I'm sure every girl would love to be madame marie antoinette for a day :D, me…

2006年に、ソフィア・コッポラ監督によって映画化された映画『マリーアントワネット』の世界観がとってもかわいいというのは、皆さまもうご存知ですよね♪実際のフランスのベルサイユ宮殿の協力のもと、現地で撮影されたこちらの映画は、ヴェルサイユ宮殿

Mommy マミー : 場面カット

Mommy マミー : 場面カット

○『Mommy』空を見上げるような、映画のポスターに心を射ぬかれて。アレックス・シアラーの"青空のむこう"の表紙を思い出した。

The Virgin Suicides

ソフィア・コッポラの初監督作品。99年に発表されたそう。 原作はジェフリー・ユージェニデスの「ヘビトンボの季節に自殺した5人姉妹」 こっちも読んでみたい 70年代ガーリーな世界観。 こ...

◎Amelie Poulain 『アメリ』クレーム・ブリュレにお洒落なカフェ。フランスの可愛さが詰まった映像美は想像通りだったけれど、主人公に感情移入出来る人はあまり多くないのかもしれない、と感じた。繊細で空想家で独創的な女性で、世界の景色が彼女には少し違って映っていて、それを覗かせてもらったような気持ち。

◎Amelie Poulain 『アメリ』クレーム・ブリュレにお洒落なカフェ。フランスの可愛さが詰まった映像美は想像通りだったけれど、主人公に感情移入出来る人はあまり多くないのかもしれない、と感じた。繊細で空想家で独創的な女性で、世界の景色が彼女には少し違って映っていて、それを覗かせてもらったような気持ち。 もっと見る

映画『ルビー・スパークス』 RUBY SPARKS

ルビー・スパークス

★★★☆ 「リトル・ミス・サンシャイン」のジョナサン・デイトン&バレリー・ファリスが同作以来6年ぶりに手がけた監督作。スランプ中の若手作家と現実世界に出現した小説のヒロインが繰り広げる恋を描いたラブストーリー。脚本を執筆し、タイトルロールを演じたのは、映画監督エリア・カザンの孫娘ゾーイ・カザン。19歳で天才作家として華々しくデビューしたものの、その後10年間にわたりスランプに陥っているカルヴィンは、夢で見た理想の女の子ルビー・スパークスを主人公に小説を書き始める。するとある日、目の前にルビーが現れ、カルヴィンと一緒に生活を始める。しかし、ルビーが自分の想像の産物であることを隠そうと、カルヴィンは周囲と距離を置き、そのことに寂しさを覚えたルビーは、新しい仲間たちと交流を広げていく。そうして次第に関係がぎこちなっていく2人だったが……。

《小學雞私奔記》Moonrise Kingdom 2012

Moonrise Kingdom

映画『ムーンライズ・キングダム』 MOONRISE KINGDOM (C) 2012 MOONRISE LLC. All Rights Reserved. もっと見る

SING STREET シング・ストリート 未来へのうた

シング・ストリート 未来へのうたの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督の半自伝的作品で、好きな女の子を振り向かせる...

The Coolest Movie Posters You

GIF画像でアニメーション化され、生き返った往年の名作映画ポスターをご覧あれ。


その他のアイデア
Pinterest
検索