オリンピック鹿

Collection by Hanerina

35 
Pins
0 もっと見る

中川政七商店(なかがわまさしちしょうてん)公式サイト|通販サイト

特別展 奈良さらし-南都の名産ここにあり- 開催のページです。中川政七商店は奈良で1716年に創業し、手績み手織りの麻織物を作り続けてきました。現在は「日本の工芸を元気にする!」をビジョンに、幅広く生活雑貨を扱い、「遊中川」「粋更kisara」「中川政七商店」などのブランドで全国に直営店を展開しています。

ぼんぼん|歌川国芳|金魚づくし|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

ぼんぼん

ぼんぼん|歌川国芳|金魚づくし|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

Leçons de dessin par la décomposition géométrique / Hokusaï

Leçons de dessin par la décomposition géométrique / Hokusaï

Leçons de dessin par la décomposition géométrique / Hokusaï

Showcase and discover creative work on the world's leading online platform for creative industries.

Telegramme Paper Co. Wildlife Collection

Showcase and discover creative work on the world's leading online platform for creative industries.

効果的にローカルの情報を発信するツールづくりデザイン事例集「地域の魅力を伝えるデザイン」|ローカルニュース!(最新コネタ新聞)東京都 渋谷区|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

デザイン事例集『地域の魅力を伝えるデザイン』。効果的にローカルの情報を発信するツールづくり

効果的にローカルの情報を発信するツールづくりデザイン事例集「地域の魅力を伝えるデザイン」|ローカルニュース!(最新コネタ新聞)東京都 渋谷区|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

酒のざしき

金魚づくしシリーズは、金魚をはじめとする水中の生き物たちを擬人化し、面白おかしく描かれた浮世絵で、国芳が得意としたいわゆる戯画です。本図は、酒宴での席を描いたもので、一匹の金魚が三味線を弾き、それに合わせ踊る二匹の金魚。ひれを巧みに使った仕草になんとも笑みがこぼれます。そしてあきれたカエルの様子も皮肉たっぷりです。いつの時代もお酒の席は陽気で楽しいもののようです。

歌川国芳『東海道五十三次で表されたネコ』(1847)ニューヨーク個人蔵

江戸時代から日本は「にゃんとも猫だらけ」だった(浮世絵)

猫はインターネット上で人気者だ。だが、インターネットの人気猫が現れるよりはるか前から、猫は日本のアートの浮世絵の世界に存在していた。17世紀以降、日本の浮世絵の絵師たちは驚くほどたくさんの猫たちを描いてきたのだ。

歌川国芳「流行猫の曲鞠」

Yahoo!ブログ サービス終了

東京および首都圏にお住まいの皆さん、原宿の「太田記念美術館」をご存知ですか? 以前、日本橋三井記念美術館で開催された「北斎展」を紹介させていただいたが、 今回は、東京で開催中の、猫好き人間にとっては見逃せない「歌川国芳」一門による ネコづく...

国利 Kunitoshi 『志んぱんねこ尽』

『浮世絵:国利『志んぱんねこ尽』』

HPアップしました。国利 Kunitoshi 『志んぱんねこ尽』メールでのお問い合わせはコチラまで→kobijyutsu_morimiya@yahoo.co.…

これは可愛い!十二支がミックスされたかわいい浮世絵 歌川芳虎作

これは可愛い!十二支がミックスされたかわいい浮世絵 歌川芳虎作 : Japaaan

これはかわいい。十二支を1つにまとめてみた歌川芳虎の浮世絵作品。「家内安全ヲ守十二支之図」顔がネズミってところが可愛ゆさを増幅させてますな。…

『鳥獣略画式』 5-1(1797年、北尾政美 画)の拡大画像

『鳥獣略画式』 5-1(1797年、北尾政美 画)の拡大画像|江戸ガイド

『鳥獣略画式』 5-1(1797年、北尾政美 画)の拡大画像

Utagawa Kuniyoshi (Japanese Ukiyo-e Printmaker, ca.1797-1861) / Sosanoo Mikoto, from the series Goldfish (Kingyo Tsukushi)

そさのおのみこと

金魚づくしシリーズは、金魚をはじめとする水中の生き物たちを擬人化し、面白おかしく描かれた浮世絵で、国芳が得意としたいわゆる戯画です。本図は、日本神話に登場する素戔嗚尊(すさのおのみこと)を描いた作品で、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治する場面を描いたようです。戦う素戔嗚尊の足下にいるのは奇稲田姫(くしなだひめ)です。金魚そしてウナギを用いて大変上手く巧みに見立ててある作品です。

Cats drawn by Ukiyoe Masters【猫】浮世絵師たちが描いたネコたち。「浮世絵ねこの世界展」が開催中 - 展覧会情報・写真・デザイン|ADB展覧会情報・写真・デザイン|ADB

【猫】浮世絵師たちが描いたネコたち。「浮世絵ねこの世界展」が開催中

八王子市夢美術館で2018/4/6(金)〜2018/05/13(日)の期間で展覧会「―国芳、広重、国貞、豊国、英泉らが描く― 浮世絵ねこの世界展」が開催中です。 歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉の町詣」や歌川国芳「猫の当字 なまづ

【画像集】 江戸~明治時代に描かれた、猫の浮世絵まとめ 【歌川国芳・歌川 広重・河鍋 暁斎】 : 〓 ねこメモ 〓

【画像集】 江戸~明治時代に描かれた、猫の浮世絵まとめ 【歌川国芳・歌川 広重・河鍋 暁斎】 : 〓 ねこメモ 〓

『人物略画式』6-1(1799年、北尾政美 画)

あの北斎も真似た!200年前の絵師・北尾政美の作品がゆるカワ過ぎて癒される|江戸ガイド

江戸時代の絵師・北尾政美(きたおまさよし)が残したゆるカワ、脱力系作品の数々が200年後のいま再び脚光を浴びています。なんだか癒されるユニークな北尾政美の名作たちをご紹介します。

『諺画苑』2(1808年、北尾政美 画)

あの北斎も真似た!200年前の絵師・北尾政美の作品がゆるカワ過ぎて癒される|江戸ガイド

江戸時代の絵師・北尾政美(きたおまさよし)が残したゆるカワ、脱力系作品の数々が200年後のいま再び脚光を浴びています。なんだか癒されるユニークな北尾政美の名作たちをご紹介します。