黒楽茶碗 銘「あやめ」    作者	長次郎 時代	桃山時代(16世紀後期)     黒楽茶碗 銘あやめ くろらくちゃわん めい あやめ…

黒楽茶碗 銘「あやめ」 作者 長次郎 時代 桃山時代(16世紀後期) 黒楽茶碗 銘あやめ くろらくちゃわん めい あやめ  千利休の高弟南坊宗啓が著した『南方録』によると、天正15年(1587)五月中に利休は「茶碗 黒 渓蓀」を3回用いているが、本図の茶碗はそれにあたるものと推測されている。外箱蓋表に「あやめ 長次郎作 旦(花押)」、内箱蓋表に「長次郎焼 茶碗」と宗旦が書き付けている。同じく長次郎作の茶碗「まこも」の中箱に、久須美疎安が「あやめハ千宗守ニ有之」と記しているので、「あやめ」は、宗旦から一翁宗守、さらに官休庵に伝わったと思われる。後に永楽善五郎の所持となり、草間伊兵衛に譲られた。「大黒」や「俊寛」の形式とも違った独特の作行きの茶碗で、侘びの趣きの深い名碗の一つである。全体がかなり厚手に成形されており、胴にわずかにくびれがつけられていて、肌の起伏に言い難い趣きがある。高台は小振りで低く、高台内の兜巾は渦がなくおとなしい。畳付には目跡が5つ残っている。黒釉には長次郎焼特有の黄褐色のかせがむらむらと現れていて、いかにも古色蒼然とした趣きである。見込みはいちだんとかせており、いわゆる茶溜りはないが、かなり深く削り込まれている。釉がかりも厚いようで、内外に幕釉のように見えるところがある。長次郎外七種の一つ。仕覆は利休間道が添っている。 作者 長次郎 時代 桃山時代(16世紀後期) サイズ 高8.9 口径10.2 高台径4.6

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「七里」(五島美術館蔵)

数寄者手帳 本阿弥光悦|freemlより 銘「七里」五島美術館蔵 光悦七種のひとつ 光悦らしさに溢れた逸品。口縁部の正面は切ったように直線になっており。胴も下辺も直線を強調しています。胴上部には釉抜けがありノンコウの釉薬部分と好対照になっています。同じ形状の赤楽「李白」に似ていますが高台は大きいです。

本阿弥光悦(1558-1637)作 白楽茶碗 銘「冠雪」(個人蔵)。

本阿弥光悦(1558-1637)作 白楽茶碗 銘「冠雪」(個人蔵)。 もっと見る

本阿弥光悦 雨雲

上野の森で見た展覧会で忘れられないのが、2008年の大琳派展です。 尾形光琳生誕350年を記念して「大琳派展」が、東京国立博物館(平成館)で開催されまし...

赤楽茶碗No.37 赤楽茶碗 銘「湖月」 五島美術館蔵 ほとんど白楽、といってもいいくらい赤みの抜けた赤楽茶碗。これも長次郎作らしく、如心斎の極めがついています。作風としては4、「太郎坊」や9、「獅子」と同じ歪みのない静かな造形です。それにしても驚かれるのが、まるで萩茶碗のごとき貫入(茶碗表面の細かいひび割れ、井戸茶碗の特徴)であります。私はこれを萩茶碗だとして紹介されても納得してしまうでしょう。また胴には二本のくびれもついています。

赤楽茶碗No.37 赤楽茶碗 銘「湖月」 五島美術館蔵 ほとんど白楽、といってもいいくらい赤みの抜けた赤楽茶碗。これも長次郎作らしく、如心斎の極めがついています。作風としては4、「太郎坊」や9、「獅子」と同じ歪みのない静かな造形です。それにしても驚かれるのが、まるで萩茶碗のごとき貫入(茶碗表面の細かいひび割れ、井戸茶碗の特徴)であります。私はこれを萩茶碗だとして紹介されても納得してしまうでしょう。また胴には二本のくびれもついています。

黒樂茶碗 銘 大黒(おおぐろ)

黒樂茶碗 銘 大黒(おおぐろ) 初代 長次郎|桃山時代(十六世紀)|重要文化財|個人蔵 今回メインの長次郎茶碗。利休の関わる長次郎茶碗を7碗集めた「利休七種」と冠される7つの茶碗、「大黒」はその筆頭ともいえる。利休の侘び茶の真髄を表し、長次郎茶碗随一と謳われている。深い存在感、静かな佇まい、小さな茶碗が宇宙を支配する。まさに「茶碗の中の宇宙」を表す茶碗。

「無一物」 穎川美術館蔵 初代 長次郎(1516-1592)作 赤楽茶碗 銘「無一物」(桃山時代、口径11.2cm/高8.5cm/高台高0.7cm/同径5.0cm、重要文化財)。赤褐色軟質陶胎の短円筒形で低い高台を付す。縁は内反りに薄めの丸縁で、下方に従って肉厚となり底が部厚く、内外全面に低火度の赤楽釉をかける。黒楽茶碗「大黒」とほぼ同態の作調。素地・釉調から天正年間後期の作と認められ、長次郎赤楽茶碗の代表作。茶道史上、陶磁史上においても桃山時代における重要な作例で、松平不昧公所持の中興名物として古来著名な名碗。

赤楽No.2「無一物」 穎川美術館蔵 初代 長次郎(1516-1592)作 赤楽茶碗 銘「無一物」(桃山時代、口径11.2cm/高8.5cm/高台高0.7cm/同径5.0cm、重要文化財)。赤褐色軟質陶胎の短円筒形で低い高台を付す。縁は内反りに薄めの丸縁で、下方に従って肉厚となり底が部厚く、内外全面に低火度の赤楽釉をかける。黒楽茶碗「大黒」とほぼ同態の作調。素地・釉調から天正年間後期の作と認められ、長次郎赤楽茶碗の代表作。茶道史上、陶磁史上においても桃山時代における重要な作例で、松平不昧公所持の中興名物として古来著名な名碗。


その他のアイデア
Black Raku tea bowl named “Kôtô” authenticated by Genpaku Sôtan,ex-collection of the Raku family

財団法人樂美術館は樂焼の美術館として1978年樂家に隣接して設立。所蔵品は約900点、樂家14代樂覚入によって寄贈された樂家に伝来する樂歴代作品と茶道工芸美術、樂家文書資料であります。樂歴代はこれらを創作の糧としてを学び、伝えてきたものであります。

Raku de Chōjirō (?-1589) (© Musée du Raku de Kyōto)

財団法人樂美術館は樂焼の美術館として1978年樂家に隣接して設立。所蔵品は約900点、樂家14代樂覚入によって寄贈された樂家に伝来する樂歴代作品と茶道工芸美術、樂家文書資料であります。樂歴代はこれらを創作の糧としてを学び、伝えてきたものであります。

本阿弥光悦 Hon'ami Koetsu / Kuro-Raku style teabowl 'Shigure'  17th century

  お彼岸参りに出かけた弟のところで、名古屋の知人から贈られたという図録を見せられました。「茶人のまなざし 森川如春庵の世界」と題した300ページ大判の分厚い図録です。  名古屋市博物館が、開館30周年を迎えて、記念事業としての特別展です。  茶道の世界には遠いので、この中京地...

【琳派400年記念】本阿弥家・尾形家の血脈を受け継ぐ 「樂歴代 装飾への荷担・抑制と解放」展 | 京都で遊ぼうART

Black Raku tea bowl by Chojiro (1500′s)

Sen no Rikyū (1522–1591) is considered the most influential figure on the Japanese way of tea, particularly the tradition of wabi-cha (tea of simplicity and sincerity). He considered the ritual of preparing and serving tea an opportunity to experience the essence of life, a moment to transcend everyday reality and be absolutely present with yourself and others.

[Omote senke] utensils: Black Raku tea bowl; Kamuro. [表千家不審菴]茶の湯の道具:長次郎作黒茶碗 禿(かむろ)

132

茶道具というのはあまり体系化がされていないせいで、このお焼きの名品はなんだとか、どれくらいの数えるとかいう情報が全く得られないのが残念です。けっこう個人蔵のものが多いので仕方ないといえば仕方ないですが、私はそういうことをやってみたいなぁとひそかに思ってま

黒樂茶碗 銘 俊寛(しゅんかん)  初代 長次郎|桃山時代(十六世紀)|重要文化財|三井記念美術館蔵  この「俊寛」にも故事来歴がある。利休が九州の弟子に長次郎の茶碗をいくつか見せて選ばせたところ、この黒茶碗を選んだという。もちろん利休がそのとき最も好んだ茶碗であったが、利休は、九州鬼界ヶ島に流された俊寛に例えて「この黒茶碗は、俊寛僧都よな」とつぶやいたという。箱表に貼り付けられた小さな紙札に書かれた「俊寛」の字は利休自筆という。

見どころ | 茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術

RAKU WARE | Raku Museum-Collections:Hon'ami Kôetsu (1558 ~ 1637)  Black Raku tea bowl named “Murakumo” The mouth is curved outward, the black glaze applied with deliberate irregularity around the mouth and the area of the body to show the red clay texture underneath. It is representative of Kôetsu's tea bowl.

財団法人樂美術館は樂焼の美術館として1978年樂家に隣接して設立。所蔵品は約900点、樂家14代樂覚入によって寄贈された樂家に伝来する樂歴代作品と茶道工芸美術、樂家文書資料であります。樂歴代はこれらを創作の糧としてを学び、伝えてきたものであります。

082

茶道具というのはあまり体系化がされていないせいで、このお焼きの名品はなんだとか、どれくらいの数えるとかいう情報が全く得られないのが残念です。けっこう個人蔵のものが多いので仕方ないといえば仕方ないですが、私はそういうことをやってみたいなぁとひそかに思ってま

Pinterest
検索