nakano: “mohariza07メモ : アイヌの刺繍文様 ” アイヌ模様

nakano: mohariza07メモ : アイヌの刺繍文様 アイヌ模様 More

"Embroidery" from Yanaga Hokkaido Museum. Ainu "matanpushi" - headband

弥永北海道美術館 2.アイヌ民族資料から「刺繍」

アイヌの女性(明治10年代)

「タマサイ」と「シトキ」はアイヌ民族の宝物(イコロ)の一つで、儀式で正装する際に女性の胸に飾られていました。また、熊祭りの時に熊の首にかけられた記録も残っています。 江戸時代に黒龍江(アムール川)下流域と樺太(サハリン)で行われた山丹交易で、アイヌ民族が「サンタ」と呼んでいたウリチ族を主として、ニブヒ、オロチ族などから

An Ainu-Giliak (shaman) from the village of Agnevo near the post of Due, Sakhalin, ca. 1890s attr. to Innokentii Pavlovskii

An Ainu-Giliak (shaman) from the village of Agnevo near the post of Due, Sakhalin, ca. 1890s attr. to Innokentii Pavlovskii

The traditional religion of the Ainu has also virtually disappeared — only the ceremonial worship of bears remains, and that’s largely a tourist attraction.

ミステリアスな日本の絶滅しつつある少数民族アイヌ民族の奇妙な習慣をご覧下さい。アイヌ民族には女性の唇に刺青を彫る習慣があり、精霊信仰の一つであったと言われて居ますが日本の和人との同化政策及び、和人からの激しい差別によりこの習慣は消え、アイヌ人の人口も保々

Pinterest
検索