シンプルモダンな調度品がよく映える、明るめの“ヘリンボーン”床。

どこか懐かしくて、上品な雰囲気。ヘリンボーン床の素敵なインテリアまとめ

床は空間をデザインする上でとても大切な部分。床材の張り方一つで、室内の雰囲気が変わります。木片を“矢羽状”に敷き詰めた“ヘリンボーン”スタイルのフローリングは、実に上品でクラシカル。今記事では“ヘリンボーン”床が素敵なインテリアの事例を数々紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

和風モダンが素敵!住みたくなるオシャレコーディネート事例をご紹介 | iemo[イエモ]

和風モダンが素敵!住みたくなるオシャレコーディネート事例をご紹介 | iemo[イエモ] もっと見る

リビングにはハンモックを吊るせるようにした。「庭を見ながらリラックスします。ここで昼寝をすることもあります」。

リノベーションの可能性築62年の古家を再生した建築家の自邸

建築家の堀泰彰さんと妻の薫さん。出会った中古住宅をリノベーションすることで、個性が光る魅力的な空間へと生まれ変わらせた。

ロフト感覚のリビング。畳、座布団など和の雰囲気が漂う落ち着いた部屋になりました。 和風の屋根裏部屋も涼しげでおススメ!

ロフト感覚のリビング。畳、座布団など和の雰囲気が漂う落ち着いた部屋になりました。 和風の屋根裏部屋も涼しげでおススメ! もっと見る

国内一般住宅の例。やや抑え目のトーンの“ヘリンボーン”床がアンティークの家具を引き立て、落ち着いた雰囲気に。

どこか懐かしくて、上品な雰囲気。ヘリンボーン床の素敵なインテリアまとめ

私が初めてヘリンボーンの床を見たのは、『リライフプラス』の創刊号で、オーダー家具のSTANDARDTRADE.代表・渡邊さんの、完成後間もないご自邸を取材させてもらったときでした。かれこれ6年ほど前になります。多分それまでも見たことはあったのかもしれませんが、「ヘリンボーン」という言葉自体知りませんでした。そのときは「寄木細工みたいで可愛い!」「広いのにのっぺりして見えないし、家具がすごく映える…

ベッドルーム❤️

急成長を遂げているウエスト・エンドにて、エースホテルは音楽や文学イベント、ヴィンテージのフォトブース、Stumptown コーヒー、レンタル自転車、そして最高に美味しいお食事をお客様にご提供しています。

株式会社プラスディー設計室 の モダンデザインの リビング 吹抜を囲むスキップフロア住宅

吹き抜けを取り入れる前に知っておきたい6つのポイント

今回は吹き抜けを自宅に取り入れる前に知っておきたいメリット・デメリットをご紹介します。吹き抜けを設けると2階の床を削って大きな広い空間を設ける分、家の床面積は減り、天井が高くなるのでメンテナンスの難しさや冷暖房が効きにくいといった短所もあります。今回はそのデメリットも踏まえて吹き抜けを自宅に取り入れるべきかどうか見ていきます。

“家づくりを楽しもう” 住まいの写真で人をつなぐ新感覚ソーシャルネットワーク

ハウスノートは、住まいの写真で人をつなぐ家づくりのソーシャルネットワーク。写真の説明:寝室

Fire Escape Urban Wall Decor Rack by Design Ideas

Fire Escape Urban Wall Decor Rack

ヘリンボーン

住まう方のライフスタイルや価値観を大切にした 夢の住まいづくりをご提案する メープルホームズ愛媛南のスタッフ日記です。

1階ワークスペースの床は木に似せた塩ビ材をヘリンボーン模様に見えるようカットして貼った。

眼下に公園を望む家ミリ単位にまでシビアにこだわって建てる

公園が見える敷地 昔、貝塚であったという公園を眼下におさめるA邸。緑広がる眺めは見ているだけで家の中にも涼風が吹き渡るよう。 一家は近くのマンションに住んでいたが、以前から公園が見える立地にこだわっていたという夫妻。売りには出ないだろうと思っていたこの敷地が「奇跡的に」売りに出されたことを知るや、その瞬間に即、購入を決めたという。 しかし、都心の好立地。好条件の揃った敷地は希少である。この崖上の敷地は旗竿敷地で、正面側はエントランスの2.5m幅の道以外は前の敷地によってふさがれていた。 その道の部分にキャンチレバー(片持ち梁)の庇つき駐車スペースをつくることを考えたAさんは、建築家を選ぶ際にはキャンチレバーにも対応可能な「構造もできる建築事務所」というのがひとつのポイントだったという。そして、空間の色使いや素材感などがAさんの好きな雰囲気に近く気に入っていたLEVEL Architectsに設計を依頼することに。 取材時にはそのLEVEL Architectsの中村さんと出原さんに同席いただいたが、設計時のフランクな物言いそのままの気兼ねない雰囲気のもと話をうかがっていった。 1センチ

ななめに貼ったフローリングがおしゃれなリビングダイニング空間

ななめに貼ったフローリングがおしゃれなリビングダイニング空間

部屋毎に床材を代えても。

どこか懐かしくて、上品な雰囲気。ヘリンボーン床の素敵なインテリアまとめ

床は空間をデザインする上でとても大切な部分。床材の張り方一つで、室内の雰囲気が変わります。木片を“矢羽状”に敷き詰めた“ヘリンボーン”スタイルのフローリングは、実に上品でクラシカル。今記事では“ヘリンボーン”床が素敵なインテリアの事例を数々紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

Pinterest
検索