When autocomplete results are available use up and down arrows to review and enter to select. Touch device users, explore by touch or with swipe gestures.

婦人科疾患

11 Pins
 3w
脳は過剰なストレスを受けることによって、視床下部からストレスホルモンと呼ばれているCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)の分泌を促進します。 ストレスを受けると、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンは、脳の下垂体からの性腺刺激ホルモン分泌を抑制されることにより、性腺刺激ホルモンであるFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)は減少し、最終的にエストロゲン、プロゲステロンの分泌が抑制され #不妊症 へとつながります。 もともと排卵するためにはエストロゲンが関係しています。 血液中のエストロゲンが一定量を超えると脳の視床下部からGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)が分泌されます。 さらに血液中のGnRHが一定量を超えると、下垂体からLHが大量に分泌されます。このLHの大量分泌を合図に卵胞から卵子が飛び出し排卵となります。 前述したように、ストレスによってエストロゲンの分泌が抑制され排卵されにくくなり、妊娠した後でもストレス過剰になった場合、プロゲステロン分泌が抑制されていると高温期が維持できなくなり出産に至らなくなってしまいます。 #不妊治療 #体外受精 #人工授精 Movie Posters, Film Poster, Billboard, Film Posters
東洋医学では、更年期障害のことを「経断前後症」、「絶経前後症」と呼んでいます。 中国最古の医学書、「黄帝内経」では、女性は49歳前後になると女性ホルモンが衰退し、任脈と衝脈に血を注ぐことができなくなり閉経するとされています。そのため、更年期障害とは、基本的に腎の病と考えられています。 東洋医学では、子宮のことを「女子胞」、「胞宮」と呼んでいます。 女子胞は、五臓六腑と異なり、その機能においては臓腑の機能を合わせ持つ特殊な器官で「奇恒の腑」として考えられてきました。それは、女子胞が、月経をめぐらすといった腑としての機能を持ちながらも、胎児を宿し育てる機能、言い換えると「臓」としての機能を合わせ持つからです。 女子胞の機能と栄養は、胞宮と直接つながっている衝脈・任脈によっておこなわれています。東洋医学では、この二脈の変調によって婦人病が起こるとされています。例えば生理痛が強い場合は、この二脈に関係する臓腑・経絡を調節する必要があります。臓腑は肝・腎・脾胃が、経脈では任脈と衝脈と呼ばれるものが密接に関係しています。 #鍼灸 #更年期 #更年期障害 #更年期症状 #ホットフラッシュ #のぼせ Menopause, Fitbit Flex