まるでレゴ!メキシコ・カラフルな世界遺産の街「グアナファト」 | メキシコ | トラベルjp<たびねす>

まるでレゴ!メキシコ・カラフルな世界遺産の街「グアナファト」

まるでレゴ!メキシコ・カラフルな世界遺産の街「グアナファト」 | メキシコ | トラベルjp<たびねす>

Raku Ware,16th century,Japan,長次郎作 黒樂茶碗 勾当(16世紀)

Raku Ware,16th century,Japan,長次郎作 黒樂茶碗 勾当(16世紀)

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちい...|ハンドメイド、手作り、手仕事品の通販・販売・購入ならCreema。

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちい...|ハンドメイド、手作り、手仕事品の通販・販売・購入ならCreema。

タティングレース始めました。 | Mazourka-Iris

タティングレース始めました。 | Mazourka-Iris

歌川芳藤(1828 – 1887)『流好温泉の圖』(1880)

歌川芳藤(1828 – 1887)『流好温泉の圖』(1880)

ご覧頂きありがとうございます。世界三大銘木の一つマホガニーを使ったスマートなネクタイピンです。アクリリック塗料にて染めたスカイブルーとネイビー。センターラインにはホワイトのレザーを使用しています。これ以上ないくらい爽やかな夏の海をイメージしました。どんなネクタイにも合います。これからの季節に海の要素をプラスしてみては。マホガニーについて:起源は、16世紀、南アメリカへ船旅をしていたスペイン人がカリブで発見したことに遡ります。マホガニーという言葉は「黄金色」を意味し、“カリブの宝”などの異名で呼ばれることもあります。高級木材として世界的に需要が高く、古くはヨーロッパの宮殿、ホテルや豪華客船の内装、家具などに使用されています。  エレキギターで有名なギブソン社のエスポールモデルには、マホガニーが使用されていることが広く知られています。 塗料:アクリリック塗料 耐水性のある塗料です。サイズ:約長さ5.5センチ×幅0.9センチよろしくお願い致します。※車の置物はついておりません。『ブルーハンドメイド2017』

WOODEN TIE BAR marine border

ご覧頂きありがとうございます。世界三大銘木の一つマホガニーを使ったスマートなネクタイピンです。アクリリック塗料にて染めたスカイブルーとネイビー。センターラインにはホワイトのレザーを使用しています。これ以上ないくらい爽やかな夏の海をイメージしました。どんなネクタイにも合います。これからの季節に海の要素をプラスしてみては。マホガニーについて:起源は、16世紀、南アメリカへ船旅をしていたスペイン人がカリブで発見したことに遡ります。マホガニーという言葉は「黄金色」を意味し、“カリブの宝”などの異名で呼ばれることもあります。高級木材として世界的に需要が高く、古くはヨーロッパの宮殿、ホテルや豪華客船の内装、家具などに使用されています。 エレキギターで有名なギブソン社のエスポールモデルには、マホガニーが使用されていることが広く知られています。 塗料:アクリリック塗料 耐水性のある塗料です。サイズ:約長さ5.5センチ×幅0.9センチよろしくお願い致します。※車の置物はついておりません。『ブルーハンドメイド2017』

【超技巧】16世紀の「天才甲冑師 フィリッポ・ネグローリ」欧州国王たちから絶賛された史上最高の作品たち

【超技巧】16世紀の「天才甲冑師 フィリッポ・ネグローリ」欧州国王たちから絶賛された史上最高の作品たち

時は14世紀〜16世紀、、古典古代文化を復興しようとするルネッサンスの動きがヨーロッパに広まっていた時代、ローマ皇帝やフランスの王など、皇族・王族に愛された鎧師の血族がいた。イタリア、ネグローリ家がまさにそれで、特にその中でも突出した才能を持っていたフィリ

高麗雨漏茶碗  李朝時代 16世紀  肥前平戸藩主松浦家の伝来になる高麗茶碗で、全体に薄造りとし腰にふくらみをつけた椀形の大振りの茶碗です。釉薬には全面に粗い貫入が生じており、数本のひび割れに添って広い範囲にわたる大きなしみ跡が生じています。「雨漏」とは、このしみ跡があたかも雨漏りあとの滲みを連想させるところから名付けられたもので、いかにも侘びを悦び愛する数寄者たちの美意識が感じられる名称です。玉子色を呈する白釉を器全体に滑らかに掛けています。低めに削り出した大振りの高台は竹節状に段をなし、高台内には兜巾を立て粗い縮緬皴を生じていて、この茶碗の見どころのひとつとなっています。見込みは広く、中央に円形の茶溜まりがついており、その周縁に添って目跡が四個残っています。内箱蓋表裏の金粉字形は松平不昧公筆と伝えられています。

高麗雨漏茶碗 李朝時代 16世紀 肥前平戸藩主松浦家の伝来になる高麗茶碗で、全体に薄造りとし腰にふくらみをつけた椀形の大振りの茶碗です。釉薬には全面に粗い貫入が生じており、数本のひび割れに添って広い範囲にわたる大きなしみ跡が生じています。「雨漏」とは、このしみ跡があたかも雨漏りあとの滲みを連想させるところから名付けられたもので、いかにも侘びを悦び愛する数寄者たちの美意識が感じられる名称です。玉子色を呈する白釉を器全体に滑らかに掛けています。低めに削り出した大振りの高台は竹節状に段をなし、高台内には兜巾を立て粗い縮緬皴を生じていて、この茶碗の見どころのひとつとなっています。見込みは広く、中央に円形の茶溜まりがついており、その周縁に添って目跡が四個残っています。内箱蓋表裏の金粉字形は松平不昧公筆と伝えられています。

コレクション展 清雅なる情景 日本中世の水墨画

コレクション展 清雅なる情景 日本中世の水墨画

Sakakibara Yasumasa (榊原 康政). This armor was given to Sakakibara Yasumasa by…

Sakakibara Yasumasa (榊原 康政). This armor was given to Sakakibara Yasumasa by…

Pinterest
検索