ここちの家 | 株式会社SYNCの建築事例 | SuMiKa

ここちの家 | 株式会社SYNCの建築事例 | SuMiKa もっと見る

独創的な建築を創り続ける藤森照信。 注目の最新作『鸛庵』とは!?…

独創的な建築を創り続ける藤森照信。 注目の最新作『鸛庵』とは!? 日本で最も影響力のある建築家であり建築史家である藤森照信。木材、葦、藁、炭、銅、粘土、石…自然素材を用いる彼のスタイルには日本古来の文化・歴史が通底しています。そんな彼の最新作が『鸛庵(こうのとりあん)』。2009年から作曲家フランツ・リストの生誕地として知られるオーストリアの小村ライディングで10人の著名な日本人建築家によって進めてられてきた『Raiding Project』の最初の具体的建築物です。『鸛庵』は、茶室のにじり口などの日本様式を取り入れ、芸術作品でありながら実際に宿泊できる建物。さらに、屋根の上方に本物のコウノトリの巣が設けられ、夏になるとアフリカからやってくるコウノトリといっしょに暮らすことができます。今回の展覧会では、藤森照信のこれまでの代表作品として初期作品などを模型や写真で紹介するとともに、『鸛庵』の初期のアイデア構想から最終的な建設まで、模型はもちろん、スケッチやオブジェクト、写真、映像を駆使して、藤森の仕事を総合的にご紹介します。

土間のある暮らし - 施工事例 デザイン住宅・注文住宅・自由設計の[neie(ネイエ)]洞口(ホラグチ) | 富山 岐阜 名古屋

土間のある暮らし - 施工事例 デザイン住宅・注文住宅・自由設計の[neie(ネイエ)]洞口(ホラグチ) | 富山 岐阜 名古屋 More

茶室

日本の伝統文化のひとつ、茶道。でもなんだか敷居が高そう……と思いがちですよね。東京オリンピックが決定し、世界から日本に注目が集まる中、日本人である以上全く知らないのはちょっと恥ずかしいかもしれません。「おもてなし」の心が詰まった茶道の精神は勉強になることばかりです。そんな茶室の基本的知識と魅力をご紹介します。

R・トルソ・C | アトリエ・天工人(テクト) 東京都渋谷区の建築設計事務所

R・トルソ・C

この住宅は東京の中心にあり敷地面積66㎡と小さい。クライアントのご夫婦は化学者でありながら、建築やアートが好きである。最初のリクエストは「コンクリートで内外部を包み込んでほしい。そして、そのコンクリートが挑戦的であり、環境的であってほしい」

木と白のバランス

見せるための植栽としてはこの程度のスペースで十分だろう。手間を考えてもシンプルでgood (k)

Stylish dirt floor 土間 #japan DOMA

西洋の建築には見られない日本独特の空間「土間」。本来、作業場や貯蔵庫といった使い方をしていた、家の中にある「半野外」の土間は、近年その多様性と使い勝手に優れたスペースとして見直されています。土足OKなので、人を招きやすく、自転車やアウトドアグッズなども持ち込みやすいという利点もあります。そこに住む人の工夫次第でどんな空

Japanese traditional house  Have an open/screened-in room between two sections of a house !

甘党のための日本酒利き酒会@近江八幡奥村家住宅: お知らせ: 野庵 yarn 着物小物のお店

entrance

玄関。暗くていい。 もっと見る

湯河原の家 | Works | acaa | 建築研究所

湯河原の家 | Works | acaa | 建築研究所

Pinterest
検索