第24回受賞作品(2007年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

第24回受賞作品(2007年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) もっと見る

東北芸工大プロジェクト/東北芸工大 - Hotchkiss

東北芸工大プロジェクト/東北芸工大 - Hotchkiss もっと見る

Graphic Design

資生堂 花椿ホールにて「LINK OF LIFE さわる。ふれる。美の大実験室 展」が開催されます。この展覧会は「さわる」「ふれる」をテーマに、さまざまな職能をもつ人々が新たな関係性のデザインを試みるもので、今回は久世祥三さんと卒業生の坂本茉里子さんのユニット「MATHRAX」が、資生堂の研究員とともに一つの作品制作に

第1回ユーモア広告大賞受賞作品(1987年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

第1回ユーモア広告大賞受賞作品(1987年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) もっと見る

第31回受賞作品(2014年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「読売広告大賞」は読売新聞に掲載された新聞広告を顕彰する「アドバタイザーの部」と、読者からオリジナル作品を募集する「クリエイターの部」があります。

凸版印刷|インターネットは、主婦に何をしてくれたのか。

凸版印刷|インターネットは、主婦に何をしてくれたのか。 もっと見る

第26回受賞作品(2009年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI…

第26回受賞作品(2009年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)ふたを開けたままでも最大で2週間乾かないペン先をユーモラスに表現した。 サインペンは人が「頑張っている」時に使われる道具である。 サインペンで描かれる線は、黒く、太く、消しゴムや修正液で消される事が無い。 それはその時覚悟を決めた使用者の存在の証明となっている。 そのため使用シーンでは、使用者は決断を迫られる、ときに窮地に立たされている。 そんな状況で、『でも、乾きまペンでよかった!』と思える瞬間がきっとあるに違いない。 そんな場面をちょっと面白く表現することで、商品に乾きまペンという名前をつけてしまう課題主のユーモラスさを表現しようとした。…

第31回受賞作品(2014年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「読売広告大賞」は読売新聞に掲載された新聞広告を顕彰する「アドバタイザーの部」と、読者からオリジナル作品を募集する「クリエイターの部」があります。

第26回受賞作品(2009年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

第26回受賞作品(2009年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)ふたを開けたままでも最大で2週間乾かないペン先をユーモラスに表現した。 サインペンは人が「頑張っている」時に使われる道具である。 サインペンで描かれる線は、黒く、太く、消しゴムや修正液で消される事が無い。 それはその時覚悟を決めた使用者の存在の証明となっている。 そのため使用シーンでは、使用者は決断を迫られる、ときに窮地に立たされている。 そんな状況で、『でも、乾きまペンでよかった!』と思える瞬間がきっとあるに違いない。 そんな場面をちょっと面白く表現することで、商品に乾きまペンという名前をつけてしまう課題主のユーモラスさを表現しようとした。


その他のアイデア
Pinterest
検索