CASE 162 | 大黒柱のある家(兵庫県加古川市) |ローコスト・低価格住宅|狭小住宅・コンパクトハウス | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

風水というと、変なグッズを買わないといけなかったり、細かいルールがあって面倒くさそうなどと思ったりしていませんか?今回は、風水でも1番大切と言われる「玄関」だけに絞った運気アップ術をご紹介。どれも簡単なものばかりで実践しやすいので、ぜひ実践してみて下さいね。

株式会社細川建築デザイン の モダンな 廊下&階段 四万十の家

モダンxミニマルで上質な生活空間を

株式会社細川建築デザイン の モダンな 廊下&階段 四万十の家 もっと見る

_D4A9968.jpg

生駒の家 house in ikoma 土間の吹き抜けを起点に部屋が、 家族がつながる。 施主のご要望は土間があること、家族が一体感を得られるよう、家全体がワンルームのような開放感が欲しいということだった。そこで玄関、土間、階段部分を吹き抜け構造とし、天井高さ6700mmを確保。さらに階段上に土間と同じ幅のガラス窓を施工。大開口で光りを取り込むとともに、コンパクトながらこの吹き抜け空間を起点に、風、光、空気が建物全体に巡っていくように配慮した。この吹き抜けの発想から、梁は一部現しとし、木の構造材の力強さを感じ経年変化も楽しめるようにした。生駒山の造成地ということもあり、防寒対策は必須で、土間、階段部分にはポリカーボネイトの建具を施工しリビングルームの温もりを確保している。リビングと土間部分に床暖房を設置した。キッチンは施主のご要望の業務用。外観は整形な四角形で、シンプルな形状で南北に流れる切妻屋根とした。 丘の上に家がちょこんと座り、景色を眺め、内部の家族を柔らかく包み込む家となった。 ▼詳しいご紹介はコチラ▼ Double height ceiling space at earth floor connects the entire rooms and the family The request of the clients was earth floor, and a spacious open place like studio, as they’d like to feel sense of unity as a family. To meet these needs, entrance, earth floor, and stairs have double height structure, and the ceiling height is set in 6700mm. Furthermore, a glass window is placed above the stair space, and its width is same as earth floor one, so that the sunlight comes in well through that wide open window.  The aim of this design is for wind, natural sunlight, and air to run through the whole area freely and effectively, in this compact house. Because of this design, some parts of the beams appear, so as to enjoy the strength of wood structure, and its grain change as time goes by. As this house is located at a developed land of Ikoma mountain, equipment for cold weather is essential. To have a warm living room, polycarbonate material is used at earth floor and stair space. Floor heating is set at the both earth floor and living floor. As for kitchen equipment, a specific business use model was selected by the client. The exterior shape is square, and simple. Gable roof is placed through north to south. The house is on the hill, looking down over the scenery, wrapping the inside family gently and softly. 〈概要〉 敷地面積|132.26㎡ 延床面積|85.03㎡ 1階床面積:47.41㎡ 2階床面積:37.62㎡ 家族構成|夫婦+子供1人 所在地|奈良県生駒市 用途地域|第一種低層住居地域・ 22条区域 構造|木造 仕上 外部|外壁:ガルバリウム鋼板 内部|床:無垢フローリング材ナラ貼            壁:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上            天井:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上 工事期間|2014年6月〜2015年1月 基本設計・実施設計・現場監理|arbol 照明計画|DAIKO 施工|建築工房アクトホームズ 外構|GREEN SPACE 撮影|下村康典 プロデュース|ザウス株式会社 site area | 132.26㎡ totalfloor|85.03㎡ first floor | 47.31㎡  second floor | 37.62㎡ house member | couple + child address | ikoma-city,Nara JAPAN structure|wood material|outerwall:Galvalume               innerfloor:oak wood wall:EP     top:EP period| June 2014 - January 2015 builder | kenchikukoubou Act homes garden | Green Space photo | Yasunori Shimomura Produce | Zaus INC

建築家:樋口 章「『春風の家』中庭を外玄関に!光を取り込む住まい」

玄関を広くするとこんなに便利です!~広々玄関で快適生活を送ろう~

土地探しから始まったこの家づくり、紆余曲折の上、幅2m奥行20mの専用通路を持つ旗竿敷地を購入することとなりました。 旗の部分もさほど大きいものではなく、アプローチ方向以外は隣家に囲われ、なかなか光を獲得することは困難な条件。 そこで、唯一、光の方向である南東の方向に内部のような中庭をとり、そこに光を集め、各部屋に光を行き渡らせる計画を提案しました。 具体的に1階は、玄関をきちっと設けず、中庭を外玄関とし、1階の居室前をガラスで仕切られた土間を配し、そこから居室へとつながっています。こうすることで、個室群が並ぶ1階でも、窮屈にならず、気持ちいい空間を獲得できました。 2階は、家族が集うリビング、ダイニング、キッチン、ご主人の趣味のロフト、お子さんの遊び場のロフト、すべてを大屋根で覆い、端から端までを見渡せる大空間として、中庭に集まる光を内部に取り込むことに成功しています。 大空間による夏場、冬場の空調負荷を低減するために屋根面には200mm、壁面には105mmのセルロースファイバーを吹き込み、ガラスも熱線反射複層ガラスとすることで、見た目だけではない、隣家に囲われた窮屈な場所とは思えないほどの、心地の良い場所を作り上げることができました。 専門家:樋口 章が手掛けた注文住宅事例:『春風の家』中庭を外玄関に!光を取り込む住まいのページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

via/玄関ホール - HouseNote

ハウスノートは、住まいの写真で人をつなぐ家づくりのソーシャルネットワーク。写真の説明:玄関ドアを囲う窓に映る景色が春夏秋冬で変化します。

坪庭のもみじが迎える玄関ホール(『可児の家』開放感溢れるナチュラルな住まい)- 玄関事例

専門家:後藤耕太建築工房が手掛けた、坪庭のもみじが迎える玄関ホール(『可児の家』開放感溢れるナチュラルな住まい)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)


その他のアイデア
やわらかな光の通るの家・間取り(愛知県日進市) |ローコスト・低価格住宅 | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

やわらかな光の通るの家・間取り(愛知県日進市) |ローコスト・低価格住宅 | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン もっと見る

Japanese interior

安成工務店の施工写真集。 山口・福岡の新築一戸建て住宅を建築する工務店、安成工務店。地域の木や職人の技を生かし、OMソーラーやセルロースファイバーを取り入れた環境共生型住宅の注文住宅を建てています。

Shoes Space

大容量のシューズクローク もっと見る

「積水ハウス シャーウッド 内装」の画像検索結果

Entry space..プライベートテラスがある家 | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

富山県の新築一戸建てとハウスメーカー・工務店を紹介する建築・住宅総合サイトです。

Living

物件詳細 | 実例ギャラリー| 戸建住宅 | 積水ハウス もっと見る

Xuan 关事 example: Gen关 (Past)

この住宅は、西尾市郊外の田舎家が点在する集落の一角。お客さんの家族は夫婦と2人の子供。大正時代より、施主の祖父の代から受け継いだ生家を解体し、新しい家族を田舎へ迎えるべく建てられた、木造2階建ての住宅です。 広い敷地の中には解体した生家とは別に、母親の住む純和風建築の「はなれ」と倉庫があります。  施主からの要望は、「敷地内にある和風建物・和風庭園と調和するようなモダンな住宅」「近所の人が気軽に敷地に入ってこられるように、しかし建物の中のプライバシーは守りたい」この2点でした。  コンクリートの壁に木梁現しの屋根を架けたガレージを和風庭園手前に配置。このガレージがフィルターとなり和風の印象を抑え、古いもの(和)と新しいもの(モダン)との調和を図りました。 この住宅は、(寝室・書斎)、(LDK等の生活空間)、(和室)の3つの棟を渡り廊下で結ぶ構成。 この渡り廊下はただ棟を繋ぐだけでなく、敷地内の「公」と「私」を作り出しています。  玄関・ガレージ・倉庫のある誰でも気軽に訪れることのできるエリアと、棟と棟の間に作られたプライベートな中庭とを、渡り廊下により明確に分けました。  そして3棟のうち和室の棟を、母親の住む「はなれ」に最も近い位置に配置。 和室棟への渡り廊下に足を踏み入れると、昔懐かしい時代が想い起されます。和室の仕上材には、解体した生家に使われていた木材を再利用しました。 洗い、磨き、痛んだ所は切り落とし、大正時代からの柱、梁、無垢一枚板の天井板や無垢一枚板の床板などが現代の和室に蘇ったのです。 そして存在感のある尺角の欅の大黒柱は、製材し、テーブルとして再び和室に佇んでいます。  「はなれ」を含む4つの棟を並べ、古いものから新しいものへと段階的に調和させたこの建物が、昔の時代を次の世代へと伝えるきっかけになればと考えました。 専門家:Akihiko Hirukawaが手掛けた注文住宅事例:温故知新のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

Modern Japanese Entrance - conceito da entrada ser ao lado da escada e não ter que passar por vários comodos como a sala para ter acesso a outros

和風モダンが素敵!住みたくなるオシャレコーディネート事例をご紹介 | iemo[イエモ] もっと見る

Pinterest
検索