3.Saude(サウージ/乾杯!) このグループは2016年に南米で開催されるスポーツのビッグイベントにちなみ、ブラジル国旗や南米の民族衣装、スポーツ競技のユニフォームにも通じるビビッドやストロング色を選定した。

3.Saude(サウージ/乾杯!) このグループは2016年に南米で開催されるスポーツのビッグイベントにちなみ、ブラジル国旗や南米の民族衣装、スポーツ競技のユニフォームにも通じるビビッドやストロング色を選定した。

1.Natural Science(ナチュラル・サイエンス) 強すぎず、素直でキレイなカラーと柔らかい質感のホワイトで構成されたグループ。ブルーのトレンドが継続している。海や空や水、科学的な先進性を思わせるカラーとしてグラデーションのように3色配した。

1.Natural Science(ナチュラル・サイエンス) 強すぎず、素直でキレイなカラーと柔らかい質感のホワイトで構成されたグループ。ブルーのトレンドが継続している。海や空や水、科学的な先進性を思わせるカラーとしてグラデーションのように3色配した。

有彩色は、見た目に進出して見える色もあれば、後退して見える色もあります。

色の基本 色の三属性と色が与えるイメージ

有彩色は、見た目に進出して見える色もあれば、後退して見える色もあります。

2.New Esthetic(ニューエステティック/新しい美意識)
ファッションでは永らく生成りやベージュ、インディゴ等を中心とした色調が自然色と結びついてきた。2016年はバイオテクノロジー的な発想から生まれる、生体化学の実験室で見られるような色を新しいナチュラルととらえた。

2.New Esthetic(ニューエステティック/新しい美意識)
ファッションでは永らく生成りやベージュ、インディゴ等を中心とした色調が自然色と結びついてきた。2016年はバイオテクノロジー的な発想から生まれる、生体化学の実験室で見られるような色を新しいナチュラルととらえた。

4.Peculiarity(ペキュリアリティ) 新しい情報やものは常に生まれ、目まぐるしく変化する 。その一方で、自分の中に脈々と流れる文化を意識し、本質を求める欲求に気付く。アイデンティティを示すようなひとくせあるカラーや、特別に作られたクラフトなどの感覚を、個性としてスパイスを加えるようにプラスしたい。

4.Peculiarity(ペキュリアリティ) 新しい情報やものは常に生まれ、目まぐるしく変化する 。その一方で、自分の中に脈々と流れる文化を意識し、本質を求める欲求に気付く。アイデンティティを示すようなひとくせあるカラーや、特別に作られたクラフトなどの感覚を、個性としてスパイスを加えるようにプラスしたい。

4.Grown-Up(グロウン・アップ/成長) 高度になる文明と未来への関心が高まる一方で、大自然の力強さや生命力への関心も顕在化している。ここでは、様々な植物や大地からのエネルギーやインスピレーションとした。鬱蒼とした密林の光と陰や、太古からの生態系・ 生命力を感じさせるサマーダークである。

4.Grown-Up(グロウン・アップ/成長) 高度になる文明と未来への関心が高まる一方で、大自然の力強さや生命力への関心も顕在化している。ここでは、様々な植物や大地からのエネルギーやインスピレーションとした。鬱蒼とした密林の光と陰や、太古からの生態系・ 生命力を感じさせるサマーダークである。

2.Familiar(ファミリア) 情報の洪水を回遊したあと、心を鎮静させるような静かでひんやりしたカラーグループ。自分にとって一番心地よくシンプルでいられる部屋のようなイメージ。

2.Familiar(ファミリア) 情報の洪水を回遊したあと、心を鎮静させるような静かでひんやりしたカラーグループ。自分にとって一番心地よくシンプルでいられる部屋のようなイメージ。

3.Wonder of the Art(ワンダー・オブ・ジ・アート) わくわくするような色や素材で自然を表現したり、ノスタルジックなブルーにフレッシュなオレンジをプラスして新感覚を呼び起こしたり。自分の好奇心や目的、感情の琴線に触れた感覚を素直に享受し、人の成しえる多様な方法で新しい体験を味わいたい。

3.Wonder of the Art(ワンダー・オブ・ジ・アート) わくわくするような色や素材で自然を表現したり、ノスタルジックなブルーにフレッシュなオレンジをプラスして新感覚を呼び起こしたり。自分の好奇心や目的、感情の琴線に触れた感覚を素直に享受し、人の成しえる多様な方法で新しい体験を味わいたい。

4. 匠 試行錯誤を繰り返し熟練した技は、まねのできない味わいを生む。人の営みと時間の経過を感じさせる空間を構成するための、いぶし銀、いぶし 金、カッパーやダークレッドなど。

4. 匠 試行錯誤を繰り返し熟練した技は、まねのできない味わいを生む。人の営みと時間の経過を感じさせる空間を構成するための、いぶし銀、いぶし 金、カッパーやダークレッドなど。

3. 愛 愛は目に見えないし、説明しようとすると、大切な意味がするりと言葉の隙間から逃げてしまう。けれど、光溢れる草原のような、自然の爽やかさに包まれたら、きっと愛を感じることができるだろう。互いのアイデンティティを育む空間にふさわしいカラーグループ。

3. 愛 愛は目に見えないし、説明しようとすると、大切な意味がするりと言葉の隙間から逃げてしまう。けれど、光溢れる草原のような、自然の爽やかさに包まれたら、きっと愛を感じることができるだろう。互いのアイデンティティを育む空間にふさわしいカラーグループ。

1.Insight(インサイト/洞察) 時代を超えて望まれる今日性や普遍性を意図した。無機質なモダンと、端正に磨き込まれた自然素材やナチュラル感が共存する。

1.Insight(インサイト/洞察) 時代を超えて望まれる今日性や普遍性を意図した。無機質なモダンと、端正に磨き込まれた自然素材やナチュラル感が共存する。

2. 鮮 このグループは、「今」を驚きに満ちて迎えるための新鮮な感覚を呼び起こす空間を表現する。アイデンティティは固定されたものではなく、常に変わり続けてなおあるべき姿を持ち続ける。今を写し、光を放つ水面のように、水の流れ、光の流れ、空気の流れを想像させる色で構成した。

2. 鮮 このグループは、「今」を驚きに満ちて迎えるための新鮮な感覚を呼び起こす空間を表現する。アイデンティティは固定されたものではなく、常に変わり続けてなおあるべき姿を持ち続ける。今を写し、光を放つ水面のように、水の流れ、光の流れ、空気の流れを想像させる色で構成した。

1.知 他者を知る、知識を習得する、自らの「存在」を浮き彫りにするための、ニュートラルで静寂な空間を表現する。金属質と、白っぽい木肌の色、空色、シャボン玉のような光沢をもつ素材で構成したグループ。

1.知 他者を知る、知識を習得する、自らの「存在」を浮き彫りにするための、ニュートラルで静寂な空間を表現する。金属質と、白っぽい木肌の色、空色、シャボン玉のような光沢をもつ素材で構成したグループ。

Pinterest
Search