柿渋を塗った杉板の床。長い縁側の奥にはピエール・ガリッシュのソファ。青い色が和の空間に映える。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

建築家:渡辺貞明建築設計事務所「懐かしい新しさをつくる 和のリノベーション(木造1戸建てリノベーション)」

古民家を自分の住まいにリノベーション!

建築家:渡辺貞明建築設計事務所「懐かしい新しさをつくる 和のリノベーション(木造1戸建てリノベーション)」 もっと見る

デザインも間取りもシンプルに。家族がつながる白い家

デザインも間取りもシンプルに。家族がつながる白い家 もっと見る

物を持たないシンプルな暮らしは、身の回りを整理するだけでなく、心の中もスッキリと解き放たれてゆとりを持つことができます。物への執着を無くし、本当に必要な物は何なのか、自分が本当に好きな物だけに囲まれて暮らす、それがミニマリストの暮らし方です。 いきなり全てを捨てる必要はありません。少しずつ、自分に合った方法で持たない暮らしを楽しんでみて下さいね。

物が少ないと居心地がいい!「持たない暮らし」を始めるための7つのヒント

物を持たないシンプルな暮らしは、身の回りを整理するだけでなく、心の中もスッキリと解き放たれてゆとりを持つことができます。物への執着を無くし、本当に必要な物は何なのか、自分が本当に好きな物だけに囲まれて暮らす、それがミニマリストの暮らし方です。 いきなり全てを捨てる必要はありません。少しずつ、自分に合った方法で持たない暮らしを楽しんでみて下さいね。

スカンジナビアンモダンで演出する北欧インテリア空間まとめ | folk - Part 2

青とグレーの2色で構成された、クールな雰囲気のお部屋。種類の違うラグが敷いてあったり、床に置かれたクッション等で暖かみもあります。 もっと見る

北欧インテリア特有のグレー調にまとめられたベッドルームは、手前に敷かれたストライプのカーペットがスパイスになっています。

こちらも海外のインテリアでよく見かける“ベッドルーム”のウッドベンチ。おしゃれなインテリアとしてはもちろん、身の回りのちょっとした物を置くスペースにも活用できます。スリムなベンチなら場所も取らないので、ワンルームのお部屋にもぜひおすすめです。

椅子を引く 70~80㎝、座る 40~50㎝、後ろを通る 60~90㎝

IDEE SHOP Online ダイニングの選び方デザイン家具 インテリア雑貨:

K様邸 | 長崎家づくり.com

K様邸 | 長崎家づくり.com もっと見る

平屋

マンションガイド, 現代の家屋, ファサード, 男の洞窟, 別荘, バンガロー, エクステリア, 知っています, Modern Bungalow

Pinterest
検索