16 世紀

タティングレース始めました。 | Mazourka-Iris

普段はかぎ針でドイリーを編んだりアクセサリー作ったりしているのですが、 ずっと気になっていたタティングをはじめました。 ドイリーの編み図載っている本にも大体タティングも一緒になっていて、 「なんだこれ?」と思っていたのですが今となっては 「編み図載っててよかった~!」と喜んでいるところです。 そもそもタティングとは? タティングを知らない方にちょっとだけご説明。 タティング(Tatting)とは、タティングレースと普段呼ばれているもので、 歴史を見れば16世紀まで遡ります。 そんな古いものなのかと思うのも納得のとてもシンプルな技法です。 しかし出来上がりは綺麗!! タティングは「編む」のではなく「結う」のです。 タティングレースはクロッシェと道具が違い、糸とシャトルと呼ばれる舟型の道具を使います。 作れるものは作る!という私はシャトルから作りました。 これがシャトルです。 作り方は簡単です。 空のボビンにあわせて厚紙を切ります。 この時どれくらいの長さがいいかはおそらく好みの問題だと思うので 画像参照にとりあえず切ってみてください。…

まるでレゴ!メキシコ・カラフルな世界遺産の街「グアナファト」 | メキシコ | トラベルjp<たびねす>

まるでレゴ!メキシコ・カラフルな世界遺産の街「グアナファト」

赤、青、緑、黄色、オレンジ、ピンクetc。様々な色が混沌と混ざり合いひしめき合う街「グアナファト」。まるでレゴブロックを詰めあげたようなカラフルで可愛らしい街並みは、スペイン植民地時代の16世紀〜18世紀にかけて銀の発掘による莫大な富をもとに形成されました。今回はメキシコ中部の世界遺産の街「グアナファト」の見所をご紹介いたします。

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちい...|ハンドメイド、手作り、手仕事品の通販・販売・購入ならCreema。

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。スミレのモチーフには「ちいさな幸せ」という、スミレの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。スミレのモチーフ:直径約1.2cm

モンテーニュ (1533年2月28日 - 1592年9月13日) 16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者。モラリスト、懐疑論者、人文主義者。 現実の人間を洞察し人間の生き方を探求して綴り続けた主著『エセー』は、フランスのみならず、各国に影響を与えた。

人はうわべだけで人物を判断しがちになるものです。 それはあなただけではなく、誰でも犯しがちな過ちでもあります。 あなたはだいぶ後になってから、自分の犯した失敗に気づきますが、取り返しはつきません。 しかし、あなたは後悔により、人として大きくなるチャンスを手にしたのです。そこからどうするかはあなたの手腕にかかっています。

コレクション展 清雅なる情景 日本中世の水墨画

休館日 月曜日 ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館 開館時間 午前10時‐午後5時 (入場は午後4時半まで) 入場料 一般1000円、学生[高校生以上]800円 *中学生以下は無料 *コレクション展「曼荼羅展」の会期中(2013年7月27日〜9月1日)、ミュージアムショップにて前売り券(各100円引き)を販売します。 会場 根津美術館 展示室1・2 中国で生まれた水墨画が日本に本格的にもたらされたのは、鎌倉時代末期から室町時代にかけて。そこで大きな役割を果たしたのが、日中間で僧侶や文物の往来が盛んに行われた禅宗です。しかも禅宗が文芸や政治と結びついたこともあり、水墨画は、絵画の技法という以上の大きなインパクトを中世の文化に与えました。 本展は、総数約50件の作品により、14世紀後半から16世紀までの水墨画の展開を眺め、多彩な魅力をご紹介するものです。水墨を用いて描きだされた清らかな観音図にはじまり、理想の風景を描いた山水画、禅味あふれる人物画、水墨をベースに華やかな彩色を加えた花鳥画まで、充実のコレクションをご覧いただきます。清雅なる室町水墨の世界をご堪能ください。

Raku Ware,16th century,Japan,長次郎作 黒樂茶碗 勾当(16世紀)

財団法人樂美術館は樂焼の美術館として1978年樂家に隣接して設立。所蔵品は約900点、樂家14代樂覚入によって寄贈された樂家に伝来する樂歴代作品と茶道工芸美術、樂家文書資料であります。樂歴代はこれらを創作の糧としてを学び、伝えてきたものであります。

いにしえの聖歌の調べ 16世紀 羊皮紙 "グレゴリオ聖歌 ネウマ譜"

いにしえの聖歌の調べ 16世紀 羊皮紙 "グレゴリオ聖歌 ネウマ譜"

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。コデマリのモチーフには「伸びゆく姿」「優雅」「品位」「友情」という、コデマリの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。■作品の縦横サイズ・コデマリのモチーフ:直径約1.1cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。コデマリのモチーフには「伸びゆく姿」「優雅」「品位」「友情」という、コデマリの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。■作品の縦横サイズ・コデマリのモチーフ:直径約1.1cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。コデマリのモチーフには「伸びゆく姿」「優雅」「品位」「友情」という、コデマリの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。■作品の縦横サイズ・コデマリのモチーフ:直径約1.1cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。コデマリのモチーフには「伸びゆく姿」「優雅」「品位」「友情」という、コデマリの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。■作品の縦横サイズ・コデマリのモチーフ:直径約1.1cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。コデマリのモチーフには「伸びゆく姿」「優雅」「品位」「友情」という、コデマリの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。■作品の縦横サイズ・コデマリのモチーフ:直径約1.1cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。コデマリのモチーフには「伸びゆく姿」「優雅」「品位」「友情」という、コデマリの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。■作品の縦横サイズ・コデマリのモチーフ:直径約1.1cm

13世紀から15世紀のガントレットと靴

■新生ローマ帝国 カール5世の兜 ファミコンで中世ファンタジーのRPGゲームをプレイして育った僕としては、こういった中世ヨーロッパの鎧を見るとすごくワクワクするんだ。実用性に特化されているものから、とても凝った装飾が施されたものまで、一言で鎧と言ってもその形

歌川芳藤(1828 – 1887)『流好温泉の圖』(1880)

猫はインターネット上で人気者だ。だが、インターネットの人気猫が現れるよりはるか前から、猫は日本のアートの浮世絵の世界に存在していた。17世紀以降、日本の浮世絵の絵師たちは驚くほどたくさんの猫たちを描いてきたのだ。

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。コデマリのモチーフには「伸びゆく姿」「優雅」「品位」「友情」という、コデマリの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。■作品の縦横サイズ・コデマリのモチーフ:直径約1.1cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。コデマリのモチーフには「伸びゆく姿」「優雅」「品位」「友情」という、コデマリの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。■作品の縦横サイズ・コデマリのモチーフ:直径約1.1cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。コデマリのモチーフには「伸びゆく姿」「優雅」「品位」「友情」という、コデマリの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。■作品の縦横サイズ・コデマリのモチーフ:直径約1.1cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。コデマリのモチーフには「伸びゆく姿」「優雅」「品位」「友情」という、コデマリの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。■作品の縦横サイズ・コデマリのモチーフ:直径約1.1cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。コデマリのモチーフには「伸びゆく姿」「優雅」「品位」「友情」という、コデマリの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。■作品の縦横サイズ・コデマリのモチーフ:直径約1.1cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。コデマリのモチーフには「伸びゆく姿」「優雅」「品位」「友情」という、コデマリの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。■作品の縦横サイズ・コデマリのモチーフ:直径約1.1cm

幸せとは何か。これは人類永遠の課題と言っても過言ではない。金があれば幸せか? 夢があれば幸せか? 科学が発展した21世紀が、17世紀や16世紀より必ず幸せと言えるの …

幸せとは何か。これは人類永遠の課題と言っても過言ではない。金があれば幸せか? 夢があれば幸せか? 科学が発展した21世紀が、17世紀や16世紀より必ず幸せと言えるの …

Pinterest
検索