When autocomplete results are available use up and down arrows to review and enter to select. Touch device users, explore by touch or with swipe gestures.

おすすめ

100 Pins
 27w
Collection by
Similar ideas popular now
Low Sugar Diet
Liver Cleanse
こんにゃく米を食べてみた感想をブログで詳しく書いています。😀 今回食べたのは「マンナンヒカリ」です。 マンナンヒカリと白米を1対1で混ぜて炊きました。炊き上がったご飯は、白米だけで炊くよりも、白っぽいご飯です。🍚 こんにゃく米「マンナンヒカリ」は、匂いは特になく、普通のご飯と変わりなく美味しく食べることが出来ました。😆 普通のご飯とは少し違い、マンナンヒカリは、軽めの優しい柔らかい食感です。 おにぎりにして食べてみましたが、美味しく食べられます。🍙 マンナンヒカリの冷凍ご飯をチャーハンにして食べてみましたが美味しかったです。😋 こんにゃく米「マンナンヒカリ」のメリット ・カロリーオフ&糖質オフ ・食物繊維が米より豊富 ・美味しい こんにゃく米は、置き換えダイエットのひとつとして、充分に機能すると私は感じました。 ダイエット中も、美味しいご飯を我慢せずに済むみます。😆 マンナンヒカリは、お値段が安いので、毎日の食費にあまりひびかないと思います。💰 置き換えダイエット何度も挑戦してみたけれど、上手く行かないという方に試してほしいです。😆 Oatmeal, Grains, Rice, Breakfast, Food, The Oatmeal, Morning Coffee, Rolled Oats, Essen
INNOCECTは、こおろぎの粉末を配合したプロテインです。 こおろぎプロテインを実際に飲んだ感想をブログで口コミしています。 味はココア味で、とても美味しいです。程よい甘さで、後味も残りません。 オーツミルクに混ぜて飲みましたがコクがあって美味しかったです。 もちろん、水と混ぜても美味しいです。 今、昆虫食が、次世代の動物性たんぱく質の代替タンパクとして注目されています。 なぜ、わざわざ昆虫を食べるのか?そう思いますよね。 世界の人口が増え、中流階級の人が増え、動物性たんぱく質を摂取する人が増えました。 その結果、従来の食肉の生産では、その供給に間に合わなくなる恐れが出てきています。 その上、牛や豚、鶏を飼育する時に出るCO2排出量も問題になっています。 昆虫の飼育は、牛や豚、鶏に比べ、環境の負荷が低く、栄養が高いです。 中でもこおろぎは、牛の3倍のたんぱく質を含みます。 狭いところでも育ち、成長が早い、雑食で飼料を選ばない、飼育が簡単などが、こおろぎに注目が集まっているポイントです。 ブログではさらに詳しい情報を公開しています。 Protein, Plates, Chocolate, Tableware, Licence Plates, Dishes, Dinnerware, Griddles, Tablewares
BMモイストセラムGFは、フラーレンを高濃度に配合したエイジングケアにおすすめの美容液です。 BMモイストセラムGFを使った私の口コミレビューをブログで詳しく書いています。 使用感は、他のヒト型セラミド配合の美容液に似ています。 少量でも伸びが良く、セラミドの油分で、お肌がしっとり滑らかに潤います。 グリセリンフリーなので、ニキビ肌の方にもおすすめです。 使い方は、朝と夜の1日2回、洗顔後、化粧水でお肌を整えてから、美容液を付けます。 肌表面はベタベタしないのに、しっとり感があります。 フラーレンが多く配合されているので、毛の健やかさに効果があり、お顔のお手入れ以外にも、頭皮ケアやまつ毛ケアなどにおすすめです。 1本で2カ月くらいは持つので、コスパも良いです。 これだけのエイジングケア成分を、種類も多く、高濃度に配合しているので、実感力も違いますし、値段もお安いと思います。 主役級の美容成分:ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体、ヒト型セラミド、ナイアシンアミド、α-アルブチン、ヒアルロン酸Na、アーチチョーク葉エキス、ユビキノン、レスベラトロールなど Soap, Bottle, Flask, Bar Soap, Soaps, Jars
クレンジングオイルで肌荒れしたことはありますか? クレンジングオイルは、クレンジングの中でも洗浄力が高いです。 クレンジングオイルで肌荒れする原因を4つ考えてみました。 1.アレルギー反応 クレンジングに使われている成分がお肌に合わないのが原因で、肌荒れすることがあります。 2.気温と湿度 気温や湿度が低いのが原因で、乾燥による肌荒れをおこすことがあります。 3.摩擦 クレンジングを使うときにゴシゴシこすって洗う摩擦が原因で、お肌にダメージを与えてしまうことがあります。 4.オイルの脱脂力 クレンジングオイルの洗浄力が強すぎて、お肌の乾燥による肌荒れがおこる場合があります。 クレンジングは、メイクの濃さで使い分けることをおすすめします。 お肌が弱い方は、メイクを軽めにして、洗浄力が弱いクレンジングで洗うと良いですよ。 肌が弱いけれど、どうしてもクレンジングオイルを使いたいという方は、油脂系のクレンジングオイルがおすすめです。 ブログでは油性成分の見分け方についても書いています。 お肌が弱い方でも大丈夫なクレンジングをブログでご紹介しています。ぜひ遊びに来てくださいね。 Cleansing Oil, Cleanse, Plants, Plant, Planets