花嫁姿にうっとり♡一度は着てみたい世界中の民族衣装まとめ*にて紹介している画像

花嫁姿にうっとり♡一度は着てみたい世界中の民族衣装まとめ*にて紹介している画像 もっと見る

芸妓「富菊」> 大正〜昭和初期の小説家・長谷川時雨の「明治美人伝」によると、"三都歌妓の代表として最も擢 (ぬきんで )ている女であろう" と語られ、京都で最大の花街「祇園甲部」が主催する舞踊公演「都をどり」に度々登場した記録から、その舞は相当のものだったと推測される

謎に包まれた妖艶の芸妓。明治・大正・昭和を生きた「富菊」のオーラが、時代を超えている

謎に包まれた妖艶の芸妓。明治・大正・昭和を生きた「富菊」のオーラが、時代を超えている。 芸妓「富菊」> 大正〜昭和初期の小説家・長谷川時雨の「明治美人伝」によると、"三都歌妓の代表として最も擢 (ぬきんで )ている女であろう" と語られ、京都で最大の花街「祇園甲部」が主催する舞踊公演「都をどり」に度々登場した記録から、その舞は相当のものだったと推測される

http://hk-magazine.com/sites/default/files/u5828/naoko-tsuruta.jpg

http://hk-magazine.com/sites/default/files/u5828/naoko-tsuruta.jpg


その他のアイデア
Pinterest
検索