Kaho Aoyagi
Kahoさんの他のアイデア
菊地敦己展 リクルートの2つのギャラリー

菊地敦己展 青森県立美術館のVI計画や、「サリー・スコット」「ミナ ペルホネン」のブランド計画、雑誌『「旬」がまるごと』や『装苑』のエディトリアルデザインなどを手がける、アートディレクター/デザイナーの菊地敦己。美術大学の彫刻科在学中から、コンテンポラリーアートのプロデュースやグラフィックデザインの仕事を始め、早くからアートとデザインの世界に関わり、「芸術と社会」を見つめた独自の活動を続けている。 本展は、“Creation Is Free. Production Needs Fee.”と題し、特設ウェブサイトとギャラリーの二会場構成で開催する。ウェブサイトでは、色やサイズなどをカスタマイズできるデザインオブジェクトのデータが、ダウンロード可能な状態で公開される。一方、ギャラリーでは、実際にそれらのデータを使用したポスター(作品)とTシャツ、ノート、マグカップ、トートバッグ、マッチなどのグッズ(商品)が展示される。また、会場内の展示物はすべて購入が可能である。

[F]お店などでよく見かける立体的な紙、作り方が載っている本があるので一度作ってみたい

[F]お店などでよく見かける立体的な紙、作り方が載っている本があるので一度作ってみたい

サリー・スコット表参道店にて、ポストカード展                                                                                                                                                                                 もっと見る

ポストカード 展示 - Google 検索

作品画像

彦坂木版工房が手がけた、木版画による装画やパッケージなどの作品のページです