池田学(Manabu Ikeda)

青山のスパイラルガーデンで行われていた『BASARA』というエキシビションに行ってきましたー 。 キュレーションは 天明屋尚さん というアーティスト。 あまり詳しくないんですが、昔『BURST』でグラフィティーと浮世絵を合体させたような絵が毎月載ってて、 かなり気になってました...

池田学 / IKEDA Manabu:Meltdown

Asato Ikeda, "Ikeda Manabu, the 2011 Great East Japan Earthquake, and Disaster/Nuclear Art in Japan 池田学、2011年東日本大震災、そして災害と放射能に関する美術"

【待望の決定版】ペンで描く超細密宇宙。画家・池田学の自選100点を収録した画集が発売 | ADB

画家池田学さんの画集「池田学 the Pen」が2017/2/8に青幻舎から発売されます。池田学さんといえば、ペンを使ってダイナミックな構図で細密な世界を描く画家として国内だけでなく、海外の評価も高い画家の一人ですね。 本書「池田学 the Pen」には自身過去最大(300×400cm)の最新作の他に、池田学さん自ら選んだ100点が収録されており、自身が切り取った「部分拡大」が多数掲載され、実作品では把握しきれない細部まで堪能できる内容となっています。 また、2017年1月20日~3月20日には郷里の佐賀県立美術館で、4月8日~7月8日には金沢21世紀美術館で、9月(予定)には日本橋髙島屋で初の大規模な展覧会も開催されます。 楽しみでですね。 実際の作品を見ると、ペンとインクで細密に描かれた作品は圧倒的迫力を持っています。まだ池田学さんの作品を見たことがない方は展覧会前に作品集をチェックするのもいいかもしれませんね。価格は3,996円で168ページとなっています。 Untitled 2014,46.0×61.0cm 予兆 Foretoken 20...

【待望の決定版】ペンで描く超細密宇宙。画家・池田学の自選100点を収録した画集が発売 | ADB

画家池田学さんの画集「池田学 the Pen」が2017/2/8に青幻舎から発売されます。池田学さんといえば、ペンを使ってダイナミックな構図で細密な世界を描く画家として国内だけでなく、海外の評価も高い画家の一人ですね。 本書「池田学 the Pen」には自身過去最大(300×400cm)の最新作の他に、池田学さん自ら選んだ100点が収録されており、自身が切り取った「部分拡大」が多数掲載され、実作品では把握しきれない細部まで堪能できる内容となっています。 また、2017年1月20日~3月20日には郷里の佐賀県立美術館で、4月8日~7月8日には金沢21世紀美術館で、9月(予定)には日本橋髙島屋で初の大規模な展覧会も開催されます。 楽しみでですね。 実際の作品を見ると、ペンとインクで細密に描かれた作品は圧倒的迫力を持っています。まだ池田学さんの作品を見たことがない方は展覧会前に作品集をチェックするのもいいかもしれませんね。価格は3,996円で168ページとなっています。 Untitled 2014,46.0×61.0cm 予兆 Foretoken 20...

manabu Ikeda, 存在 2004

フェンリルはデザインと技術にこだわり続け、国産 No.1 のシェアを誇るタブブラウザ Sleipnir(スレイプニール)や、オンラインデザインツール Picky-Pics(ピッキーピックス)などのプロダクトを開発しています。

池田学「予兆」 2008年 紙にペン、インク 190x340cm

1:しんちゃん(チベット自治区):2010/10/17(日) 23:15:28.33 ID:vNjXvzGl0この画像、写真のように見えますがじつは壁に描かれた壁画なんです。もちろん女性は生身じゃなくただの絵ですが、今にも動き出しそうなぐらいリアルですよね。 この壁画はアーティストのアレクサ・ミードさんによく作品で、アクリルの絵の具を使ってこのような美しい絵を壁に描いているそうです。 このほかにもいくつか作品があるのでご紹介します。どれ...

池田学 / IKEDA Manabu:漂流者 / Drifter

池田學(IKEDA Manabu)用細細的鋼筆來繪製出細節極其豐盛的宏偉巨制,這些畫的畫幅巨大,在10英寸左右 …

ikedamanabu_02

西新宿のGallery Kartにて、ペンによる超細密画で世界的に評価される画家・池田学の個展「原点」がまもなく開催! 7月7日より!

西新宿のGallery Kartにて、ペンによる細密画で世界的に評価される画家・池田学の個展「原点」がまもなく開される。7月7日(月)より。 下絵を描かず、思いつくままにペンを刻み、やがてそれがひとつのテーマ、ひとつの世界へと収斂していく池田学の作品。超細密なその世界の中には折り重なるように無数のストーリーが詰め込まれており、どんなに目を凝らして見てみても、見るたびに新しい発見がある。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダ・バンクーバーに滞在した後、2013年6月末からアメリカ・ウィスコンシン州マディソンのチェイゼン美術館に招聘され、現地で滞在制作を行っている。 《再生》2001年 紙にペン、インク 162×162cm 浜松市美術館蔵 Courtesy Mizuma Art Gallery…

超精密な和風イラストレーション - 02

今回紹介するのは、日本人アーティスト池田学ぶさんのイラストレーション作品です。お城や樹木などの和風モチーフを描いているんですが、見た瞬間に驚くのはその精密さ。一体、どこまで時間を費やしたらここまでの描き込みが出来るんだろうか。


その他のアイデア
Pinterest
検索