和モダンの家 古民家とイタリアの融合 アーキッシュギャラリー

和モダンの家 古民家とイタリアの融合 アーキッシュギャラリー もっと見る

春と秋は障子を開け、夏と冬は閉めて部屋の温度を調節する。11歳の2匹のビーグル犬がドッグベッドでのんびりと昼寝。奥様の里江さんとは犬が縁で知り合ったそう。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

ルーカス・B.B.さん 『築70年の日本家屋で営む、ボーダーレスなライフスタイル』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-

古い街並みや路地裏に入ると、まるで時が止まったような空間を目にすることがありますよね。築何十年も経つ古民家(日本家屋)が、リノベーションによって、生まれ変わったという話もよく耳にします。そのブームから派生するかたちで、日本の古い伝統家具も見直されてきているように思います。今回は和家具と日本の伝統インテリアの素敵なお部屋

古民家

フローリングのお部屋も増えましたが、畳はやはり落ち着きますよね。畳は日本で昔からあるもので、通気性もいいし、柔らかさもあって、温かみもある。一部屋は和室がほしいという方が多いです。畳の部屋というと古いイメージがありますが、日本らしさを生かした部屋、モダン風、個性がある部屋など色んなタイプのお部屋があるんです♪自分に合う

ルーカス・B.B.さん 『築70年の日本家屋で営む、ボーダーレスなライフスタイル』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-

ルーカス・B.B.さん 『築70年の日本家屋で営む、ボーダーレスなライフスタイル』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-

ルーカス・B.B.さん 『築70年の日本家屋で営む、ボーダーレスなライフスタイル』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-

ルーカス・B.B.さん 『築70年の日本家屋で営む、ボーダーレスなライフスタイル』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-


その他のアイデア
Pinterest
検索