modern timber bed apartment interior design architecture flat living penthouse bedroom japanese minimalist wood timber furniture

ミニマリストのお部屋についてご紹介しています。ミニマリストは最小限者と訳されることが多いようです。今ひそかにブームになりつつある「モノを(必要以上に)持たない暮らし」の実践者たちです。片付かない!落ち着かない!と悩んでいる方必見のアイデアをまとめてみました。

japanese style livingroom

MUJI meets IDEE。。。 - Ducks Home

3月は私のお誕生月です。 あらためて自分の年齢を考えると「いつの間にそんなに生きてきたんだろう。。。」 と、おかしな日本語になっちゃうくらい動揺しますが、やっぱりお誕生日という響きは いくつになってもウキウキします 入院中、夫の両親からお祝いが届きました。(入院のことは知らせていなかったので・・・) 「好きなものを買ってね」と、いつも現金を送ってくださいます。 好きなものがすぐ…


その他のアイデア
Depending on the season so house | to ask the MUJI meets IDEE abode and | Muji

いるだけで、ほっと落ち着く和室。今回はそんな和室を活かした、純和風インテリアの良さを改めてご紹介します。日本人が生み出した古き良き空間で、季節を楽しんだり、物を長く大切に使ったり、心に余裕をもって暮らしましょう*

ooooooooooooohh

夜通し語り合いたい気分になる洋風囲炉裏(?)。 正式名称がわからなかったのですが、囲炉裏のような窪んだソファスペース。 「Conversation Pits & Sunken Sitting

3c01579fcdc072d6854248a7ca3a49d9g.jpg

This site recommends the new topics,Design,Art,Lifestyle,web sites,that actually awesome,terrible,funny.このサイトは、WEBトピックス、デザイン、アート、生活雑貨、などのスクラップブックです。Do not just Existing and start Living.

 hues on hues on hues // great lighting// gorgeous layout

インテリア・雑貨スクラップ : Photo もっと見る

be394e72032c2749efe862f302f297d9.jpg (700×466)

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。 「子ど

japanese inspiration

名古屋市 Analogue Lifeでの企画展「Tradition Refined」の初日の風景のご紹介です。 「Tradition Refined」An exhibition of works from Sゝゝ+DOUGUYA 2012年 3月10日(土)~20日(火) 12:00~19:00 [期間中無休] 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F http://www.analoguelife.com/ 是非、脚をお運びください。

Pinterest
検索