濱口秀司氏が語る「ストーリー、意味性」のインパクト | Biz/Zine

濱口秀司氏が語る「ストーリー、意味性」のインパクト | Biz/Zine

図4:プレゼンの大原則「パッション、ピラミッド、階段」 © Hideshi Hamaguchi “ 階段状にコミュニケートするというのは、「合意できる内容、議論すべき内容を交互に繰り返し徐々にコミュニケーションを進める 」という プロセスを指します。重要なのは、まずは「誰もが合意できる、イエスと言える」フラットな面から会話をスタートすることです。最初に疑問を抱かせてしまうのがよくある失敗パターンです。ただ、ずっと合意できる内容を話していても新しいコンセプトを伝えることはできないので階段をのぼっていきます。一段のぼるたびに、「伝えたいポイント、想定される疑問への回答、次の階段を一緒にのぼるべき理由」を繰り返し提示しながら、段階的な合意というフラットな面に相手を引き上げていくことがポイントです。 ”

図4:プレゼンの大原則「パッション、ピラミッド、階段」 © Hideshi Hamaguchi “ 階段状にコミュニケートするというのは、「合意できる内容、議論すべき内容を交互に繰り返し徐々にコミュニケーションを進める 」という プロセスを指します。重要なのは、まずは「誰もが合意できる、イエスと言える」フラットな面から会話をスタートすることです。最初に疑問を抱かせてしまうのがよくある失敗パターンです。ただ、ずっと合意できる内容を話していても新しいコンセプトを伝えることはできないので階段をのぼっていきます。一段のぼるたびに、「伝えたいポイント、想定される疑問への回答、次の階段を一緒にのぼるべき理由」を繰り返し提示しながら、段階的な合意というフラットな面に相手を引き上げていくことがポイントです。 ”

図4:プレゼンの大原則「パッション、ピラミッド、階段」 © Hideshi Hamaguchi “ 階段状にコミュニケートするというのは、「合意できる内容、議論すべき内容を交互に繰り返し徐々にコミュニケーションを進める 」という プロセスを指します。重要なのは、まずは「誰もが合意できる、イエスと言える」フラットな面から会話をスタートすることです。最初に疑問を抱かせてしまうのがよくある失敗パターンです。ただ、ずっと合意できる内容を話していても新しいコンセプトを伝えることはできないので階段をのぼっていきます。一段のぼるたびに、「伝えたいポイント、想定される疑問への回答、次の階段を一緒にのぼるべき理由」を繰り返し提示しながら、段階的な合意というフラットな面に相手を引き上げていくことがポイントです。 ”

図4:プレゼンの大原則「パッション、ピラミッド、階段」 © Hideshi Hamaguchi “ 階段状にコミュニケートするというのは、「合意できる内容、議論すべき内容を交互に繰り返し徐々にコミュニケーションを進める 」という プロセスを指します。重要なのは、まずは「誰もが合意できる、イエスと言える」フラットな面から会話をスタートすることです。最初に疑問を抱かせてしまうのがよくある失敗パターンです。ただ、ずっと合意できる内容を話していても新しいコンセプトを伝えることはできないので階段をのぼっていきます。一段のぼるたびに、「伝えたいポイント、想定される疑問への回答、次の階段を一緒にのぼるべき理由」を繰り返し提示しながら、段階的な合意というフラットな面に相手を引き上げていくことがポイントです。 ”

図1:発想、説得(社内マーケティング)、認知(社外マーケティング) © Hideshi Hamaguchi

図1:発想、説得(社内マーケティング)、認知(社外マーケティング) © Hideshi Hamaguchi

図3:ファンクショナルプロトタイプ、デザインプロトタイプ、コンテクスチュアルプロトタイプ。3つのプロトタイプで人の認知の論理的側面から感覚的な側面までカバーする。 © Hideshi Hamaguc “ 3つに分けることができます。1つ目が「ファンクショナルプロトタイプ」。実現可能かどうか、機能を実証するものです。見た目はどうでもよいので動けばいいので、フランケンシュタインプロトとも呼んでいます。2つ目は「デザインプロトタイプ」。これは動かなくてよいのですが、ユーザーが製品の重さや形、UI画像などのイメージをリアルに感じられるものです。3つ目が「コンテクスチュアルプロトタイプ」。これは「こんな体験ができる」といった文脈的なもので、前回の記事で説明したように、製品やサービスを使う状況設定ができ、製品やサービスの中核にある「ストーリー、意味性」を感じさせるものがより望ましいといえます。例としてはフェイクのカタログやプロモーションビデオなどがあります。 ” “ 3つのプロトタイプは徹底的に分離してつくることがコツ ”

図3:ファンクショナルプロトタイプ、デザインプロトタイプ、コンテクスチュアルプロトタイプ。3つのプロトタイプで人の認知の論理的側面から感覚的な側面までカバーする。 © Hideshi Hamaguc “ 3つに分けることができます。1つ目が「ファンクショナルプロトタイプ」。実現可能かどうか、機能を実証するものです。見た目はどうでもよいので動けばいいので、フランケンシュタインプロトとも呼んでいます。2つ目は「デザインプロトタイプ」。これは動かなくてよいのですが、ユーザーが製品の重さや形、UI画像などのイメージをリアルに感じられるものです。3つ目が「コンテクスチュアルプロトタイプ」。これは「こんな体験ができる」といった文脈的なもので、前回の記事で説明したように、製品やサービスを使う状況設定ができ、製品やサービスの中核にある「ストーリー、意味性」を感じさせるものがより望ましいといえます。例としてはフェイクのカタログやプロモーションビデオなどがあります。 ” “ 3つのプロトタイプは徹底的に分離してつくることがコツ ”

日本人の性質を活かした究極のブレストとは? 本当のブレストとは、単なる「アイデア出し会議」ではない。 新しい「切り口」は、捉え直しの仮定から生まれる [濱口秀司] | ISSUES | WORKSIGHT

日本人の性質を活かした究極のブレストとは? 本当のブレストとは、単なる「アイデア出し会議」ではない。 新しい「切り口」は、捉え直しの仮定から生まれる [濱口秀司] | ISSUES | WORKSIGHT

「ストーリー価値」の台頭が経営に与える革命的なインパクト 【特別対談】濱口秀司×ちきりん(3)|マーケット感覚を身につけよう|ダイヤモンド・オンライン

「ストーリー価値」の台頭が経営に与える革命的なインパクト 【特別対談】濱口秀司×ちきりん(3)|マーケット感覚を身につけよう|ダイヤモンド・オンライン


More ideas
Pinterest
Search