着回し/Styling Routine

定番アイテムのさまざまな使い方や、着回しアイテムの選び方など見た目と実用性に優れた服とコーディネートのパターンを豊富にラインナップ。
286 Pins
 · Last updated 9mo
気になる新しさを試すなら、頼りになるのは着慣れたシンプルな「黒」で。しかもノースリーブならTシャツ以上に女性らしさや季節感など、アピールできる表情も豊かに。バラエティに富んだスタイリングを披露。
気になる新しさを試すなら、頼りになるのは着慣れたシンプルな「黒」で。しかもノースリーブならTシャツ以上に女性らしさや季節感など、アピールできる表情も豊かに。バラエティに富んだスタイリングを披露。

黒ノースリーブ

2 Pins
ただ女性らしいだけではない。まとうだけで高揚感を得られ、簡単に「雰囲気のある人」へと近づけるスカートに焦点を。表情をもたらす質感。さまになるシルエット。奥行きを生むデザイン。単純な組み合わせでも印象に残り、なりたい姿へ近づける、理想の1着を吟味。
ただ女性らしいだけではない。まとうだけで高揚感を得られ、簡単に「雰囲気のある人」へと近づけるスカートに焦点を。表情をもたらす質感。さまになるシルエット。奥行きを生むデザイン。単純な組み合わせでも印象に残り、なりたい姿へ近づける、理想の1着を吟味。
ただ女性らしいだけではない。まとうだけで高揚感を得られ、簡単に「雰囲気のある人」へと近づけるスカートに焦点を。表情をもたらす質感。さまになるシルエット。奥行きを生むデザイン。単純な組み合わせでも印象に残り、なりたい姿へ近づける、理想の1着を吟味。

サテンスカート

25 Pins
あえてウエストはインせずかぶせて、細身の黒スカートに立体感を演出。パールやローファーなどの小物でラフに着くずしたシャツを少しだけクラシカルにふって。
服そのものに品がそなわっているから、ラフなボト��ムを合わせても手抜きに見えない。おかげでOFFの日さえもそれなり以上に。
ややエッジの効いたデザインデニムをリアルに落とし込むなら、白シャツとの王道な組み合わせの中で進化。抜けのある小物を足して軽やかな印象もアシスト。

白シャツ

19 Pins
メンズライクなカーキのタンクトップに女性らしさと立体感を出すニット合わせ。肩を落として「すべらせる」ように。肌見せありきで気だるくまとうのがコツ。
脇役扱いが多いタンクトプを思い切って主役に抜擢。タックINと肩にかけたスエットで赤の面積を微調整。プレーンな赤に軽さを生むために、デニムはムラのある色落ちしたブルーがベター。ピアスで女っぽさを引き上げ。
タンクトップとワイドパンツ、というごくごく定番なコーディネートも、黒と白の使い方の発想次第で鮮度がアップ。アメスリ仕様のタンクでは「黒でも軽く」を実現できる初夏にいいアイテム。

タンクトップ

37 Pins
シャープな柄のおかげで、適当にはおってもジャケット並みの整え力が。スエットなどラクなパンツと合わせるなら、そでをたくし上げて、ラフに着ると、異なるテイストもまとまる。
ともすると幼くも見えがちな、デニムのオーバーオールには、シャツを中に重ねてきちんと感を意識。淡いカラーストライプなら、清潔感を加えつつ、メンズライクな合わせに少量の華やぎもカバーできる。
直線的に流れる柄にそって細身のスカートでスマートさを追求 リネンスカートのナチュラルな風合いで、カラーストライプの力みを緩和。柄もシルエットもIラインでまとめているから、ヒールに頼らずともスレンダ��ーなルックスに。

カラーシャツ

8 Pins
スレンダーなジレにワイドパンツ。アイテムやシルエットはモードに振っても、ブルーほど冷たい印象にならないパンツの色によって抜けが出て、仕上がりもマイルド。
ふわふわとしたニットを選び、白にも温感を意識。質感と色みの意外性でゆるい上下の単調見えを防ぐ。
ほのかに色づくライトブルーに、黄みのベールをかけるイメージで。ひんやりとしたシャーベットカラーにヴィンテージのような趣が出て「あたたかな寒色」が成立。

着回しやすい褪せた色

10 Pins
https://giseleweb.com/fashion/54443/
使用したアイテムのプライスは画像をタッ��プ
キリッとした白レザーで甘さもラフさも引き締まる 鮮度の高い小物を足して、不変の紺ブレとデニムをアップデート。目を引くピンクのスニーカーや辛口なロゴリング、ガーリーなカチューシャ。一見ちぐはぐなテイストも、心地よい緊張感を持つ白のミニバッグを加えれば、一気に引き締まってまとまりよく。

デニム×ジャケット 「小物だけ変えて」

6 Pins
えりも小さめで1枚でもレイヤードしてもバランスが整いやすいデザ�イン。真っ白で余計な特徴を削いだ、すっきりとシャープに見えるオーバーサイズ。
1枚でも重ねても重宝。 「最優秀」白タンクトップ   「自信が持てるカップつき。重ね着しても1枚でも。ボディをキレイに見せてくれる仕掛けが」(スタイリスト・樋口かほりさん)
透ける心配も不要「スラックスのような美形デニム」 「見た目はいい意味でデニムっぽくないキレイな白パンツ。デニム特有の厚みのある質感を利用して、インナーの透け感を気にせず白パンツに挑戦できます。スラックス感覚で穿けるセンタープレス入りで、数多くのデニムを見ましたが白デニムで惹かれたNO.1はコレ!」(スタイリスト・高木千智さん)   【FROM PRESS】「ドライでバルキーな糸質だから、白デニムの膨張感を気にせずはける。スリムなテーパードラインやクリアな色など、“デニムっぽくない”見た目で大人に向く仕上がりに」(プレス・池田有希さん)

スタイリスト「最優秀ベーシック」

21 Pins
「さりげなく旬」に見えるのはTシャツと色をそろえたベアだから。
ロンT&デニムを脇役に見立てて「ありがち」からの脱却を。
ラフすぎない素材の白Tがベースなら、正統派ジャケットも難なくフィット。

白ロンTとデニム

21 Pins
コーディネートのプライスは画像をタップ! 「ボリュームと長さ」で迫力をあと押しするフレア 色・素材・シルエット。どこか突出する強さに焦点をあててスカートに抱く印象を新解釈。例えばフレアスカートもロマンティックではなく、デザイン次第でタフなイメージに。重さ=強さにつながるから、横に広がるフレアより、分量と長さで下にたまるシルエットを選択。素材は厚手のウールやニット、たっぷりのギャザーを味方につけた立体的なナイロンなど幅広く。 かわいい印象のピンクもヴィヴィッドなトーンなら強気 スエットの重さに負けない高発色ピンクフレア。
スエットとダメージデニムをシャーベットカラーで甘く寄せて。トーンをそろえた薄いブルーデニムを合わせてやさしい配色を意識すれば、甘さとラフさがバランスよく共存し、大人でも気負わず試せる愛嬌漂うムードに。古着のようなダメージ感とワイドシルエットも抜けづくりに一役。
仕込みのシアーなピンクとメロウ加工で顔まわりに軽やかな色づきを。

春からのスウェット

17 Pins
1本のブルーデニムと定番トップスの組み合わせを小物で印象チェンジ。「デニムをどう見せたいか」が反映されやすい足元を主役に考え、加える小物を効率よく選別。
素足ではくにはまだ早いから、カラーソックスを頼りにきゃしゃサンダルを開始。少量のミントグリーンがスエットとデニムにさりげない華やぎを添え、シンプル以上に引き上げ。ハズしとなるビッグバッグをたずさえれば、ラフなワンツーも新鮮に見違える。
小物3点のアイテム詳細は画像をタップ!

1本のブルーデニムと小物

10 Pins
フーディをひっかけてラフにシフト ドレスのような1枚だから、適当にひっかけたロゴ入りフーディとでも品を保てる サテンワンピース 30,800円/アルディー ノアール(アルディー ノアール/スピック&スパン ルミネ有楽町店) シックなマキシ丈。ストンと落ちるIラインを形成してくれる直線的なシルエット。肩にかけたフーディ 11,000円/シリーズオブチョイス ゴールドフープバングル 210,100円/シャルロット シェネ(エドストローム オフィス) バッグ 22,000円/2.718(ガリャルダガランテ 青山店) ミュール 35,200円/PIPPICHIC(ベイジュ) 「そのまま着るにはシーンを選ぶけど、せっかくの背中のキレイなカッティングは隠したくない。スエットをラフにひっかければ、肌感は残しつつ、ふだんづかいもしやすく」
シアーニットをかぶせて2ピース風に ほどよい透けとつややかな風合いを使用した単調とは無縁のALL黒 サテン黒ワンピース 30,800円/アルディー ノアール(アルディー ノアール/スピック&スパン ルミネ有楽町店) シックなマキシ丈。ストンと落ちるIラインを形成してくれる直線的なシルエット。黒シアーニット 20,900円/プラージュ(プラージュ 代官山店) サングラス 15,400円/STATUS ANXIETY.(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) バッグ 12,100円/2.718(ガリャルダガランテ 青山店) タイツ 8,800円/ルール ロジェット(ブランドニュース) サンダル 12,100円/ル タロン グリーズ(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店) 「黒でそろえて“重ね着してます”感を回避。重く見えないよう、合わせる小物は白やゴールドをセレクト」
ロングジレを重ねて縦長意識 ワンピとほぼ同じ丈のロングジレでおおって長い形にきちんと感も上乗せ サテンワンピース 30,800円/アルディー ノアール(アルディー ノアール/スピック&スパン ルミネ有楽町店) シックなマキシ丈。ストンと落ちるIラインを形成してくれる直線的なシルエット。ロングジレ 33,000円/ステュディ�オス(ステュディオス カスタマーサポート) キャップ 6,050円/ニュートラルワークス.(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター) ピアス 49,500円、〈右手薬指〉シルバーワイドリング 48,400円、〈右手小指〉シルバーリング 39,600円、〈左手〉ゴールドリング 500,600円/以上トムウッド(トムウッド プロジェクト) バッグ 50,600円/ebure(ebure GINZA SIX店) ミュール 5,990円/ZARA(ザラ カスタマーサービス) 「ボーイズキャップやレオパード柄シューズで、シャープなシルエットにほどよい遊びを投入」

黒ワンピースと小物

24 Pins
選び次第ではエレガントに転びやすいワンピとストール。動きがついて無造作に仕上がるニットなら、ほどよい抜けが得られる。
ボタンを開けて「肩に引っかけるように」気だるいムードにアレンジ。
ライダースの上に重ねてコートに頼らずあたたかく。幅広&開いた首元で重ねやすい。

カーディガン ふわふわ・黒・Vネック

7 Pins
あからさま��な夏小物も、さっぱりとした白T+チノとならさりげなく取り入れられる。
白とライトベージュなら、キャップでハズしてもTシャツといえどストリートに寄りすぎずどこかマイルド。
タックINしてベルトを用いた好感度の高いカジュアル。

Tシャツ+チノパン

8 Pins
スエットを重ねて脇役も担う軽やかなワンピースの懐の深さ。ハイネックのドレスのデザインを生かして、あいまいな配色の中で奥行きを形成。足元の白で抜けをつくり、グリーンのバッグで個性をアピール。
ロゴの見え隠れも計算された「コートをスエットで飾る」新しさ。コンサバともとれるスタイリングに、適当に巻いたスエット。ロゴを見せることで確実にカジュアルダウンが見込める。コートに飽きたときにも使えるささいなテクニック。

春の定番 白・黒・ブラウン・ベージュ

8 Pins
白Tシャツと美形な黒パンツ。ノンストレスでありながら、端正な配色ともたつかないシルエットできちんと感をかもすセット。
コンパクトなサイズもロゴをカジュアル以上に導くポイントの1つ。端正なパンツの色と形が生きる、遊びのあるロゴニット。首元とすそからTシャツをのぞかせるひと手間で、凝った印象に。
クラシックなムードを��かもす旬なツイードジャケットは、ラフなTシャツとなら本格的になりすぎずすっきり。さっと着られるオーバーぎみのノーカラーだと、より手軽。

白Tシャツと黒パンツ 同じコーディネートを別顔にする

7 Pins
スエット×デニムを脱無難に。 アイテム詳細は画像をタップ!
アイテム詳細は画像をタップ!

赤タートルネックニット

8 Pins
ベージュシャツのゆとりのあるサイズを生かし、アウターのようにアレンジ。
アイテム詳細は画像をタップ!
シャツにもニットにもスエットにも。トップスを選ばないタイトさと色み、ラインを広いにくいリブとメリットだらけ。

グレータートルネックリブニット

3 Pins
着回しにも幅が出る長く使える形と色。��ワンピース・トップス・ボトムを兼ねる確実に使えるニットアップ。ゆったりとしたシルエットを品よく見せる、ロイヤルブルーのような深いネイビーは着回し力も抜群。ふんわりと心地よいヤク素材を使用し、サイドスリットのスカートで、ニットアップにありがちなもたつきも回避。
【POINT】ボトムが美形=長続きするセットアップの必須条件。フラットに見えないややワイドなリブの凹凸感。ふんわりと心地よいヤクを使用。サイドスリットのスカートで、ニットアップにありがちなもたつきを回避。

「上下を分けて」セットアップ

14 Pins
キレイな白パンツだとかえって退屈。 スエットだからこなれる旬な引き算。 ボリュームトップスやアウターとの合わせにも好都合な太くもなく、細くもないシルエットのスエットパンツ。デザインコートの主張をおさえ、気楽さの上乗せにも成功。パンツに配したベージュとコートの色をさりげなくリンク。
柔和なニットの魅力をさらに引き出す「白が生きる白」という関係性。 春は例年にも増して白やベージュのアイテムが豊富な今シーズン。ラフにもなりかねないルーズなニットとスエットパンツの組み合わせも、白の微差を利用すればメリハリとして働く。シャツなどのパリッとした素材、柔らかいブラウスなどもスエット素材と好相性。
スエット以外は高貴なブラック。 白だけハズしてモノトーンを更新。 キレイめ、ドレッシーなトップスを力みなく見せるときにも重宝。ショートブーツを仕込み足首を隠し、スエットパンツにわかりやすいコントラストをつけてモードを意識。

白スウェットパンツ

4 Pins
ウールコートとニットの間で「黒に埋もれない黒」をアピール。コートの下にしのばせてレイヤードを刷新。
黒は強く重く・白はやさしく軽やかにどこまでも「らしさ」を追求。
無造作なトップスに緊張が走る美形な黒レザー1つの威力。

黒ライダースジャケット

4 Pins
コートの見た目を変える黒とオレンジのコントラスト。コートの上からカラースエットをひっかけて、アクセサリーのようにアレンジ。色のさりげないアクセントでモノトーンを気分転換。
1枚でも映えるオレンジスエットとなら、定番チノでも十分“もつ”スタイルに。スエットのすそはパンツにおさめ、すっきりと大人っぽさを意識。オレンジなら、ベージュと合わせたときにグラデっぽく見えて、意外にもなじむひかえめな派手さ。
特徴は色だけのシンプルなスエットで、沈みがちなダークトーンに華やぎを。派手色でもとっつきやすい、ほどよいゆとりシルエットと、スエット特有のくたっと感。

オレンジスウェットプルオーバー

3 Pins
切れのいいVネックによって、バイカラードレスのようにアレンジ。やや細身のワンピースのシルエットならピタッと重なり、もたつかないメリットもあり。
全身にすべらせるようにまとって満たさせる、心地よいカシミヤ100%のロングドレス。深く、広く開いたVネックの大胆さをいなすようにストンと落ちるIラインシルエットだけで十分。

黒Vネックワンピース

2 Pins
色をそろえるだけで、レオパード柄パンプス×チェックジャケットの、異なる柄どうしも浮かずにまとまる。ベージュ系のあいまいな色を掛け合わせるときは、ワンピースのボタンを首元までとめて、キレ味よく。
すそのボタンをウエストまではずして、トップスのようにアレンジ。近い色のAラインスカートを合わせて立体感を出すことで、シャツワンピース×ローファーのかたさもほぐれる。

ネイビーシャツワンピース

5 Pins
先細パンプスがパンツの迫力を流して「ワイドでもすっきり」を表現マニッシュなパンツだから気張らずとり入れられる、パンプスの女らしさ。シルエットに抑揚がつき、きゃしゃさが引き立つ結果に。
パンツのボリュームが、足元の主張を軽減。トップスにスリムな黒リブを合わせたことで全体のすらっと感が引き立ち、気楽な足元でも知的に。パンツとスニーカの色をそろえると、いっそうなじみよく。
ゆとりがあるシルエットのおかげで、黒ブ�ーツのカドがとれてマイルドに。美脚に見せながらもリラックス感を得られるワイドパンツの持ち味。

ハイウエストワイドパンツ

3 Pins