アダムズ・ファミリー ★★★★ アメリカ版、ゲゲゲの鬼太郎(笑) ファミリー映画の傑作。

「%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC %E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7」の検索結果 - Yahoo!検索(画像)

2010.03.05 吉祥寺バウス 爆音ナイト

1980年代初頭のイギリスを背景に、フォークランド紛争で父親を亡くした少年が仲間と出会い、自分の生きる道を見いだしていく社会派青春ドラマ。『家族のかたち』のシェーン・メドウス監督が自身の実体験を基に、当時の労働者階級の人々の生活をリアルに描く。

映画『わたしはロランス』 LAURENCE ANYWAYS

わたしはロランス

映画『わたしはロランス』の作品情報:女性になりたいと思い続けた主人公が偏見に遭いながらも願望をかなえ、恋人である女性と過ごす葛藤と愛の日々を描く人間ドラマ。カナダを舞台に、女性として生き始めた男とそのガールフレンドの10年に及ぶ波乱に満ちた歳月を映し出す。

映画『ハーフ・デイズ』 - シネマトゥデイ

ハーフ・デイズ

映画『ハーフ・デイズ』の作品情報:『インセプション』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと『ジョン・カーター』のリン・コリンズが共演し、一組のカップルが過ごすまったく異なる1日のストーリーを並行して描くスリラー。

おいしい生活

1982年~1983年「おいしい生活。」::: 大塚英志氏は、このコピーについて『「おたく」の精神史』の中で、こういう風に述べています。「糸井がうれしいと喜ぼうと消費者に語りかけているのは、階級が喪失し、誰でもが等しく豊かになった事態であり、中流幻想の左翼的肯定こそが根幹にある・・戦後の日本社会が富の再分配を徹底した一種の社会民主主義国家に関わっている」

映画『建築学概論』   (C) 2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved

建築学概論

映画『建築学概論』の作品情報:韓国で恋愛映画の興行成績を塗り替え、大ブームを巻き起こした恋愛ドラマ。建築家の男性が大学時代の初恋の女性に仕事を依頼されたことにより動き出す二人の関係を、過去の記憶と現在の交流とを交錯させながらつづっていく。


その他のアイデア
Pinterest
検索