Oh, now that is a great idea. The problem with having a staircase in a tiny house is that it effectively makes the central space seem smaller, but if it, instead, creates the study . . .

家のどこかにあるデッドスペースをデスクスペースに活用したインテリアをご紹介します。多くの場合、小さな空間を利用しますので仕事をするにはちょっと狭いかもしれませんが、パソコンをしたり本を読んだりするには十分です。趣味のスペースとして活用するにはぴったりです。早速、おしゃれなコーディネートをチェックしましょう!

2015 こころモデルハウス AH-06

2015 こころモデルハウス AH-06 もっと見る

interior

部屋をステキな空間に変える面白インテリアの写真20枚

日常の多くの時間を過ごす場所といえば家ですが、内装や家具といったインテリアに気を配る人はなかなかいません。また、カッコイイ部屋にしたいという人も、インテリア選びにはセンスが必要となり、さらには機能面まで追及すれば下手にいじることもできません。 今回は、そんなインテリアにお悩みの方必見の創造的でユニークなインテリアデザインのアイデアをご紹介します。 1.自動車テーブル ...

Superbe escalier avec une luminosité tamisée...

階段の数段をデザインに有効活用する件。 の画像|Modern Glamour モダン・グラマー NYスタイル。・・BEAUTY CLOSET <美とクローゼットの法則>

専門家:長浜信幸が手掛けた、ロフトへの階段(眺めの良いルーフテラスの家)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

多摩川の河川敷に面した住宅です。必要な床面積を確保するためと、恵まれた景観を活かすために3階建てとしています。 堤防の高さは2階の床よりも高く、上からの視線に対してプライバシーを守る必要がありました。そこで2階には寝室を配して各部屋毎の小窓でプライバシーのコントロールを容易にしています。一方3階は高めのフェンスで囲われたテラスを緩衝帯とすることで、リビングダイニングと浴室を開放感あふれる空間とすることが出来ました。テラスからは遠く対岸まで見渡せる広々とした景観が広がります。 1階は将来のカフェスペースとして計画されていて、現在は子供達が工作や遊びに自由に使えるオープンスペースとなっています。 風致地区の規制や高さ制限などが厳しく難しい敷地でしたが、敷地環境を全て使い尽くそうという建て主の情熱と、ユニークな提案も前向きに受け止めてくれる柔軟さ、そして建てるプロセスを楽しみたいという大らかな気持ちに支えられてこの住宅は完成しました。建て主はこの土地を見つけるのに5年の歳月をかけたそうです。その思いに少しは応えることが出来たのではないかと思っています。 撮影:黒住直臣…

「階段下」が一番の収納!お家をリフォーム前に考えよう♪感性を刺激する空間有効利用♪

「階段下」が一番の収納!お家をリフォーム前に考えよう♪感性を刺激する空間有効利用♪ もっと見る

Pinterest
検索