洋史さんの他のアイデア
企業とデザイナーのマッチングを目指す「東京ビジネスデザインアワード」優秀賞決定 #ブレーン | AdverTimes(アドタイ)

写真が動いているような不思議さから、思わず見入ってしまう映像技法「シネマグラフ」。人々を引き込む力があるとして昨年から注目され始め、SNSやバナー広告などで目にする機会が増えてきました。今回は、シネマグラフの特徴や仕組み、効果的な活用シーンをいくつかの事例を取り上げながら紹介していきます。

企業とデザイナーのマッチングを目指す「東京ビジネスデザインアワード」優秀賞決定 #ブレーン | AdverTimes(アドタイ)

写真が動いているような不思議さから、思わず見入ってしまう映像技法「シネマグラフ」。人々を引き込む力があるとして昨年から注目され始め、SNSやバナー広告などで目にする機会が増えてきました。今回は、シネマグラフの特徴や仕組み、効果的な活用シーンをいくつかの事例を取り上げながら紹介していきます。

NURI ajiro ロゴ

NURI ajiro ロゴ - WORKS|六感デザイン|ロゴや販促物を制作する、福井のデザイン事務所です

http://www.hrk-d.com/?cat=4                                                                                                                                                                                 もっと見る

http://www.hrk-d.com/?cat=4 もっと見る もっと見る

つるやフォント  via 吉富ゆい

筆の勢いに任せ、手の赴くまま書いたかのような文字である。書き手の体温が、眼球から視神経にかけてダイレクトに流れ込んで来る、そういう書体である。「つるや陶器」は戦後、うるし製品と中心としたお祝いのための品物をの小売業としてスタートした。現在は陶磁器中心のお店になっている。「つるや」という屋号はお祝いの品物を扱う商店なので縁起のいい名前を、ということで名付けたそうだ。「看板の書体はおやじが作ったんじゃないかな?うちのおやじは、絵を描いたり、作品つくるのが趣味だったんだよ。一度でよしとけばいいのに、二度も個展やって、二度目は近所の鼻つまみもんだったよ〜まったく…アハハ!」と息子で二代目の井藤さんは楽しそうに語る。看板の文字はもともと真っ赤だったそう。当時出始めたばかりだったプラスチック制だったが、アーケードがなくなるとともに日に焼けて現在の色になったという。真っ赤な時の看板も見てみたいが、今の状態も趣があって非常に魅力的だ。

http://www.pinterest.com/joliesarts/ ∗ »☆Elysian-Interiors ♕Simply divine #Interiordesign ~ Chinese ~ Asian ~ interior ~ KANJI - 東京                                                                                                                                                                                 もっと見る

http://www.pinterest.com/joliesarts/ ∗ »☆Elysian-Interiors ♕Simply divine #Interiordesign ~ Chinese ~ Asian ~ interior ~ KANJI - 東京 もっと見る もっと見る

カルピス                                                                                                                                                                                 もっと見る

カルピス もっと見る もっと見る

コイケヤ プライドポテト

ひとみおばあちゃん(志村けんさん)初プロデュース 4つのムーチョ混ぜちゃっただョ〜 「カラムーチョチップス 奇跡のミックス味」 発売 1枚に4つの味が全員集合!

YUTAKA PHARMACY | KARAPPO Inc.

KARAPPOはグラフィック・ウェブ・インタフェースなどを中心に、デザイン及びコンサルティングを行う会社です。企業やショップ、各種プロジェクトのアートディレクション、印刷物やサイン等のアナログメディアから、ウェブ、アプリなどのデジタルメディアまで、様々な分野を横断し、企画、デザイン、制作に取り組んでいます。