kj.sk8.411さんの他のアイデア
平屋のコートハウスの部屋 中庭越しにリビングを見る1

奥行きのある敷地を活かす。 基本は平屋建て。2階は子供室のみ。 熟年ご夫婦が趣味を楽しめる住まい。 中庭が室内を明るく気持ちの良い居間。 建築の大好きな元大工さんが立ち上げた工務店に施工をお願いした。お施主様、施工者、設計者の3者が、だんだんと意気投合して気持ちがアップしていくような家造りとなった。やはり建築の好きな施工者との仕事はとても楽しいものとなる。こういう本来のものつくりの楽しさを三者共に味わえるのは本当にうれしい事です。お施主様も住宅つくりに乗っていただけたことと思います。天井の高さを抑えたワイドな空間のプロポーションの良さを実感でき、今後の設計に生かせる大きな収穫ともなった。 専門家:鳥山敦生が手掛けた注文住宅事例:平屋のコートハウスのページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

M窓(木製サッシ)

チョイス・M窓(木製サッシ)|丸協

anvil jeep with lifestyle front bumper - Google Search

anvil jeep with lifestyle front bumper - Google Search

八島建築設計事務所|Yashima architect and associates | 館山の家 / Tateyama house

八島建築設計事務所|Yashima architect and associates | 館山の家 / Tateyama house

satoshi kurosaki

単身女性が暮らす平屋の計画。高台にある敷地周辺は坂の街であり、敷地の高低差を解消しながらプライバシーを確保しながら安心して生活を送れるコートハウスが求められた。そのため、外周は道路の高さにあわせて異なる高さの壁面が連続する単純な箱形状としている。 単純なワンルーム空間に陥らないために必要なものは「物語」であると考える。門扉を開けると現れるスリット開口からはプライベートの中庭が少しだけ見える仕組みとした。細長いポーチの先には透明ガラスの玄関ドアがあり、その先にあるトップライトからは柔らかい光が室内に注ぎ落ちている。…