●はじめに
注文住宅を検討される際に、スキップフロアをお家に取り入れたい!と思った事はありませんか❓
でも、なんとなく上級者向け?個性的?などのイメージで止まっている方は必見❗️
最後まで読めばスキップフロアについて詳しくなれちゃいます🤓

●スキップフロアって?
中二階のような段差を利用することで、リズミカルさと、おしゃれで快適な空間を演出してくれるのがスキップフロア❗️
敷地に対して床面積を多く取れ、狭い土地でもお部屋の中を広く感じることで注目を集めています🤗

●スキップフロアのメリット
✔︎高低差のある土地を有効活用
形状をあえて利用し、スキップフロアを採用する事で、工事費用DOWN🔽

✔︎狭小地を有効活用
段差下に収納を設けたり、書斎や勉強スペースなどを作ることが可能✨

✔︎開放感や一体感を演出
壁や扉ではなく、段差で空間を仕切るので、圧迫感がなく開放的😏

●スキップフロアのデメリット
✔︎設計・建築の難易度が高い
設計士の知識や経験、職人の質が求められる為、対応できる会社が限定される場合が💦
検討中の会社の実績を確認しておくと⭕️
今回の「お役立ち情報」は、#スキップフロア のメリット・デメリットと間取りのコツをご紹介します👀
●はじめに 注文住宅を検討される際に、スキップフロアをお家に取り入れたい!と思った事はありませんか❓ でも、なんとなく上級者向け?個性的?などのイメージで止まっている方は必見❗️ 最後まで読めばスキップフロアについて詳しくなれちゃいます🤓 ●スキップフロアって? 中二階のような段差を利用することで、リズミカルさと、おしゃれで快適な空間を演出してくれるのがスキップフロア❗️ 敷地に対して床面積を多く取れ、狭い土地でもお部屋の中を広く感じることで注目を集めています🤗 ●スキップフロアのメリット ✔︎高低差のある土地を有効活用 形状をあえて利用し、スキップフロアを採用する事で、工事費用DOWN🔽 ✔︎狭小地を有効活用 段差下に収納を設けたり、書斎や勉強スペースなどを作ることが可能✨ ✔︎開放感や一体感を演出 壁や扉ではなく、段差で空間を仕切るので、圧迫感がなく開放的😏 ●スキップフロアのデメリット ✔︎設計・建築の難易度が高い 設計士の知識や経験、職人の質が求められる為、対応できる会社が限定される場合が💦 検討中の会社の実績を確認しておくと⭕️
an empty room with the words can't see it in english and japanese characters
今回の「お役立ち情報」は、マンションリフォームの際の注意点を4つご紹介します🗒
◆はじめに マンションのリフォームには制限が多く、注意点を把握しないとリフォームそのものができない可能性もあります⚠️ この記事では、マンションリフォームにおける注意点を解説するので、最後まで読めばトラブルを避けることができます🙌 ◆マンションリフォームの注意点 ✔︎窓や玄関は共用部分のためリフォームできない 多くのマンションでは窓や玄関ドアは共用部分になり、リフォームできません❌ 知らずにリフォームしてしまうと多額の賠償金を請求される恐れがあります😱 ✔︎管理組合に申請が必要 工事開始からおよそ2〜3週間ほど前に許可を得る必要があるので、プランの検討と同時進行で進めると⭕️ ✔︎近隣住民に周知する 工事の騒音や振動などの負荷がかかるので、近隣の方々への配慮を忘れずに😌 ✔︎間取り変更が構造によってできない場合がある マンションには、主にラーメン構造と壁式構造があります👀 壁式構造は壁を撤去してしまうと安全性に問題が出てくるので、間取り変更が出来ない可能性があリます😢 例外もあるので確認してもらいましょう🎵
●旗竿地って?
道路に接している出入り口部分が細長くなっていて、その奥にまとまった敷地がある土地のこと😉

●メリット
✔︎静かな環境が手に入る!
道路から離れているため、車などによる騒音や通行人からの目線も気にならない環境で過ごすことができます✨
また、小さなお子様の飛び出しの危険も少ないのでより安心😌

✔︎路地部分を活用できる!
敷地延長の道が長いので、車の駐車として利用可能❗️
花壇のある#アプローチ を作ったり、土間を設けたり自由自在🌷

✔︎価格が相場よりも安い!
特殊な形状のため、周辺の土地と比べて2~3割安く購入できることがあります💰
#土地 を安く購入した分、建物に#予算 をまわせます🌟

●デメリット
✔︎#建築 コストがかかる
工事の際大きな重機が入れず、職人の作業が増え、工事費が高くなることも💦

●さいごに
土地の購入を検討する際に選択肢の1つとして考えてみてください☝️
今回の「お役立ち情報」は、#旗竿地 のメリット・デメリットをご紹介🏡
●旗竿地って? 道路に接している出入り口部分が細長くなっていて、その奥にまとまった敷地がある土地のこと😉 ●メリット ✔︎静かな環境が手に入る! 道路から離れているため、車などによる騒音や通行人からの目線も気にならない環境で過ごすことができます✨ また、小さなお子様の飛び出しの危険も少ないのでより安心😌 ✔︎路地部分を活用できる! 敷地延長の道が長いので、車の駐車として利用可能❗️ 花壇のある#アプローチ を作ったり、土間を設けたり自由自在🌷 ✔︎価格が相場よりも安い! 特殊な形状のため、周辺の土地と比べて2~3割安く購入できることがあります💰 #土地 を安く購入した分、建物に#予算 をまわせます🌟 ●デメリット ✔︎#建築 コストがかかる 工事の際大きな重機が入れず、職人の作業が増え、工事費が高くなることも💦 ●さいごに 土地の購入を検討する際に選択肢の1つとして考えてみてください☝️
an advertisement with japanese writing on the front of a house at night, featuring patio furniture
今回の「お役立ち情報」は、#ウッドデッキ のメリット・デメリット をご紹介👏
●デッキとは? 建物に隣接した形で屋外に設けるスペース✨ 天然木や人工木などの木材で作られているデッキが、ウッドデッキと呼ばれています☝️ ●ウッドデッキのメリット ✔︎さまざまな活用方法がある💮 朝は #ヨガ ・ #読書 など🧘 お昼には #カフェ タイムを楽しんだり #プール を用意しても良いですね☕️ 夜は #天体観測 、 #花火 など過ごし方は自由自在✨ ✔︎開放感があるスペース🙌 ウッドデッキと #リビングを同じ高さにして一体感を出すと生活スペースを広く感じられます👌 もうひとつのリビングとして広く使えます😆 ✔︎洗濯物を干しやすい👕 室内から直接出入りができるので出入りがしやすく、洗濯物を干すのに便利😌 ●ウッドデッキのデメリット ✔︎メンテナンスに手間がかかる 雨風や紫外線にさらされ、色褪せや腐食などの経年劣化が起こります😭 定期的な塗装・やすりがけなどが必要🙌 POINT💡人工木なら耐久性が高く、寿命が長い! ✔︎デッキ下の雑草対策や虫対策が必要 空間が狭く手入れがしにくいのが難点です💦
●高低差のある土地とは…
前面道路や周辺地域の宅地よりも位置が高い、または低い土地のこと!

●メリッ�ト
✔︎土地価格が安い
普通の土地より使いにくさもある分、土地の価格は相場より安い傾向があります🎵

✔︎機能性UP👆
高い位置にある土地だと、見晴らしが良かったり外から家の中が見えにくいよう設計できます✨
反対に低い土地では、#気密性 と#防音性 が高まります🔈

✔︎防災面でも活用できる
土地が道路よりも高い場合は浸水などの#水害 を受けにくく、高低差1mあるだけで浸水被害から免れるケースがあります❗️

●デメリット
✔︎工事費用が高い
平坦な土地より施工に手間がかかるため、建築費がかかる場合が💸

✔︎#プラン の選択肢が狭まる

✔︎段差や階段が多くなる
敷地内や室内に高低差があれば段差や階段が多くなるため、子供や高齢者が住みにくい場合もあります⚠️
今回の「お役立ち情報」は、#高低差 のある土地のメリット・デメリットをご紹介します😲
●高低差のある土地とは… 前面道路や周辺地域の宅地よりも位置が高い、または低い土地のこと! ●メリット ✔︎土地価格が安い 普通の土地より使いにくさもある分、土地の価格は相場より安い傾向があります🎵 ✔︎機能性UP👆 高い位置にある土地だと、見晴らしが良かったり外から家の中が見えにくいよう設計できます✨ 反対に低い土地では、#気密性 と#防音性 が高まります🔈 ✔︎防災面でも活用できる 土地が道路よりも高い場合は浸水などの#水害 を受けにくく、高低差1mあるだけで浸水被害から免れるケースがあります❗️ ●デメリット ✔︎工事費用が高い 平坦な土地より施工に手間がかかるため、建築費がかかる場合が💸 ✔︎#プラン の選択肢が狭まる ✔︎段差や階段が多くなる 敷地内や室内に高低差があれば段差や階段が多くなるため、子供や高齢者が住みにくい場合もあります⚠️
a bathroom with the words case 5 written in english and japanese on it's side
今回の「お役立ち情報」は、浴室リフォームの失敗例、失敗をしないための対策をご紹介🗒
◆浴室リフォーム失敗例 ✔︎素材を変えたらカビだらけ! 家の中でもっとも湿気がこもりやすい場所💧 壁や床には、防カビ・抗菌効果のある素材がおすすめ✨ ✔︎最新設備はメンテが大変! 最新の浴室は、機能を豊富に備えたものもありますが、いつの間にか使わなくなってしまうことも😂掃除やメンテナンスも大変です🔧 ✔︎広くしすぎて極寒! 広い浴室は憧れですが、広くしすぎると室内の保温性能は下がり、冬は極寒になるので丁度いい広さに👍 ✔︎新しい浴槽が狭くて窮屈! 機能性やデザインだけを重視した浴槽選びは失敗につながります。 皆がゆとりを持って入れるサイズに🛁 ✔︎大きい窓で落ち着かない! 開放感のある大きな窓は、外からの視線が気になる🤓#断熱性 が下がる🍃掃除がしにくいなど、デメリットがあります。 大きい窓は落ち着かないという方も多いので、換気のためであれば浴室乾燥機がおすすめ! ◆さいごに 理想の浴室作りを成功させるには、様々なチェックポイントがあります😌 参考になれば幸いです🎵
✔︎①洗面室と脱衣所を分ける 最近の住宅では、スペースを削減する意味合いでも洗面室と脱衣所が同じスペースになっていることが多いです👕 あえて分けることで家族がお風呂に入っている時に気を遣い合うことがなくなります。 それぞれの目的をストレスフリーに果たせるので、導入するのもいいかもしれませんね🛁 ✔︎②湿気のたまりやすい場所に換気扇を設置 例えば 「納戸」「靴箱」「シューズインクローゼット」「ウォークインクローゼット」など湿気が溜まりやすい場所は、匂いもこもりがちです😯 定期的に換気扇を使って空気を循環させることで、カビの発生や臭いうつりなどの対策にも有効です🌀 ✔︎③ウッドではなくタイルを検討する ウッドデッキはメンテナンスが大変な面もあり、最近では人口木のデッキを選んだりする人が多�いようです😧 比べてタイルに関しては、 高圧洗浄機などを使ってお手入れも簡単かつ半永久的に利用できるので検討してみてはいかがでしょうか❓ 📝まとめ 注文住宅を建築するときに、取り入れたいアイディアを紹介・解説しました💕 気になったものはありましたか❓
今回の「お役立ち情報」は、家づくりをする上で取り入れたい!というアイディアを3つピックアップして紹介します📌
✔︎①洗面室と脱衣所を分ける 最近の住宅では、スペースを削減する意味合いでも洗面室と脱衣所が同じスペースになっていることが多いです👕 あえて分けることで家族がお風呂に入っている時に気を遣い合うことがなくなります。 それぞれの目的をストレスフリーに果たせるので、導入するのもいいかもしれませんね🛁 ✔︎②湿気のたまりやすい場所に換気扇を設置 例えば 「納戸」「靴箱」「シューズインクローゼット」「ウォークインクローゼット」など湿気が溜まりやすい場所は、匂いもこもりがちです😯 定期的に換気扇を使って空気を循環させることで、カビの発生や臭いうつりなどの対策にも有効です🌀 ✔︎③ウッドではなくタイルを検討する ウッドデッキはメンテナンスが大変な面もあり、最近では人口木のデッキを選んだりする人が多いようです😧 比べてタイルに関しては、 高圧洗浄機などを使ってお手入れも簡単かつ半永久的に利用できるので検討してみてはいかがでしょうか❓ 📝まとめ 注文住宅を建築するときに、取り入れたいアイディアを紹介・解説しました💕 気になったものはありましたか❓
✔︎①生活動線は問題ないか確認する 料理・洗濯・掃除など、実際の生活を想定して動きにくくないかを検討することで、より快適な生活を送ることができます🚶 行動別以外にも「起床後」「帰宅後」「就寝前」などのシーンに合わせた生活動線も意識して検討するとより具体的なアイディアが生まれます💡 ✔︎②採光と風通しのバランスが取れているか考える 薄暗く風通しの悪いお家だと、設備の劣化につながったり、気分的にも落ち着かない、居心地の悪い空間になってしまいます😥 バルコニーの向きや庭の向きはもちろん、窓の場所や吹抜など実際の生活動線やスタイルと照らし合わせて考えると良いでしょう🌤 ✔︎③将来を先読みして考える 家族が増えたり、子供の成長、ご両親との同居など…ライフイベントに対応できるか、先読みが必要❗️ ✔︎④収納は目的を持った設計を 収納を多くしても、使いにくかったり結局使わない事はよくあります💦 設計の段階で、明確�に収納スペースを考慮すると無駄になりません。 📝まとめ 長く快適に住み続けるため、最適な間取りを考えていきましょう🍃
今回の「お役立ち情報」は、間取りを考える上で非常に大切なことをチェックリストで4つご紹介します✅
✔︎①生活動線は問題ないか確認する 料理・洗濯・掃除など、実際の生活を想定して動きにくくないかを検討することで、より快適な生活を送ることができます🚶 行動別以外にも「起床後」「帰宅後」「就寝前」などのシーンに合わせた生活動線も意識して検討するとより具体的なアイディアが生まれます💡 ✔︎②採光と風通しのバランスが取れているか考える 薄暗く風通しの悪いお家だと、設備の劣化につながったり、気分的にも落ち着かない、居心地の悪い空間になってしまいます😥 バルコニーの向きや庭の向きはもちろん、窓の場所や吹抜など実際の生活動線やスタイルと照らし合わせて考えると良いでしょう🌤 ✔︎③将来を先読みして考える 家族が増えたり、子供の成長、ご両親との同居など…ライフイベントに対応できるか、先読みが必要❗️ ✔︎④収納は目的を持った設計を 収納を多くしても、使いにくかったり結局使わない事はよくあります💦 設計の段階で、明確に収納スペースを考慮すると無駄になりません。 📝まとめ 長く快適に住み続けるため、最適な間取りを考えていきましょう🍃
◆第3種換気ってなに? 自然に給気、機械を使って排気していく換気システム!🎐 ◆第3種換気のメリット ●メリットその① イニシャルコストが安い 給気のみ機械を使用するため、イニシャルコストを抑えられます💰 消費電力も安く、24時間使っても月々の電気代は数百円程度でおさまります😌 ●メリットその② メンテナンスが簡単 掃除する箇所がフィルターと本体のみなので、第1種換気よりも少なくて済みます👍 ◆第3種換気のデメリット ●デメリットその① 冬や寒冷地では不利 熱をもった空気をそのまま排気してしまうので熱損失が非常に大きくなります💦 ●デメリットその② 給気で部屋が寒くなる 直接外気を入れることになるため、寒さを感じる可能性があります🍃 冷気対策ができているメーカーかよく調べましょう❗️ 📝まとめ ●メリット①/イニシャルコストが安い ●メリット②/メンテナンスが簡単 ●デメリット①/冬や寒冷地では不利 ●デメリット②/給気で部屋が寒くなる 第1種と第3種の違いを正しく知ることが出来ましたか?🌟
今回の「お役立ち情報」は、住宅でよく使われる第1種と第3種換気の説明、メリット・デメリットを2本だてでご紹介💥 前回の記事も合わせてCheckしてくださいね🙆
◆第3種換気ってなに? 自然に給気、機械を使って排気していく換気システム!🎐 ◆第3種換気のメリット ●メリットその① イニシャルコストが安い 給気のみ機械を使用するため、イニシャルコストを抑えられます💰 消費電力も安く、24時間使っても月々の電気代は数百円程度でおさまります😌 ●メリットその② メンテナンスが簡単 掃除する箇所がフィルターと本体のみなので、第1種換気よりも少なくて済みます👍 ◆第3種換気のデメリット ●デメリットその① 冬や寒冷地では不利 熱をもった空気をそのまま排気してしまうので熱損失が非常に大きくなります💦 ●デメリットその② 給気で部屋が寒くなる 直接外気を入れることになるため、寒さを感じる可能性があります🍃 冷気対策ができているメーカーかよく調べましょう❗️ 📝まとめ ●メリット①/イニシャルコストが安い ●メリット②/メンテナンスが簡単 ●デメリット①/冬や寒冷地では不利 ●デメリット②/給気で部屋が寒くなる 第1種と第3種の違いを正しく知ることが出来ましたか?🌟
an advertisement for a house with stairs in the background
今回の「お役立ち情報」は、住宅でよく使われる第1種と第3種換気の説明、メリット・デメリットを2本だてでご紹介💥 次回の記事も合わせてCheckしてくださいね🙆
◆第1種換気ってなに? 「給気と排気の両方を機械で行う」システム! 機械(ファン)を介して給気と排気の両方を行います🎐 ◆第1種換気のメリット 熱交換器をつければ、室内の温度を一定に保てます✨ 夏は涼しい空気を、冬は暖かい空気を維持でき、冷暖房効率が上がり、節電にもつながります🎵 ◆第1種換気のデメリット ●デメリットその① コストが2倍❗️❓ 機械なので維持費がかかり、第3種と比較すると2倍ほどに💸 また、熱交換機やダクトなどの設置費用もかかってしまいます😭 ●デメリットその② 設置が難しい❗️❓ 取り付けを誤ると悪い空気が循環したり、温度が上下する可能性が🌀 📝まとめ ●メリット/温度が一定に保てる ●デメリット①/コストがかかる ●デメリット②/専門的な知識が必要 次回は第3種換気についてご紹介📖 絶対読んでくださいね🌟
an advertisement for cleaning products with japanese writing
今回のお役立ち情報は、時間をかけない✨掃除の時短アイデア集を紹介します🎵 掃除を時短するためには、「とにかく汚れをためないこと」が鉄則!🧑‍🏫
◆アイデアその① タオルで洗面所の鏡や蛇口を拭く ◆アイデアその② お風呂の壁は、最後の人がスクイージーで水切り ◆アイデアその③ キッチンの排水口は寝る前にアルカリ性漂白剤を❗️ ◆アイデアその④ トイレの便座裏は1日1回酸性の漂白剤で拭く ◆アイデアその⑤ 日頃から掃除しやすい環境にしておく ◆まとめ 毎日少しずつ掃除しておくことが、時短のコツ!汚れをためないようにすることで、気持ちが爽やかになり、日々の暮らしのグレードがアップします。この投稿を保存して、レッツトライ💨
a living room filled with furniture and christmas decorations
今回の「お役立ち情報」は、スキップフロアののメリット・デメリットをご紹介!あまりイメージが湧かない方も、この投稿を読めば詳しくなること間違いなし😌
◆そもそもスキップフロアって? 中二階のような段差を利用することで、リズミカルさと、おしゃれで快適な空間を演出してくれるのがスキップフロア。 「狭い土地でもお部屋の中を広く感じる!」「敷地に対して床面積を多く取れる!」と、注目を集めています。 ◆スキップフロアのメリット ●メリットその① 高低差のある土地を有効活用 形状をあえて利用し、スキップフロアを採用する事で、造成工事費用を抑えられます✨ ●メリットその② 狭小地を有効活用 段差下に収納を設けたり、書斎や勉強スペースなどを作ることが可能🌟 ●メリットその③ 開放感や一体感を演出できる 壁や扉ではなく、段差で空間を仕切るので、エリアごとに用途が違っても圧迫感がなく開放的🎵 ◇スキップフロアのデメリット 設計・建築の難易度が高い 設計士の知識や経験、職人の質が求められる為、対応できる会社が限定される場合があります✏️ ※検討中の会社にどのくらいスキップフロアの実績があるかを確認しておくと安心です!
an advertisement for a new apartment in the middle of tokyo, with japanese characters on it
今回の「お役立ち情報」は、リフォーム費用を安くする方法をご紹介🙌 前回の記事も合わせてCheckしてくださいね✅
◆リフォームのコストダウン方法 【施工内容】 ✔︎まとめてリフォームする とくに足場を組む工事や、配管工事などは、まとめて施工するほうが結果的に費用を抑えられます⭕️ ✔︎間取りを大きく変更しない 壁の撤去や廊下幅の拡張、窓の移動など構造計算からやり直すリフォームをやめると、負担軽減に😌 ✔︎リフォーム箇所を絞る 見積もりを細かい部位に分けて出してもらい、優先度の低い工事や費用がかかる部分は断捨離👍 ✔︎費用がかからない工法で施工 同じ内容のリフォームでも、施工の仕方にはいくつかの種類があります。プロのアドバイスも聞きながら、より費用をかけない工法を模索しましょう。 【制度編】 ✔︎リフォーム減税を使う 住居の改築は確定申告をすることで、リフォーム減税、すなわち所得税の控除を受けることができます。 ✔︎リフォーム補助金を使う 地方公共団体の支援制度を活用するという選択肢もあります。充分な頭金がないときなどは助かるでしょう。 さいごに この記事をもとに、より費用を抑える工夫をしましょう✊
◆リフォームが安くなる考え方 ・希望予算を決める ネットで検索して、事例をいくつかピックアップし、予算の上限を決めておきましょう❗️ ・予備費も予算に含める 追加工事費が発生することを念頭に、予�算上限の1〜2割を予備費として考えておきましょう💴 ・トータルの予算も考える 工事費用だけでなく、仮住まいの家賃や引っ越し代、新しい家財道具なども含めて予算を検討してください💡 ・優先順位を決める 内容を欲張らず、急ぎでなければ次回にする、安価な設備に変更するなど、無駄を減らしましょう✨ ◆リフォームのコストダウン方法 【会社選び】 安さにつられて価格だけでリフォーム会社を選んでは❌ 顧客応対の良さやアフターフォローの充実度なども含めて、信頼できる会社を選ぶことが大切です。 【設備・材料】 ✔︎既存の設備を再利用 古い設備の活用や、必要なパーツだけ残して交換することで、新しい物を購入する費用を減らせます👌 素人判断で決定するのは危険なのでリフォーム担当者に相談❗️
今回の「お役立ち情報」は、リフォームの際に損しないコツをご紹介🙂 無理のないリフォーム計画を進めていきましょう🛠
◆リフォームが安くなる考え方 ・希望予算を決める ネットで検索して、事例をいくつかピックアップし、予算の上限を決めておきましょう❗️ ・予備費も予算に含める 追加工事費が発生することを念頭に、予算上限の1〜2割を予備費として考えておきましょう💴 ・トータルの予算も考える 工事費用だけでなく、仮住まいの家賃や引っ越し代、新しい家財道具なども含めて予算を検討してください💡 ・優先順位を決める 内容を欲張らず、急ぎでなければ次回にする、安価な設備に変更するなど、無駄を減らしましょう✨ ◆リフォームのコストダウン方法 【会社選び】 安さにつられて価格だけでリフォーム会社を選んでは❌ 顧客応対の良さやアフターフォローの充実度なども含めて、信頼できる会社を選ぶことが大切です。 【設備・材料】 ✔︎既存の設備を再利用 古い設備の活用や、必要なパーツだけ残して交換することで、新しい物を購入する費用を減らせます👌 素人判断で決定するのは危険なのでリフォーム担当者に相談❗️
◆失敗例①【観音開きの扉が邪魔になった 😵❗️】 クローゼットの扉はかなり大きいため、扉の種類を選ぶ時は注意が必要!! 折れ戸はクローゼットの中の服を選びやすく、ベッドや机が邪魔で開閉しづらい場所には引き戸がおすすめ✨ ◆失敗例②【着替える場所から遠い】 廊下やリビングにクローゼットを作って、着替える場所まで服を持って行くことに...💦 配置を考える際、クローゼットと着替えるスペースが分離しないようにしましょう💮 ウォークインクローゼットなら、内部に着替えのスペースを作るのがベスト◎ ◆失敗例③【壁面クロ ー ゼットは湿気が大敵🙅】 壁一面に断熱材を敷き詰めるか、クローゼットを調湿建材�で作るのがおすすめ!!! 調湿建材は、周囲の湿度が上がると湿気を吸い、 乾燥すると湿気を放出して湿度を一定に保つ性質があります🤗 ✅まとめ ①スペースに考慮して扉を選ぶ👌 ②着替えるスペースと分離させない !! ③調湿建材で湿気対策を📢 この3つに注意してプランを考えると、使い勝手のいい収納になり、 家の中が片付くようになります!ぜひリフォームの参考にしてみて下さい🏡🪜 On Instagram
今回の「お役立ち情報」は、リフォーム前に見てほしい👀 クローゼットの失敗例😨を3つをご紹介します📣 ぜひチェックして、後悔しないリフォームにしてくださいね✅
◆失敗例①【観音開きの扉が邪魔になった 😵❗️】 クローゼットの扉はかなり大きいため、扉の種類を選ぶ時は注意が必要!! 折れ戸はクローゼットの中の服を選びやすく、ベッドや机が邪魔で開閉しづらい場所には引き戸がおすすめ✨ ◆失敗例②【着替える場所から遠い】 廊下やリビングにクローゼットを作って、着替える場所まで服を持って行くことに...💦 配置を考える際、クローゼットと着替えるスペースが分離しないようにしましょう💮 ウォークインクローゼットなら、内部に着替えのスペースを作るのがベスト◎ ◆失敗例③【壁面クロ ー ゼットは湿気が大敵🙅】 壁一面に断熱材を敷き詰めるか、クローゼットを調湿建材で作るのがおすすめ!!! 調湿建材は、周囲の湿度が上がると湿気を吸い、 乾燥すると湿気を放出して湿度を一定に保つ性質があります🤗 ✅まとめ ①スペースに考慮して扉を選ぶ👌 ②着替えるスペースと分離させない !! ③調湿建材で湿気対策を📢 この3つに注意してプランを考えると、使い勝手のいい収納になり、 家の中が片付くようになります!ぜひリフォームの参考にしてみて下さい🏡🪜