Toshihiro Kawaguchi

Toshihiro Kawaguchi

Toshihiro Kawaguchi
Toshihiroさんの他のアイデア
Telecaster

パンク・ムーブメントが吹きまくっていた1970年代半ばのロンドンで、ジャマイカ生まれのレゲエの持つ原初的なエネルギーをポップ・ミュージックの構造に組み入れて、それを進化させた大人のロックが生まれた。 ホワイト・レゲエとも称されたポリスの音楽の斬新さは、ドラムとベース、ギターだけの演奏で創りあげるミニマムなサウンドにある。 楽曲の大半を作ったベーシストでヴォーカルだったスティングは、人間の苦悩や社会との関わりといったテーマを歌詞にして独自の表現で歌った。 ドラムのスチュワート・コープランドはレゲエのリズムを取り入れてハイハットを細かく刻みながら、ファンクやジャズの要素を打ち出してニュー・ウェイヴを体現した。 そして独特のギター・サウンドで空間的な広がりを作ったのがアンディー・サマーズだ。 アンディは意外にも長いキャリアのミュージシャンで、生まれは1942年だからビートルズのポール・マッカトニーと同世代、43年生まれのキース・リチャーズや、45年生まれのエリック・クラプトンよりも年上である。 ポリスとして売れたのは1978年、36歳の年だから遅咲きもいいところだった。…