KINMATA Ryokan, Kyoto, Japan

『国の登録有形文化財』に登録されましたこの明治の町家のお座敷で、美味しい懐石料理をお楽しみ下さい。

映画めがねの台所 - 京都*Sparkring Life

私がめがねをかけるのは、めったに、ない。視力はまーまー悪いのだけれど、まーまー悪い程度なので普段は裸眼。一応使い捨てコンタクト持ってるけど、使用期限過ぎてるっぽくて放置。めがねは2つ持ってるけれど。そのうちの1つを、こないだ、どっこらしょ!の拍子に踏み潰してしまった。めがね。「め...

篠山城下町ホテル NIPPONIA

NIPPONIAは、各地に点在して残されている古民家を、その歴史性を尊重しながら客室や飲食店、または店舗としてリノベーションを行い、その土地の文化や歴史を実感できる複合宿泊施設として再生していく取組みです。

柿渋を塗った杉板の床。長い縁側の奥にはピエール・ガリッシュのソファ。青い色が和の空間に映える。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

La cocina es casi industrial y sencilla: muchos objetos a la vista o sobre repisas y muebles de madera.

Sencillez y sentimiento

La cocina es casi industrial y sencilla: muchos objetos a la vista o sobre repisas y muebles de madera.

https://ssl-stat.amebame.com/pub/content/8265872137/user/article/unknown/unknown/310660011014918290/ff74b296b358538e1f877f0bc404c91c/uploaded.jpg?option=crop&width=700

uploaded.jpg 700×524 ピクセル

Japanese style

模様替え/古家具/レトロ/ジャンク/平屋/Kitchen…などのインテリア実例 -2015-08-04 16:13:30

女性で、の模様替え/古家具/レトロ/ジャンク/平屋/キッチン…などについてのインテリア実例を紹介。「模様替え後のキッチンです。」(この写真は 2015-08-04 16:13:30 に共有されました)

〈古道具の存在感を引き立たせる〉山田さん一家(夫40歳、妻41歳、長男2歳)築44年(東京都杉並区)・85m²+工事費1300万円=[doux] 「こういう家具をこういう店で買います」。奥様のこの言葉にはじまったリノベーションは、モノを探しながら同時に設計をすすめていくというスタイルに。ほっとできるアンティーク家具を引き立てるアイデアとは?

<br>山田さん一家(夫40歳、妻41歳、長男2歳)<br><strong>築44年(東京都杉並区)・85m²+工事費1300万円=[doux]</strong> <br>「こういう家具をこういう店で買います」。奥様のこの言葉にはじまったリノベーションは、モノを探しながら同時に設計をすすめていくというスタイルに。ほっとできるアンティーク家具を引き立てるアイデアとは?

Pinterest
検索