コートハウス  Courthouse

建物や塀で囲まれた中庭がある家をコートハウスと言います。そんな中庭のある住宅写真を集めました。
92 ピン154 フォロワー
目黒区の中庭とビルトインガレージのある平屋のデザイン住宅の作品事例です。構造はRC鉄筋コンクリート造で高い天井と中庭からの光がとても開放的です。

目黒Y-House | 東京でデザイン住宅を提案するオーワークス

梅ノ木のある家

郊外の住宅地の一角、10数本の梅の木が植えられ土地に出会われたクライアントからのご要望は梅の木を残す事。 そこで、梅の木を取り囲む形で計画がスタートしました。 専門家:有島忠男が手掛けた注文住宅事例:『公園前の家』明るくて風通しの良い住宅のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

中庭型2世帯住宅

この写真「中庭型2世帯住宅」はfeve casa の参加建築家「向阪一郎/プラスアトリエ一級建築士事務所」が設計した「仲庭の家」写真です。「二世帯住宅 」カテゴリーに投稿されています。

テラスから室内を見る

外から室内を見渡したところ。 室内の暖かい雰囲気が伝わる光景です。 右手のリビングは2階の天井まで吹き抜け 開放感に満ちています。 広い中庭はキッチンとも近いため、暖かい季節 には庭に出て食事やバータイムを楽しめます。 中庭には、光と風を室内の奥深くまで届ける、 大切な役割もあります。この写真「テラスから室内を見る...

テラスからリビングを見る」

外部に面した広い開口と吹き抜けが、この開放感を演出してくれます。 暖房・換気・断熱技術の向上で、開放感と暖かさの両立が可能になりました。この写真「テラスからリビングを見る」」はfeve casa の参加建築家「古前極/アーキシップス古前建築設計事務所」が設計した「ファミリーポートレイト」写真です。「テラス・バルコニー...

茶室となる和室へと続くモダンなドライな庭

美しい日本の美意識である「ワビサビ」。 ワビサビの「ワビ」は、物が無く貧しくとも今あるものから、充足感や美しいと思える心を養う重要性を説いています。また「サビ」は、時間が経って物が古くなってしまっても、それを味と捉え美しさを見出すといった考えです。 この「ワビサビ」の考え方は、現代にも必要ではないでしょうか。 物が溢れる今だからこそ、もう一度考えてみませんか? 「ワビサビ」を通して、シンプルな和の魅力を再度発見しましょう。

建物の中心にある中庭

どの部屋からも眺められるように、敷地の中心に設置しました。 中庭に向かって開口を設けることで、プライバシーを守りながらも、開放的な室内空間を実現しています。 夜になるとシンボルツリーがライトアップされ、目でも楽しむことができます。この写真「建物の中心にある中庭」はfeve casa の参加工務店「深澤 彰司/株式会社...

中庭とリビングを見る

この写真「中庭とリビングを見る」はfeve casa の参加建築家「植本俊介/植本計画デザイン一級建築士事務所」が設計した「神栖TM邸<中庭を囲む方形の家>」写真です。「中庭のある家(コートハウス) 」カテゴリーに投稿されています。

キッチンから中庭を見る

この写真「キッチンから中庭を見る」はfeve casa の参加建築家「植本俊介/植本計画デザイン一級建築士事務所」が設計した「神栖TM邸<中庭を囲む方形の家>」写真です。「キッチン 」カテゴリーに投稿されています。

中庭の木々を感じる居間

中庭に面して鉄骨造のバルコニーを設けています。バルコニーに面する大きな窓を開けると、中庭の木々をさらに感じることできます。L字型の平面ですので居間の窓からは、子供部屋の窓が見え、お互いをゆるやかに繋げています。この写真「中庭の木々を感じる居間」はfeve casa の参加建築家「水野純也/水野純也建築設計事務所」が設...

Pinterest
検索