クローゼットを書斎に

Janet Perry: Walk-in Closet to Home Office

4.5畳の部屋、使いこなせていますか?物置や洗濯物を干すスペースになっているのをよく見ますが、それはとてももったいないです。4.5畳は確かに狭いけれど、アイデア次第で幾通りもの使い方が可能ですね。4.5畳の部屋のレイアウト事例をみてみましょう。 もっと見る

書斎事例:明るい書斎コーナー(『矢来の家(減築)』過去の記憶や温もりを残す減築リフォーム)

都心に建つ古い家を、過去の記憶を残しながら「減築」した、庭のある夫婦二人のための住宅です。 東京都新宿区の古くからの住宅地。親の代からの持ち家である築50年程の住宅にくっついて築40年程のアパートが増築された木造2階建ての建築に、若いご夫婦が住んでいました。「古い住宅と増築されたアパートをリフォームして、家族二人と猫二匹が住みやすい家にしたい。」とのご希望をかなえるため、現地を拝見し案を練りました。 考えた末、DKとして使われていた味はあるが大分痛んできてもいた古い部分を思い切って「減築」し、そこに緑を沢山植えて庭とし、築40年程の主にアパートだった部分をリフォームすることにしました。 1階を土間、2階を板間として、階段と吹抜けでつなぎ家全体を一体の空間としました。構造上のバランスを考えて一部の窓を塞ぎ壁にしましたが、残した窓を取り換える事はせず、古い健全な柱や梁は極力残し表に見せました。…

日本山梨県立富士湧水の里水族館 森の中の水族館 - 「床に照らされた魚の影絵がかわいい!」

日本山梨県立富士湧水の里水族館 森の中の水族館 - 「床に照らされた魚の影絵がかわいい!」 #мебель #дом #Рэнджи

シンプルながらもアクセントウォールがとても素敵なお家。これから新築を建てられる方には北欧感漂う和室インテリアの参考になりますね。

シンプルながらもアクセントウォールがとても素敵なお家。これから新築を建てられる方には北欧感漂う和室インテリアの参考になりますね。 もっと見る

建築家:須藤剛/ツドウデザインスタジオ「家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション)」

狭いからこそ落ち着く!書斎は大人の秘密基地

部屋の仕切りを引込戸とすることで、通風や採光を確保しながら、回遊性の高い空間に変えました。 将来、家族の変化に応じて2部屋に仕切ることが出来る寝室、LDKと一体で使える部屋を設けて、簡単に間取りの変更ができます。 収納や水廻りが入った箱を緩やかに配置して回遊性があってすべての部屋が緩やかにつながる、家族の成長とともに変化できる自由な家です。 専門家:須藤剛が手掛けたマンションリフォーム・リノベーション事例:家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション)のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

鬱悶 …

自宅での仕事や調べ物をするのにも、環境は大切です。十分なスペースがない、収納がないという状況では効率もあがりません。仕事環境を整えることは、成果アップにも直結するもの。そんな環境を支えるオフィスデスクの選び方やおすすめ製品を紹介します。

書斎/ワークスペース/パソコンスペース/インテリア/注文住宅/施工例/ジャストの家/study/work space/interior/house/homedecor/housedesign

家事デスク

書斎 - Google 検索

書斎 - Google 検索 もっと見る

Nice natural furnishings in a small but airy open living/dining room // リビング・ダイニング

株式会社アネストワンの投稿記事:「子供の成長を見守れる、回遊式キッチンの家」です。1975年築のヴィンテージマンションをリノベーション。 細かく仕切られていた3LDKの間取りを一新し、キッチンを中心に回遊できる住まいに。 光と風を通す、開放的な空間へと生まれ変わった。 無垢の床や漆喰の壁など自然素材をふんだんに使った空間に、オリーブグリーンに調色した漆喰のアクセントウォールや、ブルーのリビング扉と小窓がアクセントとなっている。 「家族が常に一緒に居られる空間の家が理想だった」という建て主。 どこにいても家族と繋がる住まいとなり、お子様の成長を見守りながら明るく楽しい日々を過ごしている。


その他のアイデア
Pinterest
検索