阿部勤

4 ピン0 フォロワー
「私の家」阿部勤・自邸 : 建築_空間

阿部勤さんはもうひとりのわが師です。 阿部さんの自邸にはアルテックの会で何度か伺ったことがあり、それはすばらしい空間体験でした。 ぼくが日本で見た...

阿部勤著『中心のある家』より。「中心」と「回廊」で構成されていることがわかるイラストは、阿部さん自身が描いたもの。

本物の無垢素材が経年変化で作る味わい 1974年竣工。建築家・阿部勤さんの自邸は、築41年という年月を経てもなお新しく感じる。それどころか、年月を重ねるほどにどんどん味わいが増している。阿部さんの自著『中心のある家』の中にもあるように、まさに「正しく古いものは永遠に新しい」、そんな家なのだ。スウェーデンの画家、カール・ラーションの家の天井に描かれている言葉だそうだ。 「人が昔から慣れ親しんできた、石や木や土といった本物の無垢素材は、経年変化によって風合いが出てくるんです」 鳥が運んできた種が芽吹いた庭の木や、建物の高さを越すほどに育った玄関先の欅が、住宅街に美しい風景を作っている。 「建物を設計することとは、隣人との関係、住む人との関係、人と人との関係、光との関係、物との関係、物と物との関係、空間と空間との関係……、あらゆるものとの関係性を設計することだと思っています」 男の台所、ペニンシュラキッチン 20年前に料理上手な奥様を亡くしてから、キッチンを大きく作り変えた。 「男がひとりで生きていくキッチンを作ろうと思ったんです」 奥様が使っていたI型のキッチンに、半島を加えたT型のペニン

正しく古いものは永遠に新しい 阿部勤 邸 - 建築家の自邸を訪ねて | 家の時間 自分らしい住まいと暮らし見つけるウェブマガジン

ダイニング横、低い天井と庭に面したコージィなコーナー。 埼玉県の郊外。高度成長期にできた住宅地の一角に、阿部勤さんの家はある。築35年経ったコンクリート打ちっ放しの壁は庭木に覆われ、道路からはもはや建物の全貌を見ることはできない。 この自邸を構想したのは独立して設計事務所を主宰する以前、坂倉準三建築研究

画像

美しい建築家の自邸・阿部勤「中心のある家」 - NAVER まとめ


その他のアイデア
e0189939_1212251.jpg

阿部勤さんはもうひとりのわが師です。 阿部さんの自邸にはアルテックの会で何度か伺ったことがあり、それはすばらしい空間体験でした。 ぼくが日本で見た...

ここが阿部邸の「中心」。左の大きな絵は、フランスの画家、ウジェーヌ・カリエール。義父がパリで模写したものだそうだ。

リビング 目線の低さ

美しい建築家の自邸・阿部勤「中心のある家」 - NAVER まとめ

コラム-2011.10.02 阿部勤自邸

杉並区にある住宅の設計を中心とした建築設計事務所のサイトです。デザインに対する思い入れが強く、建築家といっしょに住宅をつくることをお考えの方は是非チェックしてください。

10日の日曜日、住宅建築主催の住宅見学ツアーに当選し、建築家の阿部勤さんの自邸の見学会に参加させていただきました。 なんと見学できるだけでなく、食事にお...

阿部勤さん自邸 住宅見学ツアー 当選! | 早田建築設計事務所 Blog

10日の日曜日、住宅建築主催の住宅見学ツアーに当選し、建築家の阿部勤さんの自邸の見学会に参加させていただきました。 なんと見学できるだけでなく、食事にお...

阿部勤さん自邸 住宅見学ツアー 当選! | 早田建築設計事務所 Blog

阿部勤自邸 ダイニングキッチンとつながる吹き抜け | Flickr - Photo Sharing!

阿部邸昼の部

建築家・阿部勤さんの自邸。右の筒状の「中心」の周りに、回廊がある設計。どこでも家の好きな場所で寝るけれど、「中心」で寝ることが多いのだそう。

本物の無垢素材が経年変化で作る味わい 1974年竣工。建築家・阿部勤さんの自邸は、築41年という年月を経てもなお新しく感じる。それどころか、年月を重ねるほどにどんどん味わいが増している。阿部さんの自著『中心のある家』の中にもあるように、まさに「正しく古いものは永遠に新しい」、そんな家なのだ。スウェーデンの画家、カール・ラーションの家の天井に描かれている言葉だそうだ。 「人が昔から慣れ親しんできた、石や木や土といった本物の無垢素材は、経年変化によって風合いが出てくるんです」 鳥が運んできた種が芽吹いた庭の木や、建物の高さを越すほどに育った玄関先の欅が、住宅街に美しい風景を作っている。 「建物を設計することとは、隣人との関係、住む人との関係、人と人との関係、光との関係、物との関係、物と物との関係、空間と空間との関係……、あらゆるものとの関係性を設計することだと思っています」 男の台所、ペニンシュラキッチン 20年前に料理上手な奥様を亡くしてから、キッチンを大きく作り変えた。 「男がひとりで生きていくキッチンを作ろうと思ったんです」 奥様が使っていたI型のキッチンに、半島を加えたT型のペニン

正しく古いものは永遠に新しい 阿部勤 邸 - 建築家の自邸を訪ねて | 家の時間 自分らしい住まいと暮らし見つけるウェブマガジン

ダイニング横、低い天井と庭に面したコージィなコーナー。 埼玉県の郊外。高度成長期にできた住宅地の一角に、阿部勤さんの家はある。築35年経ったコンクリート打ちっ放しの壁は庭木に覆われ、道路からはもはや建物の全貌を見ることはできない。 この自邸を構想したのは独立して設計事務所を主宰する以前、坂倉準三建築研究

阿部勤さん自邸 住宅見学ツアー 当選! : 早田建築設計事務所 Blog

10日の日曜日、住宅建築主催の住宅見学ツアーに当選し、建築家の阿部勤さんの自邸の見学会に参加させていただきました。 なんと見学できるだけでなく、食事にお...

Pinterest
検索