CHIZURUさんの他のアイデア
Photo Credit : Dapsul Zabelthau 中央の階段がインパクト大なポルトガルの「レロ書店」。1906年に建てられたネオゴシック調の建築は世界遺産として登録。旅行ガイドブック「ロンリープラネット」が選ぶ「世界で最も素晴らしい本屋ランキング」で第3位の人気ぶりです。 ポルトに存在する「レロ書店」。そ...

Photo Credit : Dapsul Zabelthau 中央の階段がインパクト大なポルトガルの「レロ書店」。1906年に建てられたネオゴシック調の建築は世界遺産として登録。旅行ガイドブック「ロンリープラネット」が選ぶ「世界で最も素晴らしい本屋ランキング」で第3位の人気ぶりです。 ポルトに存在する「レロ書店」。そ... もっと見る

ジブリ映画にも影響を与えた、芸術家フンデルトヴァッサーの美しい建築物7選 - トラベルブック

戦後、フンデルトヴァッサーは北アフリカにわたって床や壁が赤い土でできた伝統的な家で、自然とともに暮らす人々に感銘を覚えます。しかし、ヨーロッパの街に戻った彼は、無機質な灰色の都市に嫌悪感を覚えることになるのです。 この想いからカラフルで、直線を使わない作品などフンデルトヴァッサー独特のスタイルが生まれました。これらの家も当初は批評家から「悪趣味だ」と酷評されましたが、いざ入居希望者を募ると人々が殺到し、彼の人気を確立させることになりました。 そんなフンデルトヴァッサーの作品に憧れて、宮崎監督は三鷹にあるジブリの森美術館もこうしたデザインを希望したそうで、彼の作品は確かにジブリの作品にも登場しそうですね!

青空を背景に建つ伝統的な切妻屋根の家。ポルトガル在住のフォトグラファー、マヌエル・ピタによるシリーズ「Lonely House」は、ポップで色鮮やかな家々がもつ小さなストーリーを写し取る。

見ていると不思議な気持ちにさせられる、ポルトガルの「孤独な家」|WIRED.jp

見ていると不思議な気持ちにさせられる、ポルトガルの「孤独な家」   « WIRED.jp

青空を背景に建つ伝統的な切妻屋根の家。ポルトガル在住のフォトグラファー、マヌエル・ピタによるシリーズ「Lonely House」は、ポップで色鮮やかな家々がもつ小さなストーリーを写し取る。