SUIT LEGENDS:GIORGIO ARMANI 進化を止めることのない“脱構築”──ジョルジオ・アルマーニ  http://gqjapan.jp/fashion/20161104/suit-legends-giorgio-armani#pages/3

SUIT LEGENDS:GIORGIO ARMANI 進化を止めることのない“脱構築”──ジョルジオ・アルマーニ http://gqjapan.jp/fashion/20161104/suit-legends-giorgio-armani#pages/3

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 あえてショルダーストラップを排した美が際出す「ボストンバッグ」 (W47×H29×D18cm/写真のキャメルの他6色)¥58,000  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/6

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 あえてショルダーストラップを排した美が際出す「ボストンバッグ」 (W47×H29×D18cm/写真のキャメルの他6色)¥58,000 http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/6

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 ポケットを8つ備え機能と美をバランスさせた「トート」 (W41×H29×D14.5cm/写真のグレーの他1色)¥55,000  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/5

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 ポケットを8つ備え機能と美をバランスさせた「トート」 (W41×H29×D14.5cm/写真のグレーの他1色)¥55,000 http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/5

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 すでに定番の風格。ワンハンドルというありそうでなかった新感覚「トート」 (W33.5×H38×D13cm/写真のレッドブラウンの他6色あり)¥45,000  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/1

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 すでに定番の風格。ワンハンドルというありそうでなかった新感覚「トート」 (W33.5×H38×D13cm/写真のレッドブラウンの他6色あり)¥45,000 http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/1

"Hooked On 今月の物欲オールスターズ  BLACK BEAUTY BALLY"		  http://gqjapan.jp/fashion/wardrobe/20161006/hooked-on-161/page/2

"Hooked On 今月の物欲オールスターズ BLACK BEAUTY BALLY" http://gqjapan.jp/fashion/wardrobe/20161006/hooked-on-161/page/2

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 シュリンクさせた革をグラインドして風合いを出した「ボストンバッグ」 (W49×H34×D19cm/写真のネイビーの他1色)¥62,000  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/9

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 シュリンクさせた革をグラインドして風合いを出した「ボストンバッグ」 (W49×H34×D19cm/写真のネイビーの他1色)¥62,000 http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/9

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 軽いうえにたっぷり入り多様な用途を満足させる「バックパック」 (W32×H41×D15cm/写真のマロンの他6色)¥65,000  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/7

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 軽いうえにたっぷり入り多様な用途を満足させる「バックパック」 (W32×H41×D15cm/写真のマロンの他6色)¥65,000 http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/7

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。 アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 ビジネスマンのための基本だがソフトなレザーでファッション性もある「ブリーフ」 (W40×H28×D8cm/写真のブラックの他6色)¥43,000  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/2

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。 アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 ビジネスマンのための基本だがソフトなレザーでファッション性もある「ブリーフ」 (W40×H28×D8cm/写真のブラックの他6色)¥43,000 http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/2

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 左:「ボストンバッグ」(W47×H29×D18cm)¥58,000<aniary> 右:「バックバック」(W32×H41×D15cm)¥65,000<aniary>  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 左:「ボストンバッグ」(W47×H29×D18cm)¥58,000<aniary> 右:「バックバック」(W32×H41×D15cm)¥65,000<aniary> http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags

"In Her Shoes 彼女が持ったあの名品──やっとぼくにも手に入る  TOTE BAG ANYA HINDMARCH"  http://gqjapan.jp/fashion/wardrobe/20161014/in-her-shoes#pages/4

"In Her Shoes 彼女が持ったあの名品──やっとぼくにも手に入る TOTE BAG ANYA HINDMARCH" http://gqjapan.jp/fashion/wardrobe/20161014/in-her-shoes#pages/4

Pinterest
Search