Takamitsu Azuma 東孝光《塔の家》1966年 撮影:村井修

Takamitsu Azuma 東孝光《塔の家》1966年 撮影:村井修

香川県庁

香川県庁

国立代々木競技場 (旧屋内総合競技場)

国立代々木競技場 (旧屋内総合競技場)

1963年竣工。設計:村野藤吾。オフィスと劇場(日生劇場)から成るビル。村野藤吾はオフィスと劇場部分を透明なガラスで区切り、空間の連続性を維持した。設計から竣工まで5年の歳月を費やした建物は、外観を花崗岩で覆った重厚なもの。建物表面のガラス面積を抑えるため、窓のガラス部分を後退させるデザインにしている。また竣工当時は、劇場の対面にあるフランク・ロイド・ライトデザインの帝国ホテル(1967年に建て替えのため取り壊される)を望むためのバルコニーも設置されていた。劇場部分は、ピロティに白大理石、ホール内の壁面にガラスタイル、天井にはアコヤ貝を用い、非日常の空間をつくり出している。全体的に赤と白を基調とし、ホール内部の天井には薄いコバルト、壁面には金とコバルトを配色している。ホールの天井および壁の曲面は音響効果を考慮したもの。

丹下 健三, 香川県立体育館

丹下 健三, 香川県立体育館

在日クウェート大使館(1970)丹下健三。 メタボリズム建築。

在日クウェート大使館(1970)丹下健三。 メタボリズム建築。

墨会館 / 丹下健三 / 1957

墨会館 / 丹下健三 / 1957

Wakita Museum of Art in Karuizawa|脇田山荘 吉村順三

Wakita Museum of Art in Karuizawa|脇田山荘 吉村順三

「スカイハウス」の画像検索結果

「スカイハウス」の画像検索結果

徳雲寺納骨堂(1965)。菊竹清訓の傑作。この世との切り分けが明快なフォルム。

徳雲寺納骨堂(1965)。菊竹清訓の傑作。この世との切り分けが明快なフォルム。

徳雲寺納骨堂-菊竹清訓 Toku'un-ji Temple Ossuary-Kiyonori Kikutake

徳雲寺納骨堂-菊竹清訓 Toku'un-ji Temple Ossuary-Kiyonori Kikutake

Pinterest
検索