Satomiさんの他のアイデア
暖炉とスキップフロアの読書コーナーのあるリビング

ニュージランド南島北部に位置する町ピクトンから、さらにボートを使って移動するアップルベイという場所に、今回ご紹介する 『 Apple Bay House 』 があります。 まさに秘境と呼ぶにふさわしい、美しい入り江の丘に …

人気の三角屋根のお家。ウッドフェンスで外からの視界も気にならない。

エントランスから一体感のある洗練されたデザイン ゆるやかなスロープの先に佇む、やさしい表情を持つ三角屋根の家。 エントランスから一体感のあるデザインでまとめられたS邸は、奇をてらわないシンプルな構成で落ち着いた雰囲気を作り出しています。

庭の目隠しのアイデア集(格子 木 フェンス 家 ウッドデッキ 塀 ベランダ 玄関  窓 縦 1/2 【DIYナビ・庭 フェンス 】 : DIYナビ

庭の目隠しのアイデア集(格子 木 フェンス 家 ウッドデッキ 塀 ベランダ 玄関 窓 縦 1/2 【DIYナビ・庭 フェンス 】 : DIYナビ

japanlove: Japanese old corridor by Nam2@7676 on...

Japanese old wooden house in Edo-Tokyo Open Air Architectural Museum 小金井市 江戸東京たてもの園 Love the wood and windows

柿渋を塗った杉板の床。長い縁側の奥にはピエール・ガリッシュのソファ。青い色が和の空間に映える。

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

障子 もっと見る

障子 もっと見る

やっぱり落ち着く!和室をモダンジャパニーズに変えるインテリア

私たち日本人にとって、やっぱり和室って落ち着きます。でも昔からある古臭い和室のままじゃツマラない。ちょっとの工夫でモダンに変えられたら、もっと馴染みやすくなりそうですよね。ここでは、和洋ミックスの日本ならではのインテリアをご紹介します。

組子 麻の葉 リビング障子 | 有限会社吉原木工所

吉原木工所ウェブサイト。オーダーによって伝統工芸|組子を現代の様式に合わせる事を得意とした建具・家具などを製作しております。吉原敬司によるブランドyoshiharaも運営しております。

ステンドグラスのような障子 - コラム - 専門家プロファイル

国内最大級3000名の建築家登録数を誇る家づくりコミュニティサイト。注文住宅コンペの開催、建築家検索、60000点の作品事例と設計プラン検索、家づくりのお悩み相談。家づくりをはじめるならHOUSECO(ハウスコ)。

木製建具 住宅 引き戸 千本格子 組子欄間 株式会社タニハタ 富山県

木製建具 住宅 引き戸 千本格子 組子欄間 株式会社タニハタ 富山県 もっと見る