Jurriaanさんの他のアイデア
夏目漱石

夏目漱石|この時私は始めて文学とはどんなものであるか、その概念を根本的に自力で作り上げるよりほかに、私を救う途はないのだと悟ったのです。今までは全く他人本位で、根のない萍(うきぐさ)のように、そこいらをでたらめに漂っていたから、駄目であったという事にようやく気がついたのです。私のここに他人本位というのは、自分の酒を人に飲んでもらって、後からその品評を聴いて、それを理が非でもそうだとしてしまういわゆる人真似を指すのです。(『私の個人主義』より)

太宰治的家流露著哀傷;夏目漱石終生租屋而居;谷崎潤一郎是搬家狂…從36位日本文豪的家,窺見他們的創作原點—《參見日本文豪の家

博客來

Hideo Kobayashi - 批評とは人を褒める技術だ

そうだ、小林秀雄に聞いてみよう