We call them thunderheads in Kansas これ、ラピュタいるわ。

Sky&Clouds: Sriracha, Chonburi, Thailand --- シラチャの自宅のベランダから海が見える。9月、雨季が最盛期を迎える頃は、夕暮れ時に熱せられた空気がものすごい上昇気流を作り出し、あっという間に巨大な積乱雲が現れる。 夕日を撮ろうとしていたが、フレームの外、右方向に急速に湧き立つ積乱雲を見て、被写体を変更。フレーミングをやり直して、立て位置で撮影した。まだ幾分位置の高い太陽から射光が射し、雲のディテールを浮き立たせ、微妙な色合いのどこか異次元の光景が広がっていた。 海上の船が小さく見えて、積乱雲の高さが想像できる。このあと一分後には雲は形を変え、太陽も別の雲に覆われて、あとは雷と激しいスコールが襲ってきた。

「乱気流」 富士山上空の気流は激しく乱れてる…

夕方というのは、絶対に人間の体になにか、影響してるとおもう。切り替えというか、境目というか、そこには人間が夜用の体に切り替わるために飛び越える線みたいなものがあり、その線をうまく飛び越えられなかった人が、認知症だったり、ストレス発作だったり、私の場合湿疹など異変が出てくる時間帯なのです。たぶん。。なので余計に引き付けられる不思議。それと同じ原理で50代半ばの男性というのは非常に不思議な境界線を漂わせている。超単純な生き物がおそらく初めてぼんやりと不安を感じる年代で、それに抵抗したりするお年頃でしょう。おっさんからじーさんへ片足つっこんでじたばた苦悩していて、男性としての散る間際の美しさというのが、あるのです。絶対。男性を美しいと思える唯一のage。おもえないおっさんもいっぱいいるけどね…学生のことから、この人ステキとおもえば56ぴったりという謎の現象があります。そしてそのステキさを誰にも分ってもらえない口惜しさ。

世界遺産 ウユニ塩湖 (ボリビア)

ウユニ塩湖の絶景写真画像 です。ボリビアの世界遺産。塩でできた広大な湖だが、水はほとんどない。北海道と九州をたしたくらいの広さ。雨が降ると、塩と水が鏡の働きをし、天地がわからなくなるので、空を飛んでいるように見える。携帯やパソコンのバッテリに必要なリチウムが大量に埋まっており、各国がそれを争う。・塩湖の中 塩から作った ホテルあり 壁からベッド 全て塩なり

the World Heritage, Mt. Fuji, Japan

reiya さんの作品「雲の灯」(ID:2665513)のページです。撮影機材やExif情報も掲載しています。

妖々しく空を染める夕焼けに覆われた東京タワーと芝浦方面の高層ビル群 #写真 #Tokyo

妖々しく空を染める夕焼けに覆われた東京タワーと芝浦方面の高層ビル群 #写真 #Tokyo もっと見る

真珠母雲(極成層圏雲)

「世界三大気象現象「グリーンフラッシュ」「モーニング・グローリー」あと1つは?」の画像 : 哲学ニュースnwk


その他のアイデア
Pinterest
検索