AZUSAさんの他のアイデア
これで片付け上手!「人を呼びたくなる部屋」を作る♡7つのコツ - LOCARI(ロカリ)

いつでも人を呼べるスッキリ片付いた部屋に憧れますよね。何度片付けても散らかってしまう、という悩みは多いもの。常に片付いた部屋を保つ収納のコツを紹介します。

誰の家にでもある"あの調味料"を入れるだけ。ふっくらホットケーキを作る裏技公開 | by.S

大好きなホットケーキ♡カフェででてくるような、分厚いホットケーキを焼くには、あるモノを入れるだけなんです。他にもコツとアレンジレシピを紹介します。

板チョコとトースターさえあればOK♡今日作れる簡単&本格フォンダンショコラ | by.S

とろとろと中から出て来るチョコがたまらないフォンダショコラ。板チョコとトースターがあれば特別な材料はいらない、簡単でおいしいおうちフォンダショコラの作り方をまとめました。 ■材料 *200mlのカップ1つ分 板チョコ…2/3(40g) バター…10g 砂糖…大さじ1 卵…1コ 小麦粉…大さじ1 ■作り方 1、カップ(型やココットでも可)に板チョコを割り入れてバターを乗せる。 2、レンジで30秒チンしたらかき混ぜる。 (バターは沸騰しやすいので、チョコの上に乗せてね) 3、砂糖を入れてよく混ぜ、卵を割り入れて、またよく混ぜる。 4、小麦粉を茶漉しでふるい入れ、よく混ぜる。 5、 周りの生地を拭き取り、予熱したトースターで10分弱焼く(サイズによって焼く時間が変わるので、5分を過ぎたらこまめにチェックしてください)。 6、表面が乾いてきたらアルミホイルをかぶせる。 7、お好みで粉砂糖やトッピングをして、できあがり。 *注意*バターは沸騰しやすいので、チョコの上に乗せて。

材料は3つだけ♡手作り感がうれしい”かんたんプリン”とアレンジレシピ | by.S

■プリン液 牛乳150ml 卵1個 砂糖大さじ1 ■カラメルソース 砂糖大さじ1 水小さじ1 あとから加える水小さじ1 2 マグカップに砂糖(大さじ1)、水(小さじ1)を入れ、レンジ500wで2分20秒ほど加熱します。 3 飴色に変わっていたらレンジから取り出して、水(小さじ1)を加えます。 とびはねるので注意! 4 カラメルが固まるまで、5分ほど置いておきます。 5 ※飴色に変わっていなければ、10秒ずつ加熱して調整して下さい。 9 マグカップにラップをふんわりかけ、レンジ500wで2分30秒ほど加熱します。 10 表面が少し盛り上がって固まっていればOK。レンジがら取り出して、粗熱が取れるまでしばらく放置。

ヨーグルトを焼くだけでモッツァレラに!?賢い女子が試したい裏ワザがネットで話題 | by.S

ヨーグルトを焼くだけでモッツァレラに!?賢い女子が試したい裏ワザがネットで話題 | by.S もっと見る

ビニール袋1枚で作れる「豆腐とはちみつ」で作った新食感、新感覚アイスが栄養満点、美容効果バッチリな美ボディアイスレシピをご紹介

気になる『はちみつ豆腐』レシピ 材料は絹ごし豆腐、はちみつ。 ・絹ごし豆腐 1丁(400g) ・はちみつ 大さじ4~5 そしてジップロックやビニール袋1枚あればOK! 簡単3ステップでつくろう。 ①ジップロックに豆腐とはちみつを入れ、手でこねこね混ぜて冷凍庫へポンッ! ②30分位経ったら、取り出して再度「こねこね」揉みながら平らにし、冷凍庫へポンッ!  出典: yaplog.jp ③また30分後くらいに取り出し「もみもみ」もんでまた冷凍庫へを数回します。 凍ったのを確認したらあとは盛りつけるだけ!アイスの上に、はちみつやきな粉をトッピングしても美味しいですよ。

TV「あさチャン!」で紹介された絶賛の「豆腐わらび餅」。簡単にできて、トリュフ風にしたりとアレンジもできる話題のレシピを紹介♡

Tofu warabi cakes. TV「あさチャン!」で紹介された絶賛の「豆腐わらび餅」。簡単にできて、トリュフ風にしたりとアレンジもできる話題のレシピを紹介♡

アクセントクロス/北欧/RC広島支部/イームズ/unico オーダーラグ/無印良品 棚…などのインテリア実例 - 2015-04-09 13:26:39 | RoomClip(ルームクリップ)

女性で、4LDKのOverview/アクセントクロス/北欧/RC広島支部/イームズ/unico オーダーラグ…などについてのインテリア実例を紹介。「娘が小学生になりました(*^^*) プリント関係の収納が大の苦手な私…( ;∀;) 幼稚園からの継続でキッチンの棚にハードタイプのクリアケースにはせて置いてます…(´・c_・`) やだー…すでにどんどん増えてるんですけどー…(T^T) 」(この写真は 2015-04-09 22:26:39 に共有されました)

Nice natural furnishings in a small but airy open living/dining room // リビング・ダイニング

株式会社アネストワンの投稿記事:「子供の成長を見守れる、回遊式キッチンの家」です。1975年築のヴィンテージマンションをリノベーション。 細かく仕切られていた3LDKの間取りを一新し、キッチンを中心に回遊できる住まいに。 光と風を通す、開放的な空間へと生まれ変わった。 無垢の床や漆喰の壁など自然素材をふんだんに使った空間に、オリーブグリーンに調色した漆喰のアクセントウォールや、ブルーのリビング扉と小窓がアクセントとなっている。 「家族が常に一緒に居られる空間の家が理想だった」という建て主。 どこにいても家族と繋がる住まいとなり、お子様の成長を見守りながら明るく楽しい日々を過ごしている。