供の遊び場になったり、ときにはゲストが泊まるなど、多様な使い方が可能となっています。 マンションであっても、平屋のように地面に近い感覚をもって、水平方向の構成による暮らし方を実現した事例です。 (Photo : Kai Nakamura (c) LiVES)

Great use of space

南海プライウッド株式会社 | 間仕切り棚 フィクサス | カタログビュー

iemo[イエモ] | リフォーム&インテリアまとめ情報

カーテンだけじゃない! 一人暮らしでも家族と暮らすのでも便利、ワンルームのおしゃれな仕切り方、間仕切り方のアイデアを集めました。 お部屋の空間を用途によって分ける事で、使いやすく毎日の生活が心地よいお部屋作りができます。 間仕切ることでお部屋が狭くならない、上手な仕切り方とは? 間仕切り