一枚板

11 Pins
 1y
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用 Kettle, Himi
ひみ里山杉からできたインク
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて�人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用 Foods, Container, Food
ひみ里山杉からできたインク
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記��用
ひみ里山杉からできたインク
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
ひみ里山杉からできたインク
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいと�いう思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
ひみ里山杉からできたインク
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木��を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
ひみ里山杉からできたインク
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
ひみ里山杉からできたインク
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
ひみ里山杉からできたインク
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
ひみ里山杉からできたインク
業界初!杉の皮から作ったインクです。 富山氷見の製材所「岸田木材」と京都の文具メーカーのタケダ事務機「文染」の共同企画です。 木を製材する過程で必ず木の皮(バーク)が生まれます。 これまで木の皮は、利用価値が少なく活用に困っていました。 今回、利用価値の無かった素材をアップサイクルし、日常の暮らしに溶け込んだ身近なものに生まれ変わらせたいという思いから誕生いたしました。 かつて人々は、里山に入り枝や枯れ葉を拾い日頃消費するエネルギーとして使われていました。しかし、エネルギーが薪から石油やガスになると里山に人々は入らなくなり、里山の手入れも行き届かなくなりました。 里山の保全のため「木の日常消費」ということをテーマに掲げ、日々の暮らし中で楽しく木を消費できる仕組みをこの商品を通じて伝えていきたいです。 商品名:ひみ里山杉からできたインク 用途:万年筆・筆などの筆記用
乾燥中 Texture, Crafts, Wood, Firewood
乾燥中
乾燥中
Related searches
綺麗な木目 Décor, Home Décor, Decor, Home Decor, Tray, Decorative Tray
綺麗な木目
綺麗な木目