多肉植物

18 Pins
 · Last updated 8mo
there is a small cactus in the pot
【サボテンの育て方】水やりや植えかえ、増やし方などを解説!上手に行うポイントは?
今回はハイポネックスWebマガジン【Plantia】より、 『【サボテンの育て方】水やりや植えかえ、増やし方などを解説!上手に行うポイント』をご紹介します❗️ 詳細は画像下の詳しく見るからご覧下さい😊 ✨PCの方はこちらから↓ https://www.hyponex.co.jp/plantia/plantia-5363/ 📖ハイポネックスWebマガジン【Plantia】▼ https://www.hyponex.co.jp/plantia/
an advertisement for a planter with succulents on the front and side
【食虫植物】【ハエトリソウ(ハエトリグサ)】の失敗しない育て方をご紹介します!!✨
そこで今回は、ハイポネックスWebマガジン【Plantia】より、 【食虫植物】【ハエトリソウ(ハエトリグサ)】の捕食の仕組みや水やり方法など失敗しない育て方✨をご紹介いたします!!😊 詳細は画像下の詳しく見るからご覧下さい。 PCの方はこちらから↓ https://www.hyponex.co.jp/plantia/search/19939 ▼ハイポネックスWebマガジン【Plantia】 https://www.hyponex.co.jp/plantia/
there are many small cactuses in the trays with words written in english and chinese
【多肉植物】【リトープスの育て方】栽培や水やりの方法は?脱皮する時期の管理についてもご紹介!
リトープスはコロンとした見た目と、生長過程が特徴的です。年に1度外側の葉がしおれていくのと同時に、中から新しい芽が生長してくるのです。その姿は脱皮しているかのようで、生長過程を楽しめます👍また白や黄色・ピンクといった花を咲かせることもありコロンとした見た目と可愛らしい花のバランスが愛嬌たっぷりです✨ 初心者でもコツさえつかめば比較的育てやすさのあるリトープスについて、日当たり水やり土作りといった基本情報から、植え替えや増やし方まで、初心者の方にも分かりやすくご紹介します✨ そこで今回は、ハイポネックスWebマガジン【Plantia】より、 【リトープスの育て方】栽培や水やりの方法は?脱皮する時期の管理についてもご紹介!😊 詳細は画像下の詳しく見るからご覧下さい。 PCの方はこちらから↓ https://www.hyponex.co.jp/plantia/search/19925 ▼ハイポネックスWebマガジン【Plantia】 https://www.hyponex.co.jp/plantia/
a small green plant in a brown pot
【多肉植物】 【ハオルチアの育て方】植え替えや水やりのコツをご紹介!
近年人気を博している「ハオルチア」は、 品種によってはブドウの実のようにぷっくりしているものもあれば、 アロエのように葉がとがったものもあります😲 同じハオルチアでも全く姿が違うので、見る人を楽しませます🥰 春秋型の多肉植物で、育てるのには少し中級者向けですが、 室内で管理していればそれほど難しくはありません! 日陰にも強く、初めて育てる方にもおすすめです👍 今回は、ハイポネックスWebマガジン【Plantia】より、 ハオルチアがどんな植物なのか、ハオルチアの育て方、 植え替えや水やりの方法などについてご紹介します。 ぜひチェックしてみて下さいね😉 詳細は画像下の「詳しく見る」からご覧下さい。 PCの方はこちらから↓ https://www.hyponex.co.jp/plantia/search/19227 ▼ハイポネックスWebマガジン【Plantia】 https://www.hyponex.co.jp/plantia/
an advertisement for a planter with succulents in it
センペルビウムの育て方
センペルビウムは、耐寒性に優れた多肉植物です🌵葉がロゼット型で花が咲いたような形をしています。 多肉植物の中でも華やかな見た目をしていて、男女問わず人気があります✨ 見た目は同じロゼット型の葉をもつエケベリアと似ていますが、エケベリアと違い葉が薄くて硬いです。 今回は、ハイポネックスWebマガジン【Plantia】より、センペルビウムの基本的な育て方や増やし方、植え替えなどについて詳しくご紹介いたします👍
多肉の世界「ダルマ緑塔」
本日ご紹介する 多肉植物🌵は 『ダルマ緑塔』です。 多肉植物をご紹介する【succlents_world 多肉の世界】 - 植物とあなたをつなぐPlantia- ▼ https://www.hyponex.co.jp/plantia/keyword/succlents_world
a close up of a plant with japanese writing on it
【多肉植物】 【エケベリアの育て方】植え替えなどポイントをご紹介!
葉っぱをロゼッタ状に連ね見た目が美しい「エケベリア」は、多肉植物の中でもとても人気が高い植物です。見た目の美しさから繊細なイメージを抱き、育てるのが大変だと考えている方も多いようですが、エケベリアは比較的育てやすい多肉植物です。
多肉の世界「パンクチュラータ」
ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物のクラッスラ。「金のなる木」といえば代表的なクラッスラですのでイメージしやすいでしょうか。 形も種類も実に様々なクラッスラ。背丈が高いものが多く、傾向としては冬も強いので、寄せ植えにもピッタリの多肉植物です。
多肉の世界「マサイの矢尻」
セネシオ属は様々な姿形がありますが、寒さや暑さにも強く、また水分不足の状態もシワシワ感の見た目で分かりやすい、比較的初心者でも育てやすい品種です。 「グリーンネックレス」の様に垂れ下がって育つ品種や、葉の形が三日月型や矢尻型など個性的な品種が多いです!
多肉の世界「クロスビー」
ツルボラン科アロエ属の『クロスビー』。よく見かけるアロエと少し違い、トゲが少し多く白い斑点模様が可愛らしいアロエです。 多肉植物なので、水分や栄養をしっかり肉厚な葉に閉じ込めており、水やりも簡単です。主に緑色がほとんどですが、日光を当てすぎると稀に赤褐色のような色に変化する場合もあるようです。 あえて日光に当ててオリジナルの赤いクロスビーにしてもオシャレになりますね。価格もお手頃な値段なので、アロエを育てたい初心者の方でも気軽に育てられます。
多肉の世界「セトーサ」
ベンケイソウ科エケベリア属の『セトーサ』。多肉植物の中でも種類が多いエケベリア属ですが、その中でもちょっと特徴的な、白いモサモサとした毛を生やします。 エケベリア属ならではの葉数の多さとコロンとした形に、さらに産毛を生やすので見た目が可愛らしく、育てている方はもう溺愛です。育て方は少し気を遣いますが、愛着が湧いて来ますよ。
多肉の世界「ミセバヤ」
ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属の『ミセバヤ』。日本原産の多年草の多肉植物です。日本原産の品種で、全国的に自生している姿を見たことがある方もいらっしゃると思います。 一つ一つの葉が丸くて小さく、葉のフチは赤みががっており、とても可愛らしい植物です。成長していくにつれて、上には伸びずに下にうなだれるように伸びていきます。 和名で「見せたい」の古語が変形した呼び方とも言われております。
多肉の世界 「ロンボピロサ」
グレーの葉肉に葉先にかけて三毛猫のような赤褐色の模様が入っており、石のようにも見える『ロンボピロサ』。フリル状の形がキュートです。別名「扇雀」「姫宮」とも呼ばれています。 確かに扇のような見た目ですね。ベンケイソウ科の中ではわりと珍しい成長が遅い種類だそうで、成長してないんじゃないか?ちゃんと育っているのだろうか?と心配になりそうです。 気長に育てるのが好きな方にオススメですね。
多肉の世界「高砂の翁」
『高砂の翁(たかさごのおきな)』はひらひらとした見た目とボリューム感があり、ブーケのような見た目が華やかな多肉植物です。面白いことに名前に翁というだけあり、育てている方はお爺ちゃんと呼んでいる方が多いです。 『高砂の翁』は綴化(てっか)という成長点が帯状に繋がる現象が起きます。この綴化が起きると通常よりも葉の形が細かく葉数もかなり多くなり、また別の品種のようにモサモサとした形に育ちます。芽挿しをしてそれぞれ違う形に育てるのも楽しいです。
多肉の世界「覆輪万年草」
『覆輪万年草』は細長い葉がこんもりと育つ多肉植物です。葉の縁が白っぽく縁取られており、全体的にシャビーな色合いです。少し上品な落ち着いた見た目ですので、部屋にも馴染みやすです。 『覆輪万年草』は何種類かあり、細長い形の「姫笹」、葉が丸い「覆輪丸葉万年草」などがあります。小さいうちは真っ直ぐですが、成長していくとどんどん増えていき、鉢やポットを包み込むほどこんもりと育ちます。