スニーカー好きとしては、靴の収納って悩みます。 お気に入りのスニーカーが見えるようにずらっと並べたいけど、玄関 […]

靴屋さんに学ぶ、スニーカーマニアのための収納

スニーカー好きとしては、靴の収納って悩みます。 お気に入りのスニーカーが見えるようにずらっと並べたいけど、玄関 […] もっと見る

Edo-Tokyo Open Air Architectural Museum 江戸東京たてもの園

家にこういう空間も欲しい。Edo-Tokyo Open Air Architectural Museum 江戸東京たてもの園 もっと見る

木が活かされたキッチンは、小屋風の家となじむ。

自然との調和を味わう木のぬくもりと手作りの温かさ自然に溶け込む山小屋風の家

五右衛門風呂が夢だった 「別荘に来たみたい、ってよく言われるんです」 と、奥さんのゆかさん。カメラマン雨宮秀也氏の自宅は、都心から遠くない郊外の住宅地の奥まった場所にあり、目の前には豊かな森が広がっている。「木の小屋をイメージした」というその家は、まわりの自然に溶け込むかのような静かでひそやかな佇まいだ。 「もともと知り合いだった建築家の中村好文さんが設計してくれることになり、土地を探したんです。五右衛門風呂を作るのが希望でしたから、住宅の密集していない場所が条件でした」 玄関を入り、通り土間を渡ったその奥にあるバスルームに、鉄製の五右衛門風呂が。毎日、薪をくべて焚くこと30分。それは、雨宮氏の長年の夢だった。 「子供の頃、1シーズンだけ薪風呂を使ったことがあって、自分が風呂を焚く当番だったんです。夕方、焚きながらSFや冒険小説を読みふけっていると、とてもリアルな感覚があった。その時間が今、自分の根本になっている気がするんです。だから、もういちどそういう時間がほしいと思ったんです」…

昭和17年竣工とは思えないモダンさを兼ね備えた家。ル・コルビュジエの弟子であり、上野の文化会館設計者としての顔も・・・上野では師弟の建物が向き合っているという、粋な計らいがいいですね。

Edo Tokyo Open Air Architectural Museum, Japan 江戸東京たてもの園 -- I feel Live I've been there before ...

Good Room.

老公寓的再生,位於瑞典斯德哥爾摩。 老屋經過改造,變成現代、極簡的優雅的空間,設計師引進大片開窗的光線,搭配現代家具,讓公寓變得溫暖起來! via homedit.com


その他のアイデア
Pinterest
検索