Open living...love the whole idea of bringing the outside in... wonderful...

Open living...love the whole idea of bringing the outside in... wonderful...

山麓のいえ-ネシアン 山のアトリエ | Works | 岐阜の設計事務所 ピュウデザイン|住宅設計、店舗設計、新築、リノベーション、家具デザイン

山麓のいえ-ネシアン 山のアトリエ | Works | 岐阜の設計事務所 ピュウデザイン|住宅設計、店舗設計、新築、リノベーション、家具デザイン

2年前に隣地に集合住宅が出来てからずっと計画していたフェンスがとうとう完成しました。(クリックで拡大) 今回の洗面室&洗濯機改修や、お手洗いの中と扉...

2年前に隣地に集合住宅が出来てからずっと計画していたフェンスがとうとう完成しました。(クリックで拡大) 今回の洗面室&洗濯機改修や、お手洗いの中と扉...

これからの変化が楽しみな家素材感にこだわった心休まる住まい

これからの変化が楽しみな家素材感にこだわった心休まる住まい

人生をフルに楽しみたい人たちへ、新しいライフスタイルマガジン『100%LiFE』。『100%LiFE』は、マガジンハウスが「スタイルのある家と暮らし」をテーマに情報発信するデジタルマガジンです。クリエイティブな感性で暮らしと空間を楽しむ人たちの交流の場となるライフスタイルメディアを目指しています。メインとなるコンテンツは、遊び心とクリエイティビティあふれる生活シーンを多様でハイクオリティな空間事例とともに紹介。またレギュラーコーナーでは、インテリア、アート、デザイン、ファッションなど、クリエイティブ分野のトレンド情報を伝えていきます。『100%LiFE』は、タブロイドPC、及びスマートフォンにも最適化し、モバイルでもストレスなく読める設計になっています。また、Newsstandアプリでのスマートフォン向け電子雑誌展開も予定しています。『100%LiFE』は、ヘーベルハウスを展開する旭化成ホームズの特別協力を受けて運営しています。web magazine of Magazine House supported by Hebel House 100 ひゃく パーセント ライフ 100%ライフ

箱庭住宅の脇のウッドデッキの回廊1

【採光と通風と空間の拡がり】中庭とウッドデッキの回廊のある細長い家

箱庭住宅の脇のウッドデッキの回廊1

右に見えるバーベキュー台は、庭を一緒につくった職人さんと、コンクリートから組み上げて製作。「季節のいい時にバーベキューとかしていると都内にいる感じはしないですね」。

日々、人生を楽しみつつ暮らす家一目ぼれで購入した家をさらに磨き上げて

右に見えるバーベキュー台は、庭を一緒につくった職人さんと、コンクリートから組み上げて製作。「季節のいい時にバーベキューとかしていると都内にいる感じはしないですね」。

手前の木はハクモクレンで春先にきれいな花を咲かせる。雨で色が濃くなった庭石とその周りの緑との対比が美しい。

日々、人生を楽しみつつ暮らす家一目ぼれで購入した家をさらに磨き上げて

手前の木はハクモクレンで春先にきれいな花を咲かせる。雨で色が濃くなった庭石とその周りの緑との対比が美しい。

「私の家」阿部勤・自邸 : 建築_空間

「私の家」阿部勤・自邸 : 建築_空間

デイベッドに寝転がると、樹木の緑に囲まれ、ツリーハウスにいるような気分に。万華鏡やお気に入りの器が手の届く場所にある。

デイベッドに寝転がると、樹木の緑に囲まれ、ツリーハウスにいるような気分に。万華鏡やお気に入りの器が手の届く場所にある。

阿部勤著『中心のある家』より。「中心」と「回廊」で構成されていることがわかるイラストは、阿部さん自身が描いたもの。

阿部勤著『中心のある家』より。「中心」と「回廊」で構成されていることがわかるイラストは、阿部さん自身が描いたもの。


その他のアイデア

本物の無垢素材が経年変化で作る味わい 1974年竣工。建築家・阿部勤さんの自邸は、築41年という年月を経てもなお新しく感じる。それどころか、年月を重ねるほどにどんどん味わいが増している。阿部さんの自著『中心のある家』の中にもあるように、まさに「正しく古いものは永遠に新しい」、そんな家なのだ。スウェーデンの画家、カール・ラーションの家の天井に描かれている言葉だそうだ。 「人が昔から慣れ親しんできた、石や木や土といった本物の無垢素材は、経年変化によって風合いが出てくるんです」 鳥が運んできた種が芽吹いた庭の木や、建物の高さを越すほどに育った玄関先の欅が、住宅街に美しい風景を作っている。 「建物を設計することとは、隣人との関係、住む人との関係、人と人との関係、光との関係、物との関係、物と物との関係、空間と空間との関係……、あらゆるものとの関係性を設計することだと思っています」 男の台所、ペニンシュラキッチン 20年前に料理上手な奥様を亡くしてから、キッチンを大きく作り変えた。 「男がひとりで生きていくキッチンを作ろうと思ったんです」 奥様が使っていたI型のキッチンに、半島を加えたT型のペニン

建築家・阿部勤さんの自邸。右の筒状の「中心」の周りに、回廊がある設計。どこでも家の好きな場所で寝るけれど、「中心」で寝ることが多いのだそう。

建築家・阿部勤さんの自邸。右の筒状の「中心」の周りに、回廊がある設計。どこでも家の好きな場所で寝るけれど、「中心」で寝ることが多いのだそう。

kitchen

これからの変化が楽しみな家素材感にこだわった心休まる住まい

kitchen

タイに学校を作るプロジェクトに参加していた際、チェンマイで彫ってもらったチークの扉を玄関のドアに。右側のベンチに腰掛けて隣人とおしゃべりもできる。

タイに学校を作るプロジェクトに参加していた際、チェンマイで彫ってもらったチークの扉を玄関のドアに。右側のベンチに腰掛けて隣人とおしゃべりもできる。

around front door? I like the idea of widening the border along the sidewalk and putting something decorative there (table and chair, birdbath, sculpture?)

around front door? I like the idea of widening the border along the sidewalk and putting something decorative there (table and chair, birdbath, sculpture?)

MELUKYLÄN TALO

MELUKYLÄN TALO

本物の無垢素材が経年変化で作る味わい 1974年竣工。建築家・阿部勤さんの自邸は、築41年という年月を経てもなお新しく感じる。それどころか、年月を重ねるほどにどんどん味わいが増している。阿部さんの自著『中心のある家』の中にもあるように、まさに「正しく古いものは永遠に新しい」、そんな家なのだ。スウェーデンの画家、カール・ラーションの家の天井に描かれている言葉だそうだ。 「人が昔から慣れ親しんできた、石や木や土といった本物の無垢素材は、経年変化によって風合いが出てくるんです」 鳥が運んできた種が芽吹いた庭の木や、建物の高さを越すほどに育った玄関先の欅が、住宅街に美しい風景を作っている。 「建物を設計することとは、隣人との関係、住む人との関係、人と人との関係、光との関係、物との関係、物と物との関係、空間と空間との関係……、あらゆるものとの関係性を設計することだと思っています」 男の台所、ペニンシュラキッチン 20年前に料理上手な奥様を亡くしてから、キッチンを大きく作り変えた。 「男がひとりで生きていくキッチンを作ろうと思ったんです」 奥様が使っていたI型のキッチンに、半島を加えたT型のペニン

Grant Harder

Grant Harder

b0169330_1444738.jpg

b0169330_1444738.jpg

475e253b.JPG 912×684 ピクセル

Pinterest
検索